プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

LIVE IN THE AIR AGE

BE BOP DELUXE

CDP7947322(EMI) 【90年発売CD】

評価:40 1件のレビュー

天才ビル・ネルソン率いる英モダン・ポップ・バンド、77年ライヴ作

名作「MODERN MUSIC」に伴うツアーで録音された77年作のライヴ。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

BE BOP DELUXE / DRASTIC PLASTIC の商品詳細へ

BE BOP DELUXE/DRASTIC PLASTIC

天才ビル・ネルソン率いる英国モダン・ポップの名バンド、78年最終作

8,490円(税込9,339円)

GREENSLADE / GREENSLADE の商品詳細へ

GREENSLADE/GREENSLADE

緩急自在のダブル・キーボードを特徴とする英国叙情溢れるプログレ、73年作1st

2,290円(税込2,519円)

FREE / HIGHWAY の商品詳細へ

FREE/HIGHWAY

70年作4th

1,190円(税込1,309円)

TEAR GAS / PIGGY GO GETTER の商品詳細へ

TEAR GAS/PIGGY GO GETTER

いぶし銀の名ギタリストZal Cleminsonのギターが冴え渡る、牧歌的かつエッジの効いた英ハード・ロック名作、70年リリース1st

1,990円(税込2,189円)

YouTube動画

試聴 Click!

試聴 Click!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • DRASTIC PLASTIC

    BE BOP DELUXE

    PECLEC22746(ESOTERIC

    デジパック仕様、2枚組、disc2にはNEW STEREO MIX本編を収録、ボーナス・トラック14曲

    天才ビル・ネルソン率いる英国モダン・ポップの名バンド、78年最終作

    レーベル管理上、デジパック側面に折れ目がついております。予めご了承ください。

    パンク/ニューウェイブ時代の寵児となり得る才能を持っていたのに、時代を先取りし過ぎたかニッチなスポットにはまってしまった感のある悲運のグループ。ヒプノシスのジャケもエレポップな楽曲もセンス抜群!

  • DRASTIC PLASTIC

    BE BOP DELUXE

    PECLEC62745(ESOTERIC

    4CD+2DVDの6枚組ボックス、NTSC方式、リージョンフリー

    天才ビル・ネルソン率いる英国モダン・ポップの名バンド、78年最終作

    パンク/ニューウェイブ時代の寵児となり得る才能を持っていたのに、時代を先取りし過ぎたかニッチなスポットにはまってしまった感のある悲運のグループ。ヒプノシスのジャケもエレポップな楽曲もセンス抜群!

  • プラスティック幻想

    ビー・バップ・デラックス

    TOCP70363(EMIミュージック・ジャパン

    廃盤、紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック3曲、定価2,476+税

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    天才ビル・ネルソン率いる英国モダン・ポップの名バンド、78年最終作

    パンク/ニューウェイブ時代の寵児となり得る才能を持っていたのに、時代を先取りし過ぎたかニッチなスポットにはまってしまった感のある悲運のグループ。ヒプノシスのジャケもエレポップな楽曲もセンス抜群!

  • LIVE IN THE AIR AGE

    BE BOP DELUXE

    PECLEC32761(ESOTERIC

    デジパック仕様、3枚組、デジタル・リマスター

    天才ビル・ネルソン率いる英モダン・ポップ・バンド、77年ライヴ作

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 ギターでしか本音を語れない内向的な少年(0 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

このライブを聴くと、ビル・ネルソンという人が歌唱ではなくギターで意思伝達する人であることが否応なくわかってきます。スタイルで言えばBBキングに近い。ワンフレーズ歌ったかと思えば、すぐつるつるしたギターに移ってしまいます。ビ・バップ・デラックスというバンドに付きまとう、部屋の中に閉じこもった感じは、ここから来ているのかと気づきます。終盤にインスト・フュージョン曲である「シャイン」を演奏しています。全く言葉がいらないバンドだったわけです。

時期は「モダーン・ミュージック」リリース後で、大規模なツアーも敢行されたはずなのに、曲は「サンバースト・フィニッシュ」中心です。「モダーン・ミュージック」は、ネルソンとしたらギター演奏を封印した作風でしたので、この選曲になったのでしょう。最後に演奏されるのが「シスター・シーガル」と「メイド・イン・ヘブン」です。「エア・エイジ」から始まって、未来は天国へとつながっていくのだというメッセージになっています。

80年代に入るとビル・ネルソンは、すっかり内省的な職人アーティストになってしまいます。バンド形態で、下世話なストレスと闘いながら売れ線を狙い続けていたビ・バップ・デラックスは、とても貴重だと思うのです。わたしはベースのチャールズ・ツマハイ氏も好きでした。2021.09.17

ナイスレビューですね!