プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

NOE (NOAH)

FUGATO ORCHESTRA

BGCD212(PERIFERIC) 【2010年発売CD】

特殊プラケース仕様。

評価:40 1件のレビュー

ロックのダイナミズムを土台として「クラシック」と「民族音楽」とが高次元に結び付いたこの壮大さは、両者が盛んなハンガリーだからこそのサウンドかも知れません。「静」と「動」の対比が鮮烈なシンフォニック・ロック傑作!

ハンガリー、管弦楽器が鮮やかに舞う壮大なシンフォニック・ロック!2010年作

82年にブダペストで生まれ、6歳から本格的なクラシックの教育を受けたBalazs Alparを中心に、多数の管弦楽器奏者を含む編成で結成されたハンガリーの大所帯グループ。04年作に続く2010年作2nd。ひとことで言って『鮮烈』なシンフォニック・ロック!とにかく「動」と「静」の対比が鮮やか。「動」のパートでは、シャープでダイナミックなリズム隊、早いパッセージのヴァイオリンが躍動し、「静」のパートでは、格調高くクラシカルなピアノ、リコーダーやフルートなど管楽器が舞い上がります。クラシック、民族音楽を中心に、ロックのダイナミズムを加えた、西洋音楽史を総括したような壮大な作品。エレクトリック・ギターやキーボードがないのに、これほどまでにロック的なダイナミズムを出せるんですね。傑作です。

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

シンフォ豊作!2010年リリースの新鋭プログレ名作選

まとめて試聴する

ドラマティック・シンフォ&ハードの秘境、ハンガリーへようこそ

まとめて試聴する

  • AFTER CRYING 『FOLD ES EG』

    ハンガリーが誇るシンフォ・グループ、94年作、「ELPフォロワー数あれど、これ程までにエマーソンのプレイに肉薄したグループがかつて存在しただろうか?」(帯より)

  • AFTER CRYING 『6』

    東欧を代表するハンガリーのプログレ・グループ、96年リリース、90年代シンフォを代表する傑作!

  • RUMBLIN' ORCHESTRA 『KING'S NEW GARMENT』

    ハンガリー、圧倒的なスケールを誇るシンフォニック・ロックの一大傑作、00年リリース

  • YESTERDAYS 『HOLDFENYKERT』

    ハンガリー、メロトロンとフルートをこれでもかとフィーチャーした必殺シンフォニック・ロック!06年作

  • KORMORAN 『GASPAR ALMOS BALVANYOSVAR LEGENDAJA』

    ハンガリーのベテラン・グループによる08年作、ノスタルジックかつ鮮烈、ドラマティックなシンフォニック・ロックの傑作!

  • HUMBLE GRUMBLE 『FLANDERS FIELDS』

    ベルギーを拠点に活動する多国籍ジャズ・ロック・グループ、2011年発表の傑作

民族音楽とプログレ【新鋭編】

まとめて試聴する

  • ORGANIC NOISES 『ORGANIC NOISES』

    [カケレコ国内盤リリース中] アルメニア伝統音楽 meets ジャズ・ロック!?ポーランドを拠点とするエスノ・ジャズ・ロック新鋭、圧巻の19年デビュー作!

  • TOHPATI ETHNOMISSION 『MATA HATI』

    インドネシアのジャズ・ロック・グループSIMAK DIALOGのギタリストによるグループ、17年作、民族音楽+ジャズロックという形態を最も理想的に音像化したサウンドと言っても過言ではない傑作!

  • DWIKI DHARMAWAN 『RUMAH BATU』

    インドネシア産ガムラン・ジャズ・グループKRAKATAUのキーボーディストによる18年ソロ作、ガムランやインドネシアの民族音楽と洗練されたフュージョンを融合させたエキゾチックかつ美麗なジャズ・ロック/フュージョン作

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 ロック色が強くなったハンガリーのシンフォニック・ロック作品(2 拍手)

yes_90125さん レビューをすべて見る

ハンガリーのクラシカル・ロック・バンド、FUGATO ORCHESTRAの2ndアルバム。
内ジャケを見ると14人のメンバー写真があり、クレジットを確認するとその他のゲストミュージシャンを加えると20人以上のアーティストが参加しています。
使用されている楽器は、ヴァイオリン、チェロ、フルート、オーボエ、トランペット、ギター、ドラム、キーボードetc・・・。
まさに、オーケストラ+ロックという形態ですが、1曲目に象徴されるようなジャズ・ロックがあるかと思えば、弦楽器を活かしたクラシカル・ロックあり、女性ヴォーカル入りフォーク・ロック調の幻想的な曲もあり、多彩なサウンドを楽しむことが出来ます。

1stはどちらかと言うとクラシック寄りだったですが、このアルバムではロック色が強くなっていて、シンフォニック・ロック・ファンにおススメするならば、まずはこの2ndアルバム。
美しいジャケットから、落ち着いた静かなサウンドをイメージしますが、それは良い意味で裏切られます。
しかし、ハンガリーのバンドらしい哀愁と繊細さは、ジャケットに象徴されていると言えるかもしれません。

ナイスレビューですね!