プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

PINTA TU ALDEA

ALAS

PRW028(PROGRESSIVE ROCK

ボーナス・トラック1曲。

評価:40 1件のレビュー

後にSERU GIRANやPAT METHENY GROUPで活躍する天才ペドロ・アスナールが加入し、テクニカル度が跳ね上がった2nd。圧倒的にスリリングで強度の高いアンサンブル、郷愁を漂わせるバンドネオンの調べ…。名盤です。

アルゼンチンのキーボード・トリオ、18歳の若きPEDRO AZNARによる超絶ベースが炸裂する75年作

アルゼンチンのキーボード・トリオが75年にリリースした2ndアルバム。ベーシストが、パット・メセニー・グループへの参加で有名なPedro Aznar(当時18歳!)に変わり、格段に強化されたアンサンブルが圧倒的。キーボード、ベース、ドラムが次々にスリリングなフレーズを応酬する圧巻の演奏は、これぞプログレッシヴ・ロック。随所でフィーチャーされるバンドネオンの郷愁を誘うような音色も印象的です。南米アヴァンギャルド・ジャズ・ロックの最高峰と言える名盤!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

ENGLAND / GARDEN SHED の商品詳細へ

ENGLAND/GARDEN SHED

77年リリースの唯一作にしてブリティッシュ・シンフォ・プログレの大傑作、ファンタスティックで英国叙情匂い立つアンサンブルは素晴らしすぎます!

3600円(+税)

MEDITERRANEO / ESTRECHAS CALLES DE SANTA CRUZ の商品詳細へ

MEDITERRANEO/ESTRECHAS CALLES DE SANTA CRUZ

スペインはバレンシアのスパニッシュ・シンフォ/ジャズ・ロック・バンド、78年のデビュー作

2290円(+税)

PUBLIC FOOT THE ROMAN / PUBLIC FOOT THE ROMAN の商品詳細へ

PUBLIC FOOT THE ROMAN/PUBLIC FOOT THE ROMAN

メロディアスなツイン・リード・ギターと爽快なコーラス・ワークが炸裂する英プログレ、73年唯一作!

2790円(+税)

FLASKET BRINNER / FLASKET BRINNER の商品詳細へ

FLASKET BRINNER/FLASKET BRINNER

Silenceレーベルより71年にリリースされた作品、サイケデリック&ジャジーでエネルギッシュな北欧ロック悶絶の名作

2290円(+税)

関連Webマガジン記事

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 パリパリしたパステリートスの食感(食べたことないけど)(0 拍手)

4001jacoさん レビューをすべて見る

20年近く前に買ったレコードのCD買い直しです。

2ndになりますが、ベースにペドロ・アズナール(後にパット・メセニーグループに加入)が交代参加したことで遡って名が知れたかも・・
全6曲で58分。(内2曲のボーナストラックはLive形式)
当時聴いた印象はKbトリオため、JAZZアプローチを強目にしたELP3割を基本に、アルゼンチンのフォルクローレ色7割という感じでした。

恐らく誰が聴いても、1曲目(A QUIENES SINO)の派手なジャズロック風味でびっくりすると思います。
冒頭のストリングス・シンセサイザーは<ジェネシス>の『そして3人が残った』の1曲目の雰囲気ですが、すぐにKb奏者が兼任するフルート(全面通して、民族楽器のケーナっぽい音色も想起させます)から、更にストリングス系が暑苦しくかぶってきて、シンフォかな?と思う間もなくELP的なオルガン、バランス的にコンソールのフェーダー上げ上げのカッティングベース。
とにかく、印象を決定付けるのが、この牽引力のあるベース(曲を引っ張るスイスの<サーカス>マルコ・チェルレッティや、<イエス>のクリス・スクワイア・・というよりは<フラッシュ>のレイ・ベネット?)とパトリック・モラーツ張りのベンドアップとモジューレーションホイールを多用するMoog synthesizer(ミニムーグと思います)のリードパート、使用比重の高いアコースティックピアノ(これがバンドのJAZZY感を高めてます)と、曲想が次々変わっていくこの1曲目です。

2曲目は、更に硬質なベースとこれもKb奏者兼任のリードを取るバンドネオン、バックのエレピ、唐突に出てくるストリングス・シンセサイザーのシンフォ感など、益々展開の振り巾が広くなり、南米感溢れるJAZZ風味が増していきます。
後半の手数の多いベースソロも(音数が多くなるほど音色のモコモコ感が・・)これでもか!というくらい入れてきます。

3曲目(ベースはここでフレットレスかなー、エフェクターではなさそうだし)4曲目は楽器含め、民族音楽度が更に増してきています。
1枚全体の印象としては、編成から「似た感じかな〜」と思っていたポーランドの < SBB > からロック・ポップ色を抑えて、曲も細かくスコアリングした様な・・、いやいや < SBB > も大好きですよ。

あとはこういう音楽に必須のしっかりドラムですが、キメのユニゾン、バックでの手数の多い肌理の細かさはバンドに合ってます。

残りのボーナストラックは、ライヴ採りですがスタジオよりもベースが抜きん出ていないので各楽器のバランスがいいかも・・(笑)

クラシック色は皆無に近いので、Kbトリオの <トレース> や <トリアンビラート> よりは <リターントゥフォーエバー> <マハビシュヌオーケストラ> のインストを嗜好する方向けかも知れません。
また、例えが私的偏向すぎて、ますますレヴューの概要がわからなくなった方には申し訳ありません。。

ナイスレビューですね!