プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

ピッキオ・ダル・ポッツォ

ピッキオ・ダル・ポッツォ

ARC7027

紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、定価2625。

評価:45 2件のレビュー

こ、これはイタリアのハットフィールド&ザ・ノース!?ヘンリー・カウ!?

ヴィットリオ・デ・スカルツィ(NEW TROLLS)の弟アルドが率いるカンタベリータイプの伊ジャズ・ロック、76年1st

イタリアを代表するジャズ・ロック・バンド、PICCHIO DAL POZZOが76年に発表した1stアルバム。一音一音が必然的にならされているかのような緻密なアンサンブルにより鳴らされる理知的なサウンドは、イタリアのHATFIELD AND THE NORTHといった印象。イタリアらしい情熱的な部分はほとんど無く、ひたすらクールに音が紡がれています。カンタベリー好きは必聴。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

CELESTE / CELESTE の商品詳細へ

CELESTE/CELESTE

76年発表、イタリアン・ロック随一のメロトロン名盤にして素朴な歌心にも溢れる珠玉のイタリアン・シンフォ

2390円(+税)

BANCO / IO SONO NATO LIBERO の商品詳細へ

BANCO/IO SONO NATO LIBERO

これまで以上にイタリアらしい芸術的な感性が発揮された73年発表の3rd

790円(+税)

I GIGANTI / TERRA IN BOCCA の商品詳細へ

I GIGANTI/TERRA IN BOCCA

イタリアン・ロック、マフィアと犯罪をコンセプトにしたトータル・アルバム、71年作

790円(+税)

CERVELLO / MELOS の商品詳細へ

CERVELLO/MELOS

イタリアン・プログレッシヴ・ロックを代表すると言っても過言ではない一枚、妖艶さと退廃感が同居する傑作ヘヴィ・シンフォ

1990円(+税)

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

1. Merta
2. Cocomelastico
3. Seppia:a.Sottotitolo~b.Frescofresco~c.Rusf
4. Bofonchia
5. Napier
6. La Floricultura Di Tschincinnata
7. La Bolla
8. Off

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

世界に広がったHATFIELDやSOFT MACHINEのエッセンス。カンタベリー・フォロワーたち。

まとめて試聴する

  • MOVING GELATINE PLATES 『MOVING GELATINE PLATES』

    フランス、カンタベリー・タッチのジャズ・ロック、70年の名作

  • PHLOX 『TALU』

    [カケレコ国内盤リリース中] エストニアの新鋭ジャズ・ロック・グループ、2010年作4th、ずばり名作!カンタベリーのファンは是非!!

  • ABRAXIS 『ABRAXIS』

    COSのメンバーを中心に結成されたベルギー産ジャズ・ロック・バンド、77年唯一作、これはカンタベリー・ファン必聴

  • HOMUNCULUS RES 『DELLA STESSA SOSTANZA DEI SOGNI』

    伊シチリア島出身のカンタベリー・フィーリングに満ちた新鋭ジャズ・ロック・バンド、ポップで地中海色あふれるサウンドが完成された18年3rd!

イタリアの名バンドNEW TROLLSが率いたプログレ系レーベル、MAGMA/GROGレーベル!

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 イタリアン・ロックの奥深さを知ることが出来るアルバム(1 拍手)

yes_90125さん レビューをすべて見る

イタリアの新興レーベル・グロッグは5枚のアルバムをリリースして消滅してしまったのだけれど、キングレコードのユーロ・ロック・シリーズではそのうちの3枚が国内盤として発売されている。
その3枚というのが、CELESTE、CORTE DEI MIRACORI、そして本作PICCHIO DAL POZZOの1st。

こうして並べてみるとかなりマニアックな感じがする(情報も少なく、再発ブーム前夜の当時は尚更のこと)が、その中でもVittrio De Scalzi(NEW TROLLS)の弟Aldo De Scalziが参加しているバンドという話題性が、この作品にはあった。

当然、NEW TROLLSのようなシンフォニック・ロックを期待するが、初めて聴いた時には何と表現して良いのかわからないくらい飛び抜けていた。
ジャズ・ロックと呼ぶにはSEやコラージュを多用した作りは斬新過ぎたし、管楽器を使用していながらもアバンギャルドな作風はクラシカル・ロックと定義づけるのも難しい。
Vittrio De Scalziや同レーベルのCELESTEのメンバーなど多くのゲストを迎えており、ユーモラスで緻密な独自の世界観を築き上げている。
イタリアン・ロックの入門編としては相応しくないが、少し聴きこなした後に手に取ったならば、イタリアン・ロックの奥深さを知ることが出来るのではないだろうか。

ナイスレビューですね!

評価:5 イタリアなのにカンタベリー??(0 拍手)

purebluesさん レビューをすべて見る

もし、カンタベリー系ジャズロックをイタリアンロックのグループがやったら?なんて考えたこともなかったが、こんなところにベストアンサーがあった。
前衛的なのに聞きやすい、アヴァンギャルドなのにメロディアスという相反する要素が実に見事に融合している(ただ詰め込んだだけではない!)。現代音楽風の変拍子や奇妙なSEが聞こえてきたかと思ったら突然あのイタリア系の泣きのメロディーが!た、たまらん!

ナイスレビューですね!