プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

BAD COMPANY

BAD COMPANY

7567924412(SWAN SONG

デジタル・リマスター。

評価:50 2件のレビュー

元FREE、MOTT THE HOOPLE、KING CRIMSONのメンバーらによるスーパー・グループ、キャッチーさとブルースのグルーヴィーなコクが合わさった極上ロックンロール!74年1st

元FREEのPaul Rodgers(Vo.)とSimon Kirke(Dr.)、元MOTT THE HOOPLEのMick ralphs(G.)、元KING CRIMSONのBoz Burrell(B.)の4人で結成されたスーパー・グループ、74年の1stにして代表作。優れたソング・ライターであるMick Ralphsの貢献により、Paul Rodgersのソウルフルなヴォーカルを活かしたキャッチーなハード・ロック・ナンバーが並ぶアルバムとなりました。意図的に音をずらして跳ねるベース、最小限の音数でうねるドラムが生み出すグルーヴに、快活なリフを刻むギター、ルーズながらも力強いヴォーカルが、キャッチーなメロディを乗せる骨太のアンサンブル。ミドル・テンポ中心の楽曲群から、ロックの魅力が分かりやすく伝わるアルバムです。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

BAD COMPANY / STRAIGHT SHOOTER の商品詳細へ

BAD COMPANY/STRAIGHT SHOOTER

元FREE、MOTT THE HOOPLE、KING CRIMSONのメンバーらによるスーパー・グループ、75年作

690円(+税)

LED ZEPPELIN / PRESENCE の商品詳細へ

LED ZEPPELIN/PRESENCE

76年リリース、圧倒的ヘヴィ・チューン「アキレス最後の戦い」で幕を開ける後期ツェッぺリンの大傑作!

552円(+税)

LED ZEPPELIN / HOUSES OF THE HOLY の商品詳細へ

LED ZEPPELIN/HOUSES OF THE HOLY

シンセサイザー、メロトロン、ダブルネックの12弦ギター等々を駆使し、レゲエやファンク・ナンバーにも挑戦するなどサウンドの幅が更に広がった5th。ジョンジーのカラーも感じさせる73年作

690円(+税)

BAD COMPANY / BURNIN SKY の商品詳細へ

BAD COMPANY/BURNIN SKY

77年作

590円(+税)

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

1. Can't Get Enough
2. Rock Steady
3. Ready For Love
4. Don't Let Me Down
5. Bad Company
6. The Way I Choose
7. Movin' On
8. Seagull

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

もっと見る

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 今夜もラルフスの掻き鳴らしを聴く(1 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

スワンソング所属の3大バンドは、いずれもバンド名が反語になっています。レッド・ツェッペリンが鉛の飛行船、ディテクティブがチンピラの探偵というように。つまんねぇ奴ら、ぐらいの意味がバッド・カンパニーです。5.Bad Company は、リボルバー拳銃と共に生まれたという西部の悪党の曲で、ロジャーズ、カークが書いています。すっごいハードボイルド。

しかし今日書きたいのはミック・ラルフスのことです。フリーのエンジンは、ロジャーズとアンディ・フレイザーでしたが、バッド・カンパニーの初期のエンジンは、ミック・ラルフスでした。モット・ザ・フープルで自分の書く曲は、ハンターに歌わせたらだめだと、おそらく思っていたのがラルフスです。ラルフスが嫁入りに持ってきた曲をロジャーズに歌わせたら、とんでもない傑作ができてしまった、というのがこのデビュー作の本質だと思います。

わたしはこのデビュー作が異常に好きで、何度も買ってはあちこちに置いています。CDを探すのが嫌なので目に付いた「バッド・カンパニー」をプレイヤーに放り込むという聴き方です。英国ロックのど真ん中で、気分がリセットされるんです。ミック・ラルフスを上手いギタリストだとは思いません。がしかし、彼のダウンストロークには魔術があり、♪ジャーンとか♪ギーンとかだけでうっとりしてしまうんです。そもそもメンバーの誰もサウンドを決めよう、とは思っていません。ルーズにダルに7割程度の力で、全力出したら野暮ですぜ、だんな、という感じです。

それが喩えようもない色気につながっています。JJケールが全部出し切らないで、すっと引っ込んでいく様子に近いかも知れません。それでいて聴き込めば聴き込むほどブリティッシュ・ロックの本質に迫れる奥深さがあります。2作目も3作目も悪くはないですが、このデビュー作からは程遠いです。

ナイスレビューですね!

評価:5 最もFree的なバドカンの1st(0 拍手)

purebluesさん レビューをすべて見る

「Freeは好きだけどバドカンはアメリカンっぽくってあんまり、、、」という方もおられるだろうが、
この1stは最もFree的な叙情やブリティッシュさを感じさせるアルバムだと思う。
Freeとバドカンの違いは「コゾフの泣きから、ラルフスのブギー的なノリのよさ」に変わったところにあると感じているが、
バッキングのシンプルさ、1つ1つの音に込める表現力の面ではFreeに引けは取らない。
何より、この1stは曲が良い。「Rock Steady」、「Ready for Love」、「Bad Company」、「Seagull」など、
どれもFree時代のブリティッシュロックを継承している。ぜひ偏見なく聞いてほしい。

ナイスレビューですね!