プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

キープ・ミー・カミン

ジェシ・デイヴィス

ESCA7523 【94年発売CD】

定価1835。

評価:45 2件のレビュー

米スワンプ・ロックを代表するギタリスト、レオン・ラッセルら豪華ゲスト参加の73年作3rd

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

JESSE ED DAVIS / ULULU の商品詳細へ

JESSE ED DAVIS/ULULU

スライドの名手として知られる米スワンプ・ロックを代表するギタリスト、72年リリースの名盤!

690円(+税)

KING CRIMSON / IN THE COURT OF THE CRIMSON KING の商品詳細へ

KING CRIMSON/IN THE COURT OF THE CRIMSON KING

69年発表、ロック・シーンの流れを変えた歴史的デビュー作!

1190円(+税)

MIKE OLDFIELD / CRISES の商品詳細へ

MIKE OLDFIELD/CRISES

天才マルチ・プレイヤー、83年作、大ヒットチューン「Moonlight Shadow」収録の名作

790円(+税)

ANTHONY PHILLIPS / PRIVATE PARTS AND PIECES 2: BACK TO THE PAVILION の商品詳細へ

ANTHONY PHILLIPS/PRIVATE PARTS AND PIECES 2: BACK TO THE PAVILION

PP&Pシリーズの第ニ作、80年リリース、マイク・ラザフォード/アンディ・マカロック/メル・コリンズが参加

490円(+税)

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

1. ビッグ・ディッパー
2. シーズ・ア・ペイン
3. ホェア・アム・アイ・ナウ(ホェン・アイ・ニード・ミー)
4. ナチュラル・アンセム
5. フー・プルド・ザ・プラグ?
6. チン・チン・チャイナ・ボーイ
7. ベイコン・ファット
8. ノー・ディガ・マス
9. 6:00ブーガルー
10. キープ・ミー・カミン

YouTube動画

試聴 Click!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • 帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    カビあり

    スライドの名手として知られる米スワンプ・ロックを代表するギタリスト、72年リリースの名盤!

    コマンチ族とカイオワ族の両親を持つ生粋のネイティヴ・アメリカンで、同郷のレオン・ラッセルの薦めでLAに来て活躍した燻し銀ギタリストと言えば?冴え渡るスライド、哀愁とコクのある歌声&メロディ。ウルル〜

  • 帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無、盤キズ多めにあり

    スライドの名手として知られる米スワンプ・ロックを代表するギタリスト、72年リリースの名盤!

    コマンチ族とカイオワ族の両親を持つ生粋のネイティヴ・アメリカンで、同郷のレオン・ラッセルの薦めでLAに来て活躍した燻し銀ギタリストと言えば?冴え渡るスライド、哀愁とコクのある歌声&メロディ。ウルル〜

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 傑作(1 拍手)

2さん レビューをすべて見る

ボビー・キー図のソロみたいなおしゃれでカッコいい曲が多く、大好きなアルバムです。その中で6曲目の『チン・チン・チャイナ・ボーイ』はいつもの作風で、歌詞はネイティヴアメリカンの血をひく彼の幼い頃の実体験なのだと思いますが、聴くごとになんとも言えない気分にさせられます。

ナイスレビューですね!

評価:5 ブルーズが新しい顔を見せる(1 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

歌声に人の好さがにじみ出てしまうジェシ・デイビス。「ジェシ・デイビス」「ウルル」は、ブルーズ弾き語りの電化版という曲が多かったですが、この3作目(73年)にして、うねりあるビートのインスト曲が何曲か入っています。ブルーズだけに収まるギタリストでなかったことがこれで分かります。だって彼のセッション場数は、ものすごいですもん。おそらく彼の演奏を探せば、あなたのCD棚にひとつふたつありますよ。

ボーカル曲では「シーズ・ア・ペイン」でしょう。ちょっとジョージ・ハリスンみたいな、わななくギターから入る、R&B曲です。まず彼のギターは、音が太い。それだけでなく、リズム感が良いのか悪いのかわからない独特のタイム感を持っています。「タメ」るギタリストです。この「間」が好きになるとやめられません、勝つまでは。「ナチュラル・アンセム」も、一風変わったオープニングです。ジェシが、リフを弾き始めて、途中で投げ出してしまうというギミックが2度続き、ホーンががしっと入ってきます。このホーンの裏側のギターの渋いこと渋いこと。

ラテン・ビートとブルーズが融合しているのが、「6:00ブーガルー」です。もっとも熱い曲です。ジェシのギターだけでなく、トランペットやホーンが大活躍します。体が揺れます。ジェシのカッティングというのも想像つきませんでした。ルーツに忠実というより、コンテンポラリーな音楽を展開することに主目的がおかれたアルバム。わたしは好きです。

ナイスレビューですね!