プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

トラフィック

トラフィック

PHCW2702 【2000年発売CD】

デジタル・リマスター、ボーナス・トラック5曲、定価2200+税。

評価:40 1件のレビュー

天才R&Bシンガーのスティーヴ・ウィンウッドと愁いのメロディを紡がせたら右に出るものは居ない職人肌ギタリストのデイヴ・メイスンが組んだスーパーグループ!英国ロックファンなら、この2ndは特に必聴でしょう!

ウィンウッド&デイヴ・メイソン!絶妙なグルーヴを生むアンサンブルと英国的な翳りあるメロディ、ブリティッシュ・ロックの名作、68年リリース

天才スティーヴ・ウィンウッドがデイヴ・メイソン、ジム・キャパルディなどと組んだグループ。68年作2nd。1stでのサイケ色は無くなり、シンプルなフォーク・ロック・サウンドになったことで、演奏の巧みさ、バンドが持つ絶妙なグルーヴが際立っています。デイヴ・メイスンの作曲センスも特筆もので、特に「Feelin'Alright?」は、後のソロ作を彷彿とさせる憂いのあるメロディとシンプルながらメロディの魅力を倍増させるギターワークが堪能できる名曲。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

TRAFFIC / LOW SPARK OF HIGH HEELED BOYS の商品詳細へ

TRAFFIC/LOW SPARK OF HIGH HEELED BOYS

スティーヴ・ウィンウッド率いるコクたっぷりの英ロック・バンド、71年作6th

890円(税込979円)

ROXY MUSIC / MANIFESTO の商品詳細へ

ROXY MUSIC/MANIFESTO

79年作

290円(税込319円)

CAROLE KING / TAPESTRY の商品詳細へ

CAROLE KING/TAPESTRY

71年作2nd、米SSW史に輝く金字塔

490円(税込539円)

PINK FLOYD / ATOM HEART MOTHER の商品詳細へ

PINK FLOYD/ATOM HEART MOTHER

70年作、プログレと言えばこのジャケ!A面の大作、B面の小曲集ともに美しく気品ある名曲で固められた傑作

1,790円(税込1,969円)

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

1. ユー・キャン・オール・ジョイン・イン
2. パーリー・クイーン
3. ドント・ビー・サッド
4. フー・ノー・ホワット・トゥモロウ・ブリング
5. フィーリン・オールライト
6. ヴァガボンド・ヴァージン
7. 40,000ヘッドメン
8. クライン・トゥ・ビー・ハード
9. ノー・タイム・トゥ・リヴ
10. ミーンズ・トゥ・アン・エンド
11. 繁みの中の欲望
12. アム・アイ・ホワット・アイ・ウォズ
13. ウィザリング・ツリー
14. メディケイテッド・グー
15. シャンハイ・ヌードル・ファクトリー

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

いぶし銀ギタリスト〜英ロックにコクと渋みを加える名脇役たち

まとめて試聴する

  • KOSSOFF KIRKE TETSU RABBIT 『KOSSOFF KIRKE TETSU RABBIT』

    フリー解散後のポール・コゾフとサイモン・カークがベーシスト山内テツ&Key奏者ラビットと結成したグループ、71年唯一作

  • HUMBLE PIE 『SMOKIN'』

    ピーター・フランプトンに替わり名手クレム・クレムソンが加入し制作された72年作6th

  • SPOOKY TOOTH 『SPOOKY TWO』

    叙情性溢れるブリティッシュ・ロック名バンド、69年作

  • KEEF HARTLEY BAND 『HALFBREED』

    ジョン・メイオール率いるブルースブレイカーズを経て、キーフ・ハートレイが結成したリーダー・グループ、69年作1st

  • TEAR GAS 『PIGGY GO GETTER』

    いぶし銀の名ギタリストZal Cleminsonのギターが冴え渡る、牧歌的かつエッジの効いた英ハード・ロック名作、70年リリース1st

  • ARC 『... AT THIS』

    71年リリース、グッと来るツボをこれでもかと押してくるドラマティックなブリティッシュ・ハード・ロック、泣きのギター炸裂!

  • SHARKS 『FIRST WATER』

    Andy FraserやChris Speddingが組んだ英ハード・ロック・グループ、73年作

  • BRIAN DAVISON'S EVERY WHICH WAY 『EVERY WHICH WAY』

    元NICEのドラマーBrian Davisonと後にARCなどで活躍する実力派シンガーGraham Bellを中心とするグループ、70年作、枯れた哀愁が胸に染みる英フォーク・ロックの名作

  • PATTO 『PATTO』

    ソウルフルでグルーヴィーな英シンガー、マイク・パトゥ率いるグループ、名手オリー・ハルソール在籍、70年デビュー作

  • KEN HENSLEY 『PROUD WORDS ON A DUSTY SHELF』

    URIAH HEEPの中心人物であるKey奏者、73年リリースのソロ、これでもかと英国臭漂う名作

1968年 - ルーツ・ミュージックへの回帰とハード化【英国編】

まとめて試聴する

  • BEATLES 『BEATLES』

    68年作、ロック、ポップス、ブルース、フォーク、クラシック、前衛音楽、インド音楽、これらすべてを呑み込み、抜群の音楽センスで咀嚼、異なるジャンルがぶつかり合う化学反応をそのままに詰め込んだ、才気みなぎる大傑作。

  • JIMI HENDRIX EXPERIENCE 『ELECTRIC LADYLAND』

    エレクトリック・ギターの革命児、最高傑作とされる68年リリース3rd

  • ZOMBIES 『ODESSEY AND ORACLE』

    マジカルなメロディ、サイケデリックかつリリシズムいっぱいの演奏、淡くスモーキーなヴォーカル、これぞブリティッシュ・サイケ・ポップのマスターピース、68年作!

  • SMALL FACES 『OGDENS NUT GONE FLAKE』

    数々の名作が生まれた68年産英サイケ・ポップの中でも突出したクオリティを誇る名作!

  • PRETTY THINGS 『S.F.SORROW』

    68年リリース、ザ・フー「トミー」と並ぶロック・オペラの金字塔!

レココレ特集『1968年の音楽地図』連動【イギリスのロック/ポップスVol.2】

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 重くて軽い音楽(1 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

トラフィックのロゴ、というか「マーク」は、4本矢印の交錯。バンド名もこのマークにちなんでいます。ところが、4人が良い塩梅に交差したのはファーストとこの作まで。しかしデイブ・メイスン色が最も強いセカンドには他のアルバムにない魅力があります。サイケからアート・ロック、ニュー・ロックという当時の流れをあざ笑うかのように、ひょうひょうとした突き放し方をしているのがこのレコードの特徴です。

スティーブ・ウインウッドは、深みのある音楽はブルーズだ、とばかり、疲労感ある曲をよく書いています。ウインウッドのそうした重さに全く目もくれず、泥臭く乾いた曲を書いているのがメイスンです。さらにウインウッドの創作にはつきあい切れんわ、とばかりハモニカしか吹いていないなんて曲もあります。またカポーディ、ウッドもどっち付かずでひょうひょうとしているところがあります。

わたしも、ウインウッドのブルーズ曲にはちょっと背伸びがあるな、とよく思うんです。メイスンが常に引いていることで、トラフィックは積極的中途半端という摩訶不思議な立ち位置にいました。なんとかロック、とジャンル分けできません。トラフィックはトラフィック。ヘビーロックと丸めることができるスプーキー・トゥースやファミリーとは、そこが違っています。ただ「クライン・トゥ・ビー・ハード」は、トラフィック史上最も劇的な曲です。

ナイスレビューですね!