プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

LAND OF MONEY

HYDRA

CS4002(COMMON SOUNDS

評価:50 1件のレビュー

カプリコーン・レーベルではめずらしいブリティッシュ・スタイルの陰影ある逸品。ポール・ロジャーズを彷彿とさせるスモーキー&ソウルフルなヴォーカルが良いんです!

カプリコーン・レーベルからの75年作2nd、英国スタイルのハード・ロック逸品!

オールマン・ブラザーズでお馴染みのカプリコーン・レーベルより75年にリリースされた2nd。サザン・ロックの名作が多いカプリコーン・レーベルの中では珍しいブリティッシュ・ロック的なサウンドが聴き所。ヌケの良いギター・トーンの中から滲み出る叙情性。ポール・ロジャーズを彷彿とさせるスモーキー&ソウルフルなヴォーカル。バッド・カンパニーあたりのサウンドが好みの方は是非!アメリカンなスピード感やキレ味とブリティッシュ・ロックの陰影との豊かな融合。これはカッコ良いです!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

HYDRA / HYDRA の商品詳細へ

HYDRA/HYDRA

カプリコーン・レーベルからの74年デビュー作、ヒプノシスがジャケットを手がけた英国スタイルのハード・ロック逸品!

2290円(+税)

HYDRA / ROCK THE WORLD の商品詳細へ

HYDRA/ROCK THE WORLD

原点回帰で力強いサザン・ロックを聴かせる3rdアルバムfrom名門レーベル「カプリコーン」!

2290円(+税)

GRINDERSWITCH / HONEST TO GOODNESS の商品詳細へ

GRINDERSWITCH/HONEST TO GOODNESS

オールマン・ブラザーズ・バンドの弟分的グループ。ゴキゲンなサザン・ロックの名盤74年作

2290円(+税)

THUNDERHEAD / THUNDERHEAD の商品詳細へ

THUNDERHEAD/THUNDERHEAD

75年唯一作、ストレートでアグレッシヴでソリッドな米ハード・ロックの好盤

2290円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

VERTIGOファンにオススメ!英ロックに通ずる叙情性を持つ米ハード名作選

まとめて試聴する

  • TRUTH & JANEY 『ERUPTS !』

    圧倒的な音圧でなぎ倒すアメリカのハード・ロック・トリオ、76年に録音されたライヴ・アルバム、全13曲

  • FELT 『FELT』

    ジャケットのインパクトに匹敵する強烈サイケ・ハード!原盤は600ドル超えの激レア盤

  • PLUM NELLY 『DECEPTIVE LINES』

    71年リリース、ブリティッシュ・ロックの香り漂う米ハード・ロック、完成度高いです!おすすめ!

  • HOMER 『GROWN IN U.S.A.』

    70年作、強烈にメロディアスなテキサス出身サイケ・ハード、メロトロンあり!

  • SIR LORD BALTIMORE 『SIR LORD BALTIMORE(II)』

    ずばり元祖ヘヴィ・メタル!アメリカ産轟音ハード・ロックの大傑作、71年作2nd

  • SHOTGUN LTD 『SHOTGUN LTD』

    米オルガン・ハード71年作、メロウな曲で強調される埃っぽくも哀愁漂うメロディはDEREK & THE DOMINOSを彷彿とさせる素晴らしさ

  • AFTER ALL 『AFTER ALL』

    陰影に富んだハモンド、シリアスな雰囲気を湛えたUSサイケ・プログレ、69年作

  • MICAH 『I'M ONLY ONE MAN』

    CREAMとCRESSIDAが混ざったような熱気むんむん&エモーション溢れる米オルガン・ハード逸品、70年作

  • WINTERHAWK 『REVIVAL』

    号泣間違いなしの哀愁溢れ出る必殺ハード・ロック、81年作

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • カプリコーン・レーベルからの74年デビュー作、ヒプノシスがジャケットを手がけた英国スタイルのハード・ロック逸品!

    ヒプノシスのジャケも痛快!オールマン・ブラザーズでお馴染みのカプリコーン・レーベル発ながら英国的陰影を持ったハード・ロック逸品!ウィッシュボーン・アッシュか!という感じの哀愁のツイン・リード炸裂っ!

  • 原点回帰で力強いサザン・ロックを聴かせる3rdアルバムfrom名門レーベル「カプリコーン」!

    英ハードのヘヴィさ&ドラマチックさを取り入れつつ、カラっとアメリカンな抜けの良さで仕上げたサウンドが愉快痛快。ALLMAN BROTHERSを輩出した米国カプリコーン・レーベル発、サザン・ハード・ロックの名グループ!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 グループ本来の持ち味が出たセカンド(6 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

アトランタ出身、カルト的な人気を誇るハードロック、2作めです。南部でのライブ・アクトが評判となり、オールマン・ブラザーズの所属する大手レーベルと契約するに至るのですが、ボーカルのウェイン・ブルースはファースト・アルバムの出来が気に入っていなかったようです。プロデュースを気心の知れたジョニー・サンドリンに変え、グループ本来のハードな特徴の出た作品です。

ウェインの声は、マイケル・デバレスにちょっと似ています。歌いあげるボーカルが多いわりには、からっとしています。スペンサー・カークパトリックのギター・リフはコード・ストロークを交えた独特のものです。このふたりのよさが一番出ているのは、タイトル曲「Land of Money」。ミドル・テンポのヘビー曲です。また、「The Pistol」や「Get Back to the City」では、リバプールっぽいなあ、と感じさせ、英国ハード・ファンに人気がある理由となっています。どの曲も出来はよく、高水準の作品です。

グループは、このあと76年に「Rock The World」を発表し、活動停止。2005年に再結成ライブを出しています。

ナイスレビューですね!