プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

SO FAR

CSN&Y

75678264825(ATLANTIC) 【94年発売CD】

デジタル・リマスター。

評価:30 1件のレビュー

74年リリースのベスト、全11曲

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

5TH DIMENSION / UP UP AND AWAY / MAGIC GARDEN の商品詳細へ

5TH DIMENSION/UP UP AND AWAY / MAGIC GARDEN

米カルフォルニアの男女混声コーラス・グループ、67年2タイトルを収録。

995円(+税)

PHIL COLLINS / BOTH SIDES の商品詳細へ

PHIL COLLINS/BOTH SIDES

93年作

95円(+税)

EKSEPTION / EKSEPTION and BEGGAR'S JULIA'S TIME TRIP and EKSEPTION 3 and EKSEPTION 00.04 の商品詳細へ

EKSEPTION/EKSEPTION and BEGGAR'S JULIA'S TIME TRIP and EKSEPTION 3 and EKSEPTION 00.04

TRACEの中心人物R・V・D・リンデン率いるオランダのキーボード・ロック・バンド、1st〜4thを収録

1990円(+税)

MAC MURROUGH / MAC MURROUGH の商品詳細へ

MAC MURROUGH/MAC MURROUGH

74年作2nd、男女混声のアイリッシュ・トラッド・フォーク・グループ

2190円(+税)

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

1. Deja Vu
2. Helplessly Hoping
3. Wooden Ships
4. Teach Your Children
5. Ohio
6. Find The Cost Of Freedom
7. Woodstock
8. Our House
9. Helpless
10. Guinnevere
11. Suite: Judy Blue Eyes

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • DEJA VU

    CSN&Y

    7567826492(ATLANTIC

    評価:50 1件のレビュー

    デジタル・リマスター

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    若干折れあり

    70年リリース、60年代のラヴ&ピースの終焉から「個」の時代へと移り変わった70年代の幕を開ける傑作

    フォーキーな牧歌性とロックの骨太さがバランスするスティルスのナンバー、英国人らしい格調高くポップな作風で聴かせるナッシュのナンバー、重々しく緊張感のあるクロスビーのナンバー、繊細さと哀愁が滲むヤングのナンバー。4人の「個」が奇跡的な均衡の中で結晶となった大傑作!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:3 西海岸にお別れしようとしても、結局西海岸を無視できない(0 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

ELP(BBAでもいいです。)と、CSNYの違いは何でしょうか。ELPは、それだけでバンドになってしまいますが、CSNYは、ドラマーとベーシストを入れないとバンドになりません。だから「デジャブ」のカバーには、4人以上の人が写っている、ということになっています。正確にはスティルズがベースもドラムズもできるんですがね。

つまりCSNYは、バンド・サウンドを目的とせず、コーラスとメンバーのぶつかり合いを重視したプロジェクトだったと言えます。結局スティルズは全体のバランスを取り続け、バランスを考えなくていいグレアム・ナッシュやデイビッド・クロズビーがバンドの前面に出るという形になってしまいました。前面はよいのですが、ライブでニール・ヤングとスティルズがギター・バトルを展開しているとき、この二人はどうしていたんでしょうか。つくづく奇妙なプロジェクトです。

奇妙と言えばこのアルバムもそう。2枚しか(もっと正確に言えば「デジャブ」」だけ。)出していないグループに果たしてベスト盤が必要なのか、と。「デジャブ」に、おまけで「オハイオ」を入れればよいではないですか。わたしは思います。スティルズが反対したのだろうと。で、「オハイオ」の出来がいちばんいい、というアルバムであります。この曲ぐらいですよ。メンバーの立ち位置が均衡しているのは。ではわたしがなぜこれを持っているのかといいますと…。「デジャブ」を売ってしまったんですよ、西海岸のCDを全部整理したときに。「デジャブ」の代わりにこれを聴いているというオチです。

結局その後、スティルズ、ヤング、クロズビーのCDを買い直し始めたので、意味のない処分だったわけです。

ナイスレビューですね!