プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

BARBED WIRE SANDWICH

BLACK CAT BONES

BGOCD916(BGO

デジタル・リマスター、スリップケース付き仕様。

評価:45 2件のレビュー

ポール・コゾフとサイモン・カークはフリーに行っちゃったけど、俺たち負ける気はしないね。強烈なアンダーグラウンド臭で奴らだって飲み込んでやるさ!

英国出身ブルース・ロック、閉塞感が迫りくるミドルテンポ中心のアンサンブルが強烈、70年発表唯一作

英国出身ブルース・ロック・グループ70年発表、唯一作。メンバーであったポール・コゾフとサイモン・カークがFREE結成の為、脱退。バンドを再構成してDECCAからリリースされたのが本作です。タメを効かせた骨太のリズム隊が生み出すウネリに乗って、時に引きずるような重低音のリフを刻み付け、時に縦横無尽にむせび泣く2本のギター。閉塞感が迫りくるミドルテンポ中心のアンサンブルはFREEを彷彿させる部分もありながら、より強烈なアンダー・グラウンド臭を放っています。本作を持ってグループは解散。ギタリストRod
PriceはFOGHATを結成、ヴォーカル以外のメンバーはPeter FrenchとLEAF HOUNDを結成します。FREEファンはもちろん、英アンダー・グラウンドの入り口としても絶好の一枚。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

GENESIS / FOXTROT の商品詳細へ

GENESIS/FOXTROT

初期ジェネシスの代表作、72年発表4th

590円(+税)

ORANG-UTAN / ORANG-UTAN の商品詳細へ

ORANG-UTAN/ORANG-UTAN

2本のギターがブルージー&アグレッシヴなフレーズをぶつけあうハード&ソリッドなハード・ロック・バンド、71年唯一作

2290円(+税)

LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN II の商品詳細へ

LED ZEPPELIN/LED ZEPPELIN II

「胸いっぱいの愛を」「ハートブレイカー」を含む傑作2nd、69年発表

790円(+税)

LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN IV の商品詳細へ

LED ZEPPELIN/LED ZEPPELIN IV

71年リリース、ロック史に輝く不朽の名曲「天国への階段」他、代表曲を多数収録した大傑作4th!

490円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

英ブルース・ロック名作選

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

  • 「音楽歳時記」 第四十四回  9月29日 招き猫の日  文・深民淳

    「音楽歳時記」 第四十四回 9月29日 招き猫の日 文・深民淳

    音楽ライター/ディレクター深民淳によるコラム「音楽歳時記」。季節の移り変わりに合わせて作品をセレクト。毎月更新です。

  • プログレ名画展「DECCAレーベルとDavid Anstey」

    プログレ名画展「DECCAレーベルとDavid Anstey」

    アルバム・ジャケットのデザイナーにスポットを当てていく特集「プログレ名画展」。今回は英国DECCAやその傘下のプログレ・レーベルDERAMで活躍したDavid Ansteyが手掛けた作品をご紹介します。

  • ブリティッシュ・ブルース・ロック特集

    ブリティッシュ・ブルース・ロック特集

    本場アメリカ南部で生まれたブルースがイギリスに輸入されて誕生したブリティッシュ・ブルース・シーンを特集。アコースティック・ブルースから、エレクトリック化、さらに「ロック」と融合してブルース・ロック・ムーヴメントへと発展した激動の50年代〜60年代の流れを見ていくことにいたしましょう。

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 ブリティッシュ・ブルーズの大傑作(10 拍手)

AgitationFreeさん レビューをすべて見る

 ブリティッシュ・ブルーズの一大ムーヴメント終息後、ほとん
どのバンドが消えたり、ハード・ロックへ移行したりしている
中で、ド真ん中のブルーズ・ロックでデヴューという荒業。と
言っても活動自体はずいぶん前からしていたわけで、遅す
ぎたがゆえに結局これ1枚きりとなってしまった気の毒なバ
ンド。でもその唯一作が大傑作。

ナイスレビューですね!

評価:4 FREEのこと(5 拍手)

ISAさん レビューをすべて見る

FREE(ポール・コソフのいたバンド)に出会って、ROCKっていいなと改めて思ったのが高校2年生の時。僕の人生は音楽ばっかりでした。途中、ジャズやレゲエなんかにも誘惑されましたが、やっぱりFREEでした。だからこのブラック・キャット・ボーンズもメンバーがいたグループということで。ブルース・ロックは大体、音が古臭いので、聞き辛いのが相場ですが、このグループは結構、今の耳にも聞かせてくれました。ポール・コソフ万歳。

ナイスレビューですね!