プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

LAYLA

DEREK & THE DOMINOS

600753314296(POLYDOR) 【2011年発売CD】

40TH ANNIVERSARY DELUXE EDITION、デジパック仕様、ボーナス・ディスク付きの2枚組、デジタル・リマスター。

評価:50 1件のレビュー

名曲「Layla」で感動のフィナーレを迎えたと思うと、静かに始まる「Thorn Tree In The Garden」。これがまた切なくも味わい深くって素敵なんですよね〜。何気に本作中一番好きだったり!

クラプトンがデュアン・オールマンやデラニー&ボニー&フレンズのメンバーらと結成したバンドによる70年唯一作、ロック史に残る不朽の名盤!

エリック・クラプトンがデラニー&ボニーのツアーを通して知り合った米南部系ミュージシャンと結成したグループ。70年リリースのバンド唯一作であり、ロック史上に残る傑作。ジョージの『All Things Must Pass』に通ずるような泥臭くもメロディアスな「I Looked Away」「Bell Bettom Blues」(クラプトン屈指の美メロ)「Keep On Growing」(抜群のグルーヴ)と続き、魂のブルース「だれも知らない」、静謐なフォーク・ロック「I Am Yours」、クラプトンのギターとデュアン・オールマンのスライド・ギターが火をふく「ハイウェイの関門」、メロウかつ粘っこい絶品スワンプ・ロック「Tell The Truth」、クラプトン屈指の名演「愛の経験」、感情ほとばしるジミへの追悼曲「Little Wing」、そして極めつけが「いとしのレイラ」、フォーキーな最終曲「庭の木」も絶品。もう「いとしのレイラ」が霞むぐらいの名曲の数々。僕は正直、好きな順でいけば、「いとしのレイラ」は下の方です。それぐらいの充実作。ロック史上に残る金字塔です。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

YES / CLOSE TO THE EDGE の商品詳細へ

YES/CLOSE TO THE EDGE

72年作5th、緊張感、幻想美、構築性、ダイナミズム、超絶技巧!これぞプログレと言うべき要素が詰まった超傑作!

790円(+税)

ERIC CLAPTON / 461 OCEAN BOULEVARD の商品詳細へ

ERIC CLAPTON/461 OCEAN BOULEVARD

71年発表、ドラッグ中毒からの劇的なカムバック作!キャリアを代表するエネルギーとメロディに溢れる名作、「I Shot the Sheriff」収録

690円(+税)

VELVET UNDERGROUND & NICO / VELVET UNDERGROUND AND NICO の商品詳細へ

VELVET UNDERGROUND & NICO/VELVET UNDERGROUND AND NICO

ロック史上に残る稀代の名盤、67年1st

290円(+税)

URIAH HEEP / SALISBURY の商品詳細へ

URIAH HEEP/SALISBURY

71年作2nd

590円(+税)

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

1. I LOOKED AWAY (3:06)
2. BELL BOTTOM BLUES (5:05)
3. KEEP ON GROWING (6:23)
4. NOBODY KNOWS YOU WHEN YOU'RE DOWN AND OUT (4:58)
5. I AM YOURS (3:35)
6. ANYDAY (6:36)
7. KEY TO THE HIGHWAY (9:38)
8. TELL THE TRUTH (6:40)
9. WHY DOES LOVE GOT TO BE SO SAD? (4:43)
10. HAVE YOU EVER LOVED A WOMAN (6:54)
11. LITTLE WING (5:33)
12. IT'S TOO LATE (3:51)
13. LAYLA (7:05)
14. THORN TREE IN THE GARDEN (2:51)
15. MEAN OLD WORLD (3:52) Layla session out-take
16. ROLL IT OVER (4.31) Phil Spector produced single b-side
17. TELL THE TRUTH (3.23) Phil Spector produced single a-side
18. IT'S TOO LATE (4.11) Live on The Johnny Cash Show, 5 November, 1970 * PREVIOUSLY UNRELEASED
19. GOT TO GET BETTER IN A LITTLE WHILE (6.34) Live on The Johnny Cash Show, 5 November, 1970 * PREVIOUSLY UNRELEASED
20. MATCHBOX (with Johnny Cash & Carl Perkins) (3:56) Live on The Johnny Cash Show, 5 November, 1970 * PREVIOUSLY UNRELEASED
21. BLUES POWER (6.31) Live on The Johnny Cash Show, 5 November, 1970 ** PREVIOUSLY UNRELEASED
22. SNAKE LAKE BLUES (3.34) From April/May 1971 sessions for the Dominos second album ** PREVIOUSLY UNRELEASED NEW MIX
23. EVIL (4.34) From April/May 1971 sessions for the Dominos second album ** PREVIOUSLY UNRELEASED NEW MIX
24. MEAN OLD FRISCO (4.04) From April/May 1971 sessions for the Dominos second album ** PREVIOUSLY UNRELEASED NEW MIX
25. ONE MORE CHANCE (3.15) From April/May 1971 sessions for the Dominos second album ** PREVIOUSLY UNRELEASED NEW MIX
26. GOT TO GET BETTER IN A LITTLE WHILE JAM (3.45) From April/May 1971 sessions for the Dominos second album * PREVIOUSLY UNRELEASED
27. GOT TO GET BETTER IN A LITTLE WHILE (6:05) From April/May 1971 sessions for the Dominos second album ** PREVIOUSLY UNRELEASED NEW MIX * previously unreleased recording ** newly remixed recording

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

『LAスワンプ〜英スワンプ』コネクション

まとめて試聴する

エンジニア/プロデューサー選 トム・ダウド(Tom Dowd)

まとめて試聴する

英スワンプ・ロック選 〜 米ルーツ・ミュージックの芳醇さ meets 英国叙情

まとめて試聴する

米ブルース/サザン・ロックの天才ギタリスト、デュアン・オールマン参加作品セレクション

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • LAYLA

    DEREK & THE DOMINOS

    B000364036(POLYDOR

    SACD/CDハイブリッド、デジタル・リマスター、特殊プラケース

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    ケース不良、ケースにヒビあり

    クラプトンがデュアン・オールマンやデラニー&ボニー&フレンズのメンバーらと結成したバンドによる70年唯一作、ロック史に残る不朽の名盤!

    名曲「Layla」で感動のフィナーレを迎えたと思うと、静かに始まる「Thorn Tree In The Garden」。これがまた切なくも味わい深くって素敵なんですよね〜。何気に本作中一番好きだったり!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 わたしはクラプトンをなかなか好きになれません(2 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

いかにデラニー・アンド・ボニーを英国に知らしめた功績があるからと言って、ツアーのメンバーをほとんど引き抜いてバンドをつくってしまうのはどうか、と今でも思っています。デラニー&ボニー(マイナス・ブラムレット夫妻)+デュエイン+クラプトンというメンバーなので、これで貧弱な音が出てくるわけがありません。前半は、米国南部の新しいミクスチャー音楽の展開で、なんとなく予想どおりの音です。

様相が変わってくるのが8.Tell The Truth あたりからです。エリックの本音と言いますか、しがらみを吹っ切って楽になりてぇ、というエゴイズムが前面に出てきます。スワンプよりブルーズ(それもエリック流の)になるんです。10.Have You Ever Loved A Woman なんて、のろけですし、ヘンドリックスの「リトル・ウイング」にいたっては、なんでここまで派手にやるかという。もう全体のバランスなんかどうでもよくて、エリックやりたい放題です。クリームの軋轢から自由になったし、ドラッグで死なずにすんだし、好きな女はできたし。でも、こうしたハイな気分のとき、エリック・クラプトンは輝くんですね。

ところが順風満帆は長く続かず、ヘンドリックスとデュエインが相次いで亡くなってしまう。心の支えをどんどん失っていく彼は、どんどん作品のボルテージが下がっていったんです。言わばこの2枚組はエリックのピークであり、下り坂をえんえんと繰り延べているのが現在の姿かもしれないです。

ナイスレビューですね!