プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

PIECE OF PAPER

SPREADEAGLE

GEM25(FLAWED GEMS) 【2011年発売CD】

11年デジタル・リマスター。

評価:40 1件のレビュー

72年にカリスマ・レーベルからリリースされた作品だけど、マニアックな一枚ですね。WISHBONE ASHみたいなツイン・ギターと英国らしい牧歌性が良いんだけどな〜☆

英国的な牧歌性とメロディアスなツイン・ギターがWISHBONE ASHを彷彿とさせる英ロック・グループ、CHARISMAからの72年作

英国的な牧歌性とメロディアスなツイン・ギターがWISHBONE ASHを彷彿とさせる英ロック・グループ、CHARISMAからの72年作。中域にハリとコシのあるトーンのリズム・ギターとタイトなリズム隊によるヌケの良いドライヴ感あるアンサンブル。英国の長閑な田園風景が広がる優美なヴォーカル&メロディとアメリカへの憧れを感じさせる爽やかなコーラス・ワークが印象的。左右チェンネルに配置された二本のギターがメロディアスに絡み、後半に向かってスピード感と叙情性を増していくツイン・ギターはWISHBONE ASHを彷彿とさせます。後にUPPに参加するメンバーも在籍、音楽性としても第二期JEFF BECK GROUPのファンにもオススメできる一枚。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

LITTLE BIG HORN / LITTLE BIG HORN の商品詳細へ

LITTLE BIG HORN/LITTLE BIG HORN

ブリティッシュ・ロック・バンド、ドイツのみで71年にリリースされた唯一作、憂いに溢れたスワンピーなハード・ロック

2290円(+税)

THREE-HEADED DOG / HOUND OF HADES の商品詳細へ

THREE-HEADED DOG/HOUND OF HADES

バーミンガム産アンダーグラウンド・ハード、叙情的なツイン・ギターをフィーチャーした73年発掘音源

2190円(+税)

PUBLIC FOOT THE ROMAN / PUBLIC FOOT THE ROMAN の商品詳細へ

PUBLIC FOOT THE ROMAN/PUBLIC FOOT THE ROMAN

メロディアスなツイン・リード・ギターと爽快なコーラス・ワークが炸裂する英プログレ、73年唯一作!

2790円(+税)

CHRIS FARLOWE WITH THE HILL / FROM HERE TO MAMA ROSA の商品詳細へ

CHRIS FARLOWE WITH THE HILL/FROM HERE TO MAMA ROSA

70年リリース、Chris FarloweがCOLOSSEUM参加前に発表した作品、R&Bから進化した英ロックの一つの完成形と言える名作

2290円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

二本のギターが織りなす美しいハーモニー、華麗なるツイン・ギター名演集

まとめて試聴する

  • WISHBONE ASH 『ARGUS』

    これぞ英国ロックという叙情性と哀愁が溢れ出す、72年発表の最高傑作!

  • ARC 『... AT THIS』

    71年リリース、グッと来るツボをこれでもかと押してくるドラマティックなブリティッシュ・ハード・ロック、泣きのギター炸裂!

  • RAG I RYGGEN 『RAG I RYGGEN』

    75年作、哀愁とヘヴィネスが同居したスウェーデン産プログレ・ハード

  • ORANG-UTAN 『ORANG-UTAN』

    2本のギターがブルージー&アグレッシヴなフレーズをぶつけあうハード&ソリッドなハード・ロック・バンド、71年唯一作

  • LITTLE BIG HORN 『LITTLE BIG HORN』

    ブリティッシュ・ロック・バンド、ドイツのみで71年にリリースされた唯一作、憂いに溢れたスワンピーなハード・ロック

  • THREE-HEADED DOG 『HOUND OF HADES』

    バーミンガム産アンダーグラウンド・ハード、叙情的なツイン・ギターをフィーチャーした73年発掘音源

  • FULL MOON 『COMPLETE 1980-1982 RECORDINGS』

    ドラマティックなツイン・ギターと米国とは思えない憂いに富んだサウンドが素晴らしい米ハード・ロックの好グループ

アメリカかぶれの英フォーキー・ロック・グループ

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

  • 世界のツイン・リード・ギター特集!

    世界のツイン・リード・ギター特集!

    左右に配された2本のギターが時に美しくハモリ、時にお互いのリードをぶつけ合う。世界各国に生まれたツイン・リード・ギターの作品を定番からニッチ盤までピックアップ!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 さわやかギターロックだけど...(1 拍手)

イニュ円導さん レビューをすべて見る

とにかくコーラス,ヴォーカルの爽やかさが耳に残る作品だ。本来ならテクニカルなエレキギターを聴かすべきアルバムなのだろうが、CD裏ジャケに、ウィッシュボーン.アッシュ以外に「キャメル」「パブリック.フット.ザ.ロマン」(!?)の名前を挙げられってしまっている。ムムム...。キーボードレスでプログレ臭も無いのに、変なの?--というか、もうとにかく「さわやかコーラス」の力がそうさせてしまっているのだろう。
実質、楽器ではギターを弾きまくっているので、断言してカッコいい「ギターロック」だが、リズム隊も仲々どうしての強者でベースソロをフューチャーした曲なんかもあって、その辺は凡百のギターロックと一線を画している。 --でも、やっぱり「さわやかコーラス.ヴォーカル」に尽きてしまう!!
こいつの「明るさ」がこのバンドの個性であり核なのだ。(曲はケッコー魅力的で、中でも「ナイトメア」は名曲だと思う)アメリカ的とまで言わない、カケレコさん曰くの「英国田園」なギターロックなんである。--名盤--なのだろうか?
あまりの爽やかコーラスの印象が強かったせいか、某ディスクユニオンの中古コーナーでは「フォーク」のトコに置いてあった。なーんでやねーーん!(今別府直之)

ナイスレビューですね!