プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

フォルムラ・トレ

フォルムラ・トレ

BVCM37587 【2005年発売CD】

廃盤、紙ジャケット仕様、K2 24bitマスタリング、定価2000+税。

評価:30 1件のレビュー

英Vertigo勢に対するイタリアからの回答!?オルガンとファズ・ギターには、ヘヴィさの中にも、西洋音楽史の中心地イタリアならではの気品がありますね。

イタリアン・ロック代表格、メロディアスなボーカルを中心にした普遍的ロックの境地へとシフトして行った71年2nd

現行イタリアン・ポップスの礎を築いたLucio Battistiのバック・バンドとしてその歩みを始め、彼のプロデュースでデビュー。サイケデリックな質感を残したへヴィー・ロック・サウンドを放ち、シンフォニック・ロック、メロディアスなボーカルを中心にした普遍的ロックの境地へとシフトして行ったグループの71年2nd。Lucio Battistiの作曲による本作は、前作の流れを汲んだサイケデリック・ロックを放つ、やはり重厚なギターとオルガンが中心となったアンサンブルながら、練り込まれた甘美なメロディーが描く歌モノとしての魅力が素晴らしく、バンドのへヴィネスとスウィートなボーカルの絡みが絶品のイタリアン・ロックとなっています。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

FORMULA 3 / SOGNANDO E RISOGNANDO の商品詳細へ

FORMULA 3/SOGNANDO E RISOGNANDO

イタリアン・プログレを代表するバンドの一つ、プログレ然とした内容を持つ名作コンセプト・アルバム、72年作

1,390円(税込1,529円)

FORMULA 3 / LA GRANDE CASA の商品詳細へ

FORMULA 3/LA GRANDE CASA

これぞイタリアン・ロック!芳醇な歌心と哀愁に満ちた名作、73年のラストアルバム、泣けます。

1,490円(税込1,639円)

SAGA / SAGA の商品詳細へ

SAGA/SAGA

スウェーデン産、スケールの大きなヘヴィ・プログレ、74年作

2,390円(税込2,629円)

MAXOPHONE / MAXOPHONE (ITALIAN LYRICS VERSION) の商品詳細へ

MAXOPHONE/MAXOPHONE (ITALIAN LYRICS VERSION)

イタリアン・シンフォニック・ロックの金字塔的名作、75年リリース

2,390円(税込2,629円)

YouTube動画

試聴 Click!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • 夢のまた夢

    フォルムラ・トレ

    BVCM37429

    紙ジャケット仕様、K2 24bitマスタリング、定価2100

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    紙ジャケに軽微な圧痕あり

    イタリアン・プログレを代表するバンドの一つ、プログレ然とした内容を持つ名作コンセプト・アルバム、72年作

    いつかのラジオ「プログレ三昧」ではジャケットがひどい言われようでしたね。イタリアン・ロック屈指の名作なのに・・・。是非このジャケに戸惑わずに中身を堪能してほしい!

  • 神秘なる館

    フォルムラ・トレ

    BVCM37430

    廃盤、紙ジャケット仕様、K2 24bitマスタリング、定価2100

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    圧痕あり

    これぞイタリアン・ロック!芳醇な歌心と哀愁に満ちた名作、73年のラストアルバム、泣けます。

    この作品こそイタリアン・ロックを聴いたことがないロック・ファンに聴いてもらいたい一枚!何と言いますか、結局音楽ってこういうことだよなぁ、という素朴で原初的な感動があるんですよね。生涯の一枚です。

  • 神秘なる館

    フォルムラ・トレ

    BVCM37430

    廃盤、紙ジャケット仕様、K2 24bitマスタリング、定価2100

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    これぞイタリアン・ロック!芳醇な歌心と哀愁に満ちた名作、73年のラストアルバム、泣けます。

    この作品こそイタリアン・ロックを聴いたことがないロック・ファンに聴いてもらいたい一枚!何と言いますか、結局音楽ってこういうことだよなぁ、という素朴で原初的な感動があるんですよね。生涯の一枚です。

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:3 ギターとドラムズの二人餅つき状態(0 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

全曲ルチオ・バティスティとモゴールの手によります。発表は71年で、サイケデリックとイタリア歌謡が、交錯しながらひとつのジャンルに育っていった様子がわかると言うものです。無論、フォルムラ・トレのすごさは「リゾングナンド」や「ラ・グランデ・カーサ」なのでありますけれど、初期2枚の重さと押しの強さには捨てがたいものがあります。

何といっても冒頭の11分「ネッスーノ・ネッスーノ」に尽きます。このすさまじく重く太いギター。ボ・ディドリーのように、技巧なんて問題ではなく、凶暴さで勝負です。チコの歌う曲は、たおやかなものであるのに、です。加えてチコの叩く太鼓(これはドラムズと呼びたくありません。)が、イアン・ウォレスのように破壊的。フォルムラ・トレは3人で、ベースを弾く人がいないという恐るべき構成。ベース・パートをギター、ドラムズの巨大な音でカバーするというアイデアで、これはドアーズがやろうとして、根性なくてやれなかったスタイルなのでした。(ドアーズでベースが入っていない曲って、実はまれ)

バティスティが作曲したテーマを演奏してしまったあと、ラディウスとチコの好き放題の弾きまくり(というより、音の塊を叩きつける二人で餅つき状態)になります。トニー・アイオミとヤキ・リーベツァイトが同じバンドにいたらこうなるでしょう。2曲目のオルガンがまた、アードバークみたいな重さ。全然歌謡曲の軽さがないバンドなのでした。

ナイスレビューですね!