プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

フランプトン・カムズ・アライヴ!

ピーター・フランプトン

UICY7026/7 【2001年発売CD】

プラスリップケース・デジパック仕様、2枚組、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック4曲、定価3670。

評価:40 1件のレビュー

全世界1200万枚という驚異の売り上げを誇る76年発表の名作ライヴアルバム!パフォーマンスの素晴らしさもさることながら、当時の人気ぶりを裏付ける割れんばかりの歓声を聞けば、このセールスも納得ですね。

驚異的売上を誇る76年発表のライヴアルバム金字塔、ものすごい歓声!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

GENESIS / SECONDS OUT の商品詳細へ

GENESIS/SECONDS OUT

サポートドラマーとしてChester ThompsonとBill Brufordが参加した77年の傑作ライヴ・アルバム!

4,590円(税込5,049円)

YES / CLOSE TO THE EDGE の商品詳細へ

YES/CLOSE TO THE EDGE

72年作5th、緊張感、幻想美、構築性、ダイナミズム、超絶技巧!これぞプログレと言うべき要素が詰まった超傑作!

1,690円(税込1,859円)

ERIC CLAPTON / RAINBOW CONCERT の商品詳細へ

ERIC CLAPTON/RAINBOW CONCERT

73年のレインボウ・シアター公演、全14曲

632円(税込695円)

DAVID GILMOUR / ON AN ISLAND の商品詳細へ

DAVID GILMOUR/ON AN ISLAND

22年ぶりの06年ソロ作。叙情的な泣きのギターと繊細なボーカル、深みあるサウンドが素晴らしい、円熟の作品。

1,390円(税込1,529円)

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

1. イントロダクション
2. ドゥービー・ワー
3. ラインズ・オン・マイ・フェイス
4. ショウ・ミー・ザ・ウェイ
5. ア・プレイン・シェイム
6. ウィンド・オブ・チェンジ
7. ジャスト・ザ・タイム・オブ・ザ・イヤー
8. 空白の時間
9. オール・アイ・ウォント・トゥ・ビー
10. 君を求めて
11. アイ・ワナ・ゴー・トゥ・ザ・サン
12. ノーホエアズ・トゥー・ファー・フォー・マイ・ベイビー
13. マネー
14. ライク・ウィ・ドゥ
15. シャイン・オン
16. ホワイト・シュガー
17. ジャンピング・ジャック・フラッシュ
18. デイズ・ドーニング

YouTube動画

試聴 Click!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • サンキュー ミスター・チャーチル

    ピーター・フランプトン

    VQCD10189

    ボーナス・トラック3曲、定価2500

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    2010年作、横田めぐみさんに捧げた「Megumi」収録

  • フランプトン・カムズ・アライヴ!

    ピーター・フランプトン

    UICY93601/2

    廃盤希少、紙ジャケット仕様、SHM-CD、2枚組、ボーナス・トラック4曲、2000年マスター採用、定価3619+税

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    驚異的売上を誇る76年発表のライヴアルバム金字塔、ものすごい歓声!

    全世界1200万枚という驚異の売り上げを誇る76年発表の名作ライヴアルバム!パフォーマンスの素晴らしさもさることながら、当時の人気ぶりを裏付ける割れんばかりの歓声を聞けば、このセールスも納得ですね。

    4,390円

    3,512円
    (税込3,863円)

    966円お得!

    CD詳細ページへ

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 彼ほど性格の良さが災いしたギタリストはいない(0 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

タイトルを「カムズア・ライブ」だと思っていた恥ずかしいわたしです。「カムズア」ってどんな単語だ。タイトルはダブル・ミーニングになっていて、フラムプトンはまだ生きているぜ、という意味と、スタジオ作「フラムプトン」が生で出てきたぜ、という意味です。フラムプトンは、渡米してからしばらくマイナーな歌手でした。火がついたのが前作で、このライブと「ショウ・ミー・ザ・ウェイ」のヒットでとんでもないことになりました。その時斜めから見下ろしていたのがわたしです。

でも次の「アイム・イン・ユー」で大コケします。以後鳴かず飛ばずで現在にいたると申し上げたら失礼ですね。白髪のおじいちゃんになっても米国では音楽番組のパーソナリティをやったりして元気です。このライブは、どこをとってもフラムプトンの弾けるようなギターと歌声で退屈しません。けっこうヘビーであります。売れなかっただけで、ずっと良い曲を書いていたんですよ。

美形のお兄ちゃんと思っていらっしゃったら大間違いです。だってハンブル・パイです。スティーブ・マリオットのTシャツを着てカバーにしてしまう人です。ブリティッシュ・ロックの良心と言えば、彼のことです。2019年に彼は「オール・ブルーズ」というブルーズ・スタンダードCDを出しています。これが骨太でかっこいいったらありゃしません。彼のマディ・ウォーターズやBBキングのカバー、聴きたくないですか。

ナイスレビューですね!