プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

GRANNIE

GRANNIE

WHCD032(WOODEN HILL) 【2010年発売CD】

評価:40 1件のレビュー

この気だるい空気とフルートによる陰影。ただならぬ雰囲気漂う逸品ながら、原盤は数枚しか確認されていないと言われる超激レア盤。VertigoやNeonの作品と比べても色褪せない名作ですね。

叙情的なフルートが印象的な哀愁溢れるブリティッシュ・ロック

71年作。原盤は数枚しか確認されていないと言われる超激レア盤。いかにも70年代初期の魅力に溢れたけだるい雰囲気のギターを中心に、英国的な叙情性に溢れたフルートが絡むサウンドは、今まで埋もれていたのが信じられないほどの完成度!哀愁のメロディーと、それを時にハードに時にエモーショナルに歌い上げるヴォーカルもたいへん魅力的。Vertigo、Neonの名盤群と比べても全く色褪せません!英国ロック・ファン必聴です。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

MURPHY BLEND / FIRST LOSS の商品詳細へ

MURPHY BLEND/FIRST LOSS

71年作、ずばりジャーマン・ハードの「至宝」!

2390円(+税)

NORTHWIND / SISTER BROTHER LOVER の商品詳細へ

NORTHWIND/SISTER BROTHER LOVER

71年リリース、リリカルなメロディに溢れた心温まる英フォーク・ロック、これは素晴らしい逸品!

2290円(+税)

FARAWAY FOLK / SEASONAL MAN の商品詳細へ

FARAWAY FOLK/SEASONAL MAN

夢見心地の英ストレンジ・フォーク、75年作

2190円(+税)

GOTHIC HORIZON / TOMORROW'S ANOTHER DAY の商品詳細へ

GOTHIC HORIZON/TOMORROW'S ANOTHER DAY

美しいメロディとリリカルなアンサンブルによる英フォーク・ポップ・デュオ、72年作

1890円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

これがマイナー作品?メジャー級のクオリティを誇る幻の英ロック作品集

まとめて試聴する

  • DEAR MR.TIME 『GRANDFATHER』

    70年作、英国的な叙情性と起伏に富んだプログレッシヴなアンサンブルが素晴らしい名作

  • BECKETT 『BECKETT』

    荘厳でドラマティックなブリティッシュ・プログレの名作、74年作

  • AUDIENCE 『AUDIENCE』

    ピーター・ハミルにも比肩する名ヴォーカルHoward Werth率いる英ロックの曲者グループ、69年のデビュー作

  • POLIPHONY 『POLIPHONY』

    トントン・マクートやランニング・マンに通ずる73年の自主制作盤、フルートやエレピがたゆたう英国叙情に溢れたジャズ・ロック秘宝

  • COMPLEX 『THE WAY WE FEEL』

    71年リリースの2nd、ブリティッシュならではの陰影のあるメロディーとクラシカルかつポップなオルガン・ワークが素晴らしい愛すべき逸品!

  • COLLUSION 『COLLUSION』

    原盤は激レア!プログレ・ハードのダイナミズムとフォーキーな牧歌性が同居した英国マイナー・プログレ、71年唯一作

  • 9:30 FLY 『9:30 FLY』

    男女ヴォーカルの英プログレ・バンド、72年唯一作、メロトロンもフィーチャーしたブリティッシュ・アンダーグラウンド・プログレの逸品

  • HOLY MACKEREL 『CLOSER TO HEAVEN』

    JASON CREST、ORANG-UTAN、SAMUEL PRODYなどに在籍したメンバーによるツインギター編成のブリティッシュ・ロック・バンド、当時お蔵入りになってしまったのが信じられない極上のいぶし銀英ハード!73年録音/93年リリース

関連Webマガジン記事

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 70年代初期でしかあり得ないとんでもない逸品(3 拍手)

イニュ円導さん レビューをすべて見る

カケレコさんのレビューを読み、特に「激レア盤」という言葉とアナログコピーばかり作ってるメーカーからも出ているのを知り、それだけで購入してしまった。 ジャケットはフォークの「ティカウィンダ」に似てるななどと思っていたが勿論中身は全然違った。
「あかん...これ......当たりや!!」
異常な程ゴツゴツしたリズム隊とそれに合ってない哀愁のヴォーカル.フルートの対比がいい!新鮮だ! とにかく気にいったのは主張しまくりのベースの音。(故.クリス船長みたい)ドラムの音も普通じゃない。チープな録音だからこそ魅力あるサウンドになってしまっている。 基本穏やかに進みつつも、急にテンポUPする王道なプログレ曲もあり結構レベルは高い。(ギターは「フラッシュ」みたくもあるような--) マイナープレス盤に有りがちな退屈なロックではなく結構キャッチーでもあり、そしてしっかりした個性も持っている。 総じて「哀愁とハード」の無理やりの合体--と言えば的を外していないかもしれない。 わたくし的には星5つ!
あー、イエスが聴きたくなってきた−−!!

ナイスレビューですね!