プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

流れ者の物語

ライ・クーダー

WPCR12692 【2007年発売CD】

紙ジャケット仕様、07年デジタル・リマスター、定価2200。

評価:40 1件のレビュー

邦題『流れ者の物語』。南部のブルースや伝統歌をライの強靱でしなやかなスライド・ギターとマンドリンで料理した旨味たっぷりすぎる名作ですね。

72年作の3rd、邦題は「流れ者の物語」、名うてのミュージシャンをバックに従えた芳醇なサウンドがたまらない米ルーツ・ロック屈指の傑作!

アメリカのルーツ・ミュージックを探求する旅路の中で生まれた72年作の3rd。邦題は「流れ者の物語」。南部のブルース・ナンバーやトラディショナル・ソングを、名うてのミュージシャンをバックに、ライのスライド・ギターとマンドリンで料理した味わい深すぎる名演がずらり。しなやかながらズシリと重いトーンの芳醇なリズム・ギター&スライド・ギター、郷愁を誘うマンドリン。マッスル・ショールズの名ドラマーのロジャー・ホーキンス、LAスワンプを代表するドラマーのジム・ケルトナーによる弓のようにしなってはタイトなビートを刻むグルーヴィーなリズム。サザン・ソウルを代表するソングライターの2人、ダン・ペンとチップス・モーマンが作曲した名曲「Dark End Of The Street」では、ロックとサザン・ソウルとが交差した、何十年も熟成されたウイスキーのような演奏を堪能することができます。ザ・バンドの1st、2ndにも引けを取らない米ルーツ・ロックの傑作。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

RY COODER / PARADISE AND LUNCH の商品詳細へ

RY COODER/PARADISE AND LUNCH

74年作の最高傑作と評される4thアルバム、米ロック史上の傑作

290円(+税)

QUEEN / NEWS OF THE WORLD の商品詳細へ

QUEEN/NEWS OF THE WORLD

アリーナロックを志向した77年作、「WE WILL ROCK YOU」「WE ARE THE CHAMPIONS」の他にも名曲・佳曲を満載した代表作!

1690円(+税)

JAMES TAYLOR / SWEET BABY JAMES の商品詳細へ

JAMES TAYLOR/SWEET BABY JAMES

シンガーソングライター時代の到来を告げた70年作

290円(+税)

JAMES TAYLOR / MUD SLIDE SLIM AND THE BLUE HORIZON の商品詳細へ

JAMES TAYLOR/MUD SLIDE SLIM AND THE BLUE HORIZON

前作「SWEET BABY JAMES」によるブレイクのさなかにリリースされた3作目、71年作

490円(+税)

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

1. 流れ者の物語
2. チェリー・ボール・ブルース
3. ブラック・チキン
4. スウィート・ママ
5. マリア・エレナ
6. ダーク・エンド・オブ・ザ・ストリート
7. 旗のもとに集まろう
8. 翼と祈りに支えられ
9. ケネディ大統領
10. ミスター・レイルロード・マン

YouTube動画

試聴 Click!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • 帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    解説に小さいカビあり、帯中央部分に色褪せあり

    74年作の最高傑作と評される4thアルバム、米ロック史上の傑作

    ブルージーでトロピカルで。しなやかでいてタイトで。彼のスライド・ギターからは、米ルーツ・ミュージックと多彩なワールド・ミュージックとが絶妙にブレンドされた豊かな香りが溢れてますなぁ。

  • クロスロード

    ライ・クーダー

    WPCR13698

    紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、定価2200

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    ロバート・ジョンソンを題材とした同名映画のサントラ作品、86年作

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 心にずしん(3 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

「レット・イット・ブリード」は聴いていましたが、ライ・クーダーの音に初めて触れたのは、「パリ・テキサス」と「ストリーツ・オブ・ファイア」だった自分です。ロード・ムービーという言葉も知らず、主人公が移動するたびクーダーの揺れるギターが響き、以後、彼のギターを聴くとバスに乗ったり高架電車に揺られたりしたくなってしまいます。この作品はそんな「放浪」がテーマで、実に映像的イマジネーションをかき立ててくれます。

彼の音楽は開放コード中心になるので、短調な曲がありません。けれど、からっとした陽気な音楽かと言われれば、どうもそうでもありません。お金を使った「旅行」ではなく、失意の果て、なけなしの銭を握りしめて違う町に出かける旅です。戻ってくることのない「移動」の悲しさ、寂しさ、自立や孤独が底流にあります。メキシコや南部の古いブルーズも出てくるんですが、カントリー・フォークの大筋からずれるものでもありません。6. Dark End Of The Street の歌なしのギター、ピアノ、ドラムズが特によくて、泣きそうになります。

音数の少なさに反比例して、心にずしんと来る作品です。

ナイスレビューですね!