プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

IL TEMPIO DELLE CLESSIDRE

IL TEMPIO DELLE CLESSIDRE

BWRCD1232(BLACK WIDOW

ボーナス・トラック1曲。

評価:40 2件のレビュー

あのMUSEO ROSENBACHのヴォーカルと、どこまでも70年代プログレの遺伝子に埋まったKey奏者を中心とする新鋭グループだって!?

MUSEO ROSENBACHのヴォーカルStefano Galifiがヴォーカルを務める70年代プログレのテイスト濃厚なヘヴィ・シンフォ、2010年デビュー作

ジェノヴァ出身、キーボード奏者を中心に、なんとあのMUSEO ROSENBACHのヴォーカルStefano Galifiも参加して06年に結成されたグループ。2010年作。ムゼオ・ローゼンバッハ『ツァラトゥストラ組曲』のラスト曲よりグループ名を取ったとおり、どこまでも70年代プログレの遺伝子に埋まったKey奏者を中心とするヴィンテージなヘヴィ・シンフォが特徴。空間を時に荘厳に時に柔らかく包み込むメロトロン、瑞々しくリリカルなピアノ、時にクラシカル、時にアグレッシヴに畳みかけるハモンドなど、とにかくキーボードが躍動。中域寄りのマイルドかつヘヴィなトーンのメロウなギターも印象的です。そして、なんといってもStefano Galifiのヴォーカル!堂々としたエモーショナルな歌唱が胸をグワンと鷲づかみにします。ダークさや荘厳さとクラシカルな格調高さや優美さが同居したサウンドは、これぞイタリアン・ロック。必聴です!

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

シンフォ豊作!2010年リリースの新鋭プログレ名作選

まとめて試聴する

  • MOON SAFARI 『LOVER'S END』

    これでもかと叙情性溢れるファンタスティックな北欧シンフォ、名作の1st&2ndに次ぐ、大傑作3rd!

  • LA MASCHERA DI CERA 『PETALI DI FUOCO』

    イタリア、元FINISTERREのFabio Zuffantiによるグループ、BANCOやMUSEOなど往年の作品を彷彿とさせる名作、10年リリース

  • PLATURNO 『INSANO』

    『太陽と戦慄』期のKING CRIMSONを彷彿させるチリ産プログレ、2010年作

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • 盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    ムゼオやレ・オルメ『フェローナ〜』のDNAを継いだイタリアン・ロック新鋭の本格派、2013年の傑作

    ムゼオ・ローゼンバッハが好き?レ・オルメ『フェローナとソローナの伝説』も好き?それで何か新鋭が聴きたい?ずばりこれしかないでしょう。

  • 砂時計の幻想

    イル・テンピオ・デッレ・クレシドレ

    DUPG226

    スリップケース付き仕様、ボーナス・トラック1曲、定価2700+税

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    画像はスリップケースです。

    新鋭イタリアン・ヘヴィ・シンフォ・バンド、17年作3rd、モダンでキャッチーでスタイリッシュなヘヴィ・シンフォを構築した傑作、Mattias Olssonが全面参加!

    現イタリアン・ヘヴィ・シンフォ・シーンを牽引する彼らの17年作ですが、なんと元ANGLAGARDのドラマーMattias Olsonが全面参加!伊ヘヴィ・シンフォ伝統のエネルギーみなぎる重厚なサウンドと、北欧的センスと言える洗練されたシャープな音像が一体となり、唯一無二のスタイリッシュなヘヴィ・シンフォ・サウンドを形成。名盤!

  • IL-LUDERE

    IL TEMPIO DELLE CLESSIDRE

    BWRCD2012(BLACK WIDOW

    ジャケットの中央にアーティスト/タイトルの印字はなし

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    新鋭イタリアン・ヘヴィ・シンフォ・バンド、17年作3rd、モダンでキャッチーでスタイリッシュなヘヴィ・シンフォを構築した傑作、Mattias Olssonが全面参加!

    現イタリアン・ヘヴィ・シンフォ・シーンを牽引する彼らの17年作ですが、なんと元ANGLAGARDのドラマーMattias Olsonが全面参加!伊ヘヴィ・シンフォ伝統のエネルギーみなぎる重厚なサウンドと、北欧的センスと言える洗練されたシャープな音像が一体となり、唯一無二のスタイリッシュなヘヴィ・シンフォ・サウンドを形成。名盤!

    1,090円

    872円
    (税込959円)

    240円お得!

    CD詳細ページへ

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 MUSEO ROSENBACHの感動をもう一度(4 拍手)

add.さん レビューをすべて見る

You Tube動画をざっと試聴して、ビビっときたので即注文。「あれこの声……」と思っていたら、MUSEOのStefano Galifiその人だったのですね。(商品レビューを後から見ました……)BancoやOSANNA、イル・バレット・ディ・ブロンゾなど(もちろんMUSEO ROSENBACHも)暗黒系イタリアグループの音色が好みな人は買って間違いないのではないでしょうか。あともう少し展開が秀逸であったら……と思うと、惜しいですが星4つです。

ナイスレビューですね!

評価:4 2010年発表作品とは思えないヴィンテージ色(1 拍手)

yes_90125さん レビューをすべて見る

当時、「MUSEO ROSENBACHの再来」という謳い文句に魅かれて聴いてみたら、2010年発売とは思えない70年代への憧憬が窺い知れるヘヴィ・シンフォだった。
しかし、単なる懐古趣味的な後追い作品ではなく、さらに言うならばこれがデビュー作とは思えない完成度!

いかにもイタリアらしい熱情的な歌声を披露しているはStefano Galifi(MUSEO ROSENBACH)で、ハモンド・オルガン、メロトロン、パイプ・オルガンなどを操るキーボードのプログレ度が高い。
一方でピアノの流麗でクラシカルな演奏によってヘヴィ路線一辺倒にはなっておらず、そこもまた聴きどころになっている。

ヴィンテージ感溢れる音色は、70年代のイタリアン・ロックを通過してきたファンには堪らないと思うし、少なくともMUSEO ROSENBACH(本家が歌っているのだから当然と言えば当然なのだけれど・・・)や、LA MASCHERA DI CERAあたりのファンはきっと気に入るはず!

ナイスレビューですね!