プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

UNDERFALL YARD

BIG BIG TRAIN

EERCD005(ENGLISH ELECTRIC

デジパック仕様。

評価:50 3件のレビュー

「ジェネシスやイエスが好きなんだけど、イギリスの現役バンドで良いのないかな。しかも、フォロワーに終わってなくて、新しさもあるバンドがいいんだよね。」という質問に対しては、本作は文句なしのベストチョイス!

ジェネシスのヴォーカリストの候補となったDavid Longdonが加入し、強力ラインナップで制作された09年作6th、鮮烈かつファンタスティックな大傑作!

不動の2人であるGreg Spawton(G)とAndy Poole(B)により90年に結成され、90年代〜00年代のイギリス屈指のプログレ新鋭バンドへと上り詰めたグループ。09年作の6th。Sean Filkins(Vo)とSteve Hughes(Dr)が抜け、David Longdon(Vo/Flute/Key)、Nick D’Virgilio(Dr)が加入。David Longdonは、ジェネシスから誘いを受け、フィル・コリンズの代わりのヴォーカリストのオーディションに参加したという逸材です(結果は、残念ながらRay Wilsonに決定)。サウンドは、ポスト・ロックのエッセンスを強めて「モダン」に振れた前作と比べ、ジェネシスやイエスのエッセンスへと回帰し、幻想的なシンフォニック・ロックへと揺れ戻った印象。しっとりと「陰影」のある美声のDavidもファンタスティックなシンフォニック・ロック・サウンドに見事に溶け込んでいます。そんな幻想サウンドと対を成すように、イエスのエッセンスが今までにないほどの前面に出ているのも特筆で、スリリングに切れ込むオブリガードはスティーヴ・ハウばりのテンションだし、ベースもゴリゴリと疾走しまくるし、イエスの爽快感を受け継いだパートを織り込むことにより、全体としては幻想的なサウンドに見事にダイナミズムが生まれています。「ジェネシスやイエスが好きなんだけど、現役のバンドで良いのないかな。しかも、フォロワーに終わってなくて、新しさもあるバンドがいいんだよね。」という質問に対しては、本作は文句なしのベストチョイス。「鮮烈」と「ファンタスティック」の間をダイナミックに行き交うスペクタクルな傑作です。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

BIG BIG TRAIN / DIFFERENCE MACHINE の商品詳細へ

BIG BIG TRAIN/DIFFERENCE MACHINE

90年代〜00年代屈指の英国プログレ新鋭、07年作、往年のプログレのエッセンスを散りばめつつ「モダン」なサウンドへと仕立てあげた傑作!

1390円(+税)

BIG BIG TRAIN / FAR SKIES DEEP TIME の商品詳細へ

BIG BIG TRAIN/FAR SKIES DEEP TIME

イギリスのシンフォニック・ロック新鋭、2010年作

1290円(+税)

ANGLAGARD / HYBRIS の商品詳細へ

ANGLAGARD/HYBRIS

93年発表、プログレ復興の礎を作った北欧を代表するグループ、ずばり歴史的名盤!

2390円(+税)

LOCANDA DELLE FATE / MISSING FIREFLIES の商品詳細へ

LOCANDA DELLE FATE/MISSING FIREFLIES

これは驚きました!イタリアン・シンフォの最高峰バンドによる2012年作、1曲目を聴いて心躍らないプログレ・ファンは居ないと断言!

2390円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

イエスのDNAを継ぐキャッチーなプログレ新鋭特集!

まとめて試聴する

  • ANIMA MUNDI 『JAGANNATH ORBIT』

    キューバの新鋭、ドラマティックかつキャッチーなシンフォニック・ロックの傑作、07年作

  • DRUCKFARBEN 『SECOND SOUND』

    イエスやジェントル・ジャイアントのDNAを継いだカナダの新鋭による2014年作2nd、北米らしい爽快&痛快なプログレ・ハード快作

  • QUORUM 『KLUBKIN'S VOYAGE』

    ロシアからとんでもない新鋭が登場!70年代プログレの遺伝子を受け継いだ正統派プログレとして一級の傑作!

  • COSMIC REMEDY 『COSMIC REMEDY』

    ハンガリー、YESTERDAYSのリーダーによるソロ・プロジェクト、70年代プログレへの憧憬に満ちあふれたファンタスティックな2013年快作!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • FAR SKIES DEEP TIME

    BIG BIG TRAIN

    EERCD009(ENGLISH ELECTRIC

    ペーパーケース仕様

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    圧痕あり

    イギリスのシンフォニック・ロック新鋭、2010年作

  • A STONE’S THROW FROM THE LINE

    BIG BIG TRAIN

    EERCD0018(ENGLISH ELECTRIC

    およそ40ページのブックレットと一体になったペーパーケース仕様、2枚組

    名実ともに現英国プログレの頂点に位置するバンドによる16年リリースのライヴ・アルバム、15年作のEP『WASSAIL』リリース後となる8月のロンドン公演を収録!

    名実ともに現英国プログレの頂点に位置するバンドによる16年リリースのライヴ・アルバム。15年作のEP『WASSAIL』リリース後となる8月のロンドン公演を収録。彼らの代表作と言える2部作 ... 続き

  • DIFFERENCE MACHINE

    BIG BIG TRAIN

    EERCD007(EER

    評価:40 1件のレビュー

    デジパック仕様

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    90年代〜00年代屈指の英国プログレ新鋭、07年作、往年のプログレのエッセンスを散りばめつつ「モダン」なサウンドへと仕立てあげた傑作!

    直接的には似てないんだけど、初期ジェネシスのあのドラマ性と器楽性への00年代からの確かな回答。ジェネシスやイエスやクリムゾンのエッセンスを「モダン」に洗練させた00年代屈指の英シンフォ傑作。

  • ENGLISH ELECTRIC

    BIG BIG TRAIN

    EERCD0017(ENGLISH ELECTRIC

    およそ40ページのブックレットと一体になったペーパーケース仕様、2枚組、16年デジタル・リマスター

    90年代以降の英プログレ・シーンをリードするグループ、12年作『ENGLISH ELECTRIC PART ONE』と13年作『ENGLISH ELECTRIC PART TWO』に4曲を加えた完全版!

    レーベル管理上の問題により、ペーパーケースに若干角つぶれがある場合がございます。ご了承ください。

    90年の結成以来、90〜00年代イギリス屈指のプログレ・バンドとして君臨するグループ。09年作『Underfall Yard』リリース後の11年、元XTCのギタリストDave Gregoryが加入し、前作から加 ... 続き

  • FOLKLORE

    BIG BIG TRAIN

    EERCD0016/GEPCD1049(ENGLISH ELECTRIC

    デジパック仕様

    90年代〜00年代屈指の英国プログレ新鋭、2016年作9th、英国音楽の「伝統」が息づく重厚かつ流麗なサウンドはまるで映画を見ているように壮大

    レーベル管理上、デジパックに若干不良がある場合がございます。ご了承ください。

    イギリスという場所、2016年という時だからこそ鳴らすことができた渾身のプログレッシヴ・ロック大作。英国ならではの「伝統」が息づく重厚かつ流麗なサウンドは、まるで映画を見ているようにただただ壮大。

  • フォークロア

    ビッグ・ビッグ・トレイン

    DUPG218

    デジパック仕様、直輸入盤(帯・解説付)、定価2454+税

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    90年代〜00年代屈指の英国プログレ新鋭、2016年作9th、英国音楽の「伝統」が息づく重厚かつ流麗なサウンドはまるで映画を見ているように壮大

    イギリスという場所、2016年という時だからこそ鳴らすことができた渾身のプログレッシヴ・ロック大作。英国ならではの「伝統」が息づく重厚かつ流麗なサウンドは、まるで映画を見ているようにただただ壮大。

  • GRIMSPOUND

    BIG BIG TRAIN

    EERCD0019(GIANT ELECTRIC REA

    ブックレット付ペーパーケース仕様

    名実ともに現英国プログレの頂点に位置するバンドによる17年作、モダンなスタイリッシュさとジェネシスなど70年代憧憬テイストを絶妙に取り合わせる手腕が光る傑作、1曲でJudy Dybleがヴォーカル参加!

    レーベル管理上の問題により、デジパックに角つぶれがある場合がございます。ご了承ください。

    名実ともに現英国プログレの頂点に位置するバンドによる17年作その1!モダンなスタイリッシュさとジェネシス憧憬の70年代テイストを絶妙に取り合わせる手腕が相変わらず見事すぎる貫禄の一枚。1曲であのJudy Dybleがヴォーカル参加!

  • MERCHANTS OF LIGHT

    BIG BIG TRAIN

    EERCD0023(ENGLISH ELECTRIC

    ステージ写真満載の72pブックレット仕様、2枚組

    名実ともに現英国シーンの頂点に位置するプログレ・バンド、17年のロンドン公演を収録した18年ライヴ作!

    レーベル管理上、ブックレットに角つぶれやスリキズがある場合がございます。ご了承ください。

    権威あるロンドンのカドガン・ホールで行われた17年ライヴを収録。スタジオ録音よりも壮大さとエモーションを増幅して迫るパフォーマンスからは、現プログレ・シーンの王者と言える風格さえ滲みます。ライヴ音源を聴かずしてBBTは語れない!?

  • SECOND BRIGHTEST STAR

    BIG BIG TRAIN

    EERCD0020(ENGLISH ELECTRIC

    評価:45 2件のレビュー

    ペーパーケース・ブックレット付仕様

    90年結成、今や名実ともに現英国プログレの頂点に位置するバンド、なんと前17年作『GRIMSPOUND』に続いての17年リリース作!

    レーベル管理上、デジパックに角つぶれや圧痕がある場合がございます。ご了承ください。

    なんと前17年作『GRIMSPOUND』に続いての17年作!ヴァイオリン、ピアノ、アコギなどを主体に紡がれる英国の神秘的な森の情景を想わせる美麗なアンサンブルに支えられ、ジェントルで気品あるヴォーカルを主役とした珠玉の叙情曲で構成された一枚。

  • SECOND BRIGHTEST STAR

    BIG BIG TRAIN

    EERCD0020(ENGLISH ELECTRIC

    評価:45 2件のレビュー

    ペーパーケース・ブックレット付仕様

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    若干経年変化があります

    90年結成、今や名実ともに現英国プログレの頂点に位置するバンド、なんと前17年作『GRIMSPOUND』に続いての17年リリース作!

    なんと前17年作『GRIMSPOUND』に続いての17年作!ヴァイオリン、ピアノ、アコギなどを主体に紡がれる英国の神秘的な森の情景を想わせる美麗なアンサンブルに支えられ、ジェントルで気品あるヴォーカルを主役とした珠玉の叙情曲で構成された一枚。

もっと見る

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 すごい!すごすぎる!(7 拍手)

T2zさん レビューをすべて見る

すごい!すごすぎる!緻密にアレンジされた楽曲群。そして見事に演奏しているテクニック。GENESISのWind & Wutheringあたりが好きな人には絶対お勧めの一枚!

ナイスレビューですね!

評価:5 レトロでいい! レトロなだけでないところがもっといい!!(5 拍手)

Waku Luckyさん レビューをすべて見る

ギター(キーボード兼任)のGreg Spawtonとベース(キーボード兼任)のAndy Pooleの2人によるグループのようです。このアルバムではP.ガブリエル・タイプのヴォーカリスト(フルート兼任!)David Longdonもメンバーとしてクレジットされています。

このギターとベースがとにかく70年代のYes+Genesisとしかいいようのないプレイをしています。ヴォーカリストのP.ガブリエル度も非常に高く、鳴り響くメロトロンと合わせて、レトロなプログレの再現としてはトップクラスといって間違いないでしょう!メンバー以外にも、80年代以降のプログレ関連の有名ミュージシャンが多数ゲスト参加しています。

それでも単なる懐古趣味以上のものを感じてしまうのは、ポスト・ロック的な壮大でエモーショナルな表現が随所に感じられるからだと思います。Genesis風の弾き語りとYes風の躍動的なロック・アンサンブルの交錯に、ひなびたブラス・セクションが高鳴るSigur Ros風のラストをあわせた3曲目"Victorian Brickwork"は、やはり2009年でなければ生まれなかったであろう傑作。車でこの曲を聞いていたとき、不覚にも涙が出てしまいました…

ナイスレビューですね!

評価:5 GENESISの再来!?(2 拍手)

kaipa2007さん レビューをすべて見る

かなりGENESISの影響を受けているな!!というのが第一印象だがこれまたSLEEPWALKER SUN同様にメロトロンが幽幻的に響き渡る様は感動以外何物でもない。これは是非とも過去の作品も聴かなくては!!と思わせる傑作である。

ナイスレビューですね!