プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

RANDOM ACTS OF BEAUTY

DAVID MINASIAN

PRR843(PROGROCK

評価:50 1件のレビュー

Andy Latimer参加、CAMELファン必聴のリリシズム溢れるシンフォニック・ロック、2010年作

Andy Latimer参加、CAMELファン必聴のリリシズム溢れるシンフォニック・ロック、2010年作

「COMING OF AGE」などCAMELのDVD制作に関わったKey奏者David Minasianによるソロ。2010年作。注目は、Andy Latimerの参加。叙情性豊かなキーボード、ゆったりとたゆたうような美しいメロディ、そこに溢れ出すAndy Latimerによる泣きのギター。全編に詩情が溢れる見事なリリカル・シンフォ。それにしても素晴らしいメロディ・センス!CAMELファン必聴!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

ERIS PLUVIA / RINGS OF EARTHLY LIGHT の商品詳細へ

ERIS PLUVIA/RINGS OF EARTHLY LIGHT

イタリア、気品高いファンタジーがとめどなく溢れる絶品シンフォ、91年作、大傑作!

2390円(+税)

ASIA MINOR / CROSSING THE LINE の商品詳細へ

ASIA MINOR/CROSSING THE LINE

トルコ系フランス人のメンバー達が結成したグループ、神秘的な美しさと粛々としたメランコリー、フレンチ・シンフォを代表する名作

2190円(+税)

ISILDURS BANE / SAGAN OM DEN IRLANDSKA ALGEN and SAGAN OM RINGEN の商品詳細へ

ISILDURS BANE/SAGAN OM DEN IRLANDSKA ALGEN and SAGAN OM RINGEN

スウェーデンを代表するシンフォニック・ロック・グループ、84年作と88年作を収録

2290円(+税)

LA MASCHERA DI CERA / PETALI DI FUOCO の商品詳細へ

LA MASCHERA DI CERA/PETALI DI FUOCO

イタリア、元FINISTERREのFabio Zuffantiによるグループ、BANCOやMUSEOなど往年の作品を彷彿とさせる名作、10年リリース

1190円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

シンフォ豊作!2010年リリースの新鋭プログレ名作選

まとめて試聴する

  • MOON SAFARI 『LOVER'S END』

    これでもかと叙情性溢れるファンタスティックな北欧シンフォ、名作の1st&2ndに次ぐ、大傑作3rd!

  • FUGATO ORCHESTRA 『NOE (NOAH)』

    ハンガリー、管弦楽器が鮮やかに舞う壮大なシンフォニック・ロック!2010年作

  • LA MASCHERA DI CERA 『PETALI DI FUOCO』

    イタリア、元FINISTERREのFabio Zuffantiによるグループ、BANCOやMUSEOなど往年の作品を彷彿とさせる名作、10年リリース

  • ANIMA MUNDI 『WAY』

    キューバの新鋭、2010年作、ファンタスティックかつダイナミックなシンフォニック・ロックの傑作

  • GROUP 309 『DREAMS OF SEA』

    ロシアの新鋭シンフォ・グループ、2010年デビュー作、特筆すべきメロディ・センスを持った大注目バンド!

  • CHRIS 『MAKING SENSE』

    オランダの天才マルチ・ミュージシャンによる2010年作2nd、ジェネシスが好きで、ニッチ・ポップも好きならド直球!

  • KARFAGEN 『SOLITARY SANDPIPER JOURNEY』

    ウクライナ産シンフォ、どこか温かい雰囲気を感じさせるファンタスティックで優美な逸品、2010年作

  • PLATURNO 『INSANO』

    『太陽と戦慄』期のKING CRIMSONを彷彿させるチリ産プログレ、2010年作

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 Latimer は元気になったのかね!? 無理しちゃいかんよ。(2 拍手)

らざふぉーど博士さん レビューをすべて見る

アンディが G、 Voで参加してる1曲目。もうこれだけで十分泣ける!いっしょにスタジオ入りしたとは思えないけど、多分バック・トラックの良さが彼に「久々にやってやるか」と元気出させたんじゃないでしょうか。とにかくギターもヴォーカルも泣きまくってます(泪)。1曲目ばかり聴いてしまったんですが、実は彼不在の2曲目以降も素晴らしい!D .Minasian というミュージシャンのコンポーザーとしてのセンス、タダモノではない!と唸りました。「余韻」を大切にした曲作り、とでもいうんでしょうか。

徹頭徹尾、美旋律+絶妙のトーン・コントロール!これぞCAMEL= Latimer の追求していた世界だと思います。タウラス、ルソー、レディ・レイクとかいっぱいキャメル・フォロワーとよばれてるバンドありますが、悪いけどこれには勝てないな。アラン・ルーも本作と比べれば分が悪い。おっと、つい興奮して云い過ぎた。ファンの方失礼。とにかくCAMEL ファンならマスト!です。

ジャケの女性、ちょっとメタル系の雰囲気を醸し出してるのが痛い!誤解されるよ!

ナイスレビューですね!