プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

ニンフの戯れ(ライヴ)

ロカンダ・デッレ・ファーテ

MAR95120

直輸入盤(帯・解説付仕様)、定価2625。

評価:30 1件のレビュー

イタリアン・シンフォの最高峰グループ、1stからの6曲と未発表曲1曲を演奏した77年ライヴ音源

77年リリースの傑作「妖精」リリース後に行われたスタジオ・ライヴ音源。「妖精」から、「ひとときの静寂」を演っていないのが残念ですが、それ以外の曲はすべて演奏しています。聴き所は、アルバム未収の「La Giostra」。胸を打つ叙情性溢れるメロディー、流れるようなピアノ、リリカルなフルート、泣きのツボを刺激するドラマチックな展開など、未発表であることが不思議なくらいのクオリティを誇る名曲。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

ASTURIAS / CIRCLE IN THE FOREST の商品詳細へ

ASTURIAS/CIRCLE IN THE FOREST

コンポーザー/マルチプレイヤーの大山曜によるプログレッシヴ・ロック・ユニット、88年デビュー作

490円(税込539円)

EGG / EGG の商品詳細へ

EGG/EGG

Dave Stewart率いる英オルガン・ロック・トリオ、サイケデリックな質感を残す70年デビュー作、変拍子満載のアグレッシヴな演奏が魅力

1,690円(税込1,859円)

PIERROT LUNAIRE / PIERROT LUNAIRE の商品詳細へ

PIERROT LUNAIRE/PIERROT LUNAIRE

OPUS AVANTRAと並ぶフィメールVoイタリアン・プログレ・バンド、74年作

1,190円(税込1,309円)

FLYTE / DAWN DANCER の商品詳細へ

FLYTE/DAWN DANCER

ベルギー産シンフォ好盤、79年作

790円(税込869円)

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • 帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    若干皴あり

    23年ぶりにリリースされた00年の復活作

  • これは驚きました!イタリアン・シンフォの最高峰バンドによる2012年作、1曲目を聴いて心躍らないプログレ・ファンは居ないと断言!

    ケースツメの形状により、側面からのジャケへのツメくい込みがある場合がございます。ご了承ください。

    奇跡の復活を果たして、2012年作をリリース!しかも、あの77年の名作と、同時期にイングランドで生まれたイングランド『ガーデンシェッド』を掛け合わせたような、最上級の傑作だって!?

  • イタリアン・シンフォニック・ロックの頂点に君臨する名盤中の名盤、77年作

    最初は完璧なシンフォニック・ロックを披露する1曲目に耳を奪われるけど、ダンディなヴォーカルが登場する以降の曲もイタリア叙情がほとばしっていて堪らん...。Wギター&Wキーボードの分厚く安定感のあるアンサンブルも素晴らしい、伊シンフォの決定版ですね!

  • 妖精

    ロカンダ・デッレ・ファーテ

    POCP2367

    デジタル・リマスター、ボーナス・トラック2曲、定価1,748+税

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    軽微な圧痕あり

    イタリアン・シンフォニック・ロックの頂点に君臨する名盤中の名盤、77年作

    最初は完璧なシンフォニック・ロックを披露する1曲目に耳を奪われるけど、ダンディなヴォーカルが登場する以降の曲もイタリア叙情がほとばしっていて堪らん...。Wギター&Wキーボードの分厚く安定感のあるアンサンブルも素晴らしい、伊シンフォの決定版ですね!

  • 妖精

    ロカンダ・デッレ・ファーテ

    P28P25071

    定価2800(税表記なし)

    帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無、カビあり

    イタリアン・シンフォニック・ロックの頂点に君臨する名盤中の名盤、77年作

    最初は完璧なシンフォニック・ロックを披露する1曲目に耳を奪われるけど、ダンディなヴォーカルが登場する以降の曲もイタリア叙情がほとばしっていて堪らん...。Wギター&Wキーボードの分厚く安定感のあるアンサンブルも素晴らしい、伊シンフォの決定版ですね!

  • FORSE LE LUCCIOLE NON SI AMANO PIU

    LOCANDA DELLE FATE

    5193892(POLYDOR

    ボーナス・トラック2曲

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    ケースツメ跡あり

    イタリアン・シンフォニック・ロックの頂点に君臨する名盤中の名盤、77年作

    最初は完璧なシンフォニック・ロックを披露する1曲目に耳を奪われるけど、ダンディなヴォーカルが登場する以降の曲もイタリア叙情がほとばしっていて堪らん...。Wギター&Wキーボードの分厚く安定感のあるアンサンブルも素晴らしい、伊シンフォの決定版ですね!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:3 なんでこんなに悲しいメロディが書けるのだろう(0 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

ライン録音であることは間違いないものの、ライブを一発録音したもので、音の分離の悪さがあります。レベルもちょと低いでしょうか。でもライブとして聴くにはぎりぎり及第点ではないでしょうか。レオナルド・サッソの歌声はスタジオ録音並みの迫力がありますし。

冒頭の「プロフーモ・ディ・コラ・ビアンカ」からいきなり聴かせます。スタジオ録音では3曲めでしたでしょうか。ゆったりとしたビートにからむキーボード群やメロウなギターはロカンダならでは。これはジェネシスより良いのではないでしょうか。(ジェネシス・ファンのかた、引き合いに出してすみません。)そして、3曲めに「フォルセ・レ・ルッキオレ・ノン・シ・アマノ・ピウ」がやってきます。このボーカリストがサッソとは別人にしか聞こえないのです。おかしいな。録音が良くありません。

スタジオ盤未収が「ラ・ジオストラ」です。7分以上もある大曲で、浮遊感のあるシンセサイザーとクラシカルなピアノが大変美しいです。フルートも聞こえる気がするんですが…。「ア・ボルタ・ウン・イスタンテ」を演奏していない分、この曲で元が取れる仕掛けです。おそらくライブのチェック用の音源を大事に編集したものでしょう。

展開が激しくて、過剰にメロディアスで泣きそうになるところは、スタジオ作と同様です。

ナイスレビューですね!