プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

ハイウェイ

フリー

UICY9200 【2002年発売CD】

紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック6曲、定価2141。

評価:50 2件のレビュー

70年作4th

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

FREE / TONS OF SOBS の商品詳細へ

FREE/TONS OF SOBS

68年リリース、ブリティッシュ・ロック・シーンに衝撃を与えた、FREEのデビュー・アルバム!

790円(+税)

FREE / FREE の商品詳細へ

FREE/FREE

69年発表の2nd

890円(+税)

FREE / HEARTBREAKER の商品詳細へ

FREE/HEARTBREAKER

アンディ・フレイザーに代わりベースに山内テツ、key奏者としてラビットが加入し制作された73年作

890円(+税)

FREE / FIRE AND WATER の商品詳細へ

FREE/FIRE AND WATER

必殺の名曲「All Right Now」収録、70年リリースの代表作3rd

790円(+税)

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

1. ザ・ハイウェイ・ソング
2. ザ・スティーラー
3. オン・マイ・ウェイ
4. ビー・マイ・フレンド
5. サニー・デイ
6. ライド・オン・ポニー
7. ラヴ・ユー・ソー
8. ボディ
9. スーン・アイ・ウィル・ビー・ゴーン
10. マイ・ブラザー・ジェイク
11. オンリー・マイ・ソウル
12. ライド・オン・ポニー(BBCセッション)
13. ビー・マイ・フレンド(BBCセッション)
14. レイン(オルタナティヴ・ヴァージョン)
15. ザ・スティーラー(シングル・ヴァージョン)

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • トンズ・オブ・ソブズ

    フリー

    UICY6222

    ボーナス・トラック8曲、定価1680

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    圧痕あり

    68年リリース、ブリティッシュ・ロック・シーンに衝撃を与えた、FREEのデビュー・アルバム!

    重く切り込むコゾフのギターに、高らかに響き渡るロジャースのヴォーカル。メンバー全員10代とは思えぬ完成度を誇る、69年の傑作1st。

  • フリー

    フリー

    UICY6223

    評価:50 2件のレビュー

    ボーナス・トラック10曲、定価1680

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    69年発表の2nd

  • フリー

    フリー

    UICY9131

    評価:50 1件のレビュー

    紙ジャケット仕様、リマスター、ボーナス・トラック10曲、定価2141

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    69年発表の2nd

  • ファイアー・アンド・ウォーター

    フリー

    UICY6224

    評価:50 1件のレビュー

    ボーナス・トラック6曲、定価1680

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    必殺の名曲「All Right Now」収録、70年リリースの代表作3rd

    ブルース・ロックをハード化させた一つの完成形と言えますよね。いぶし銀のリズム隊、これでもかと泣きを炸裂させるギタリスト、カリスマ性みなぎるソウルフルなシンガー。これで二十歳そこそこって・・・早熟すぎ!

  • ファイアー・アンド・ウォーター

    フリー

    UICY9132

    評価:50 1件のレビュー

    紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック6曲、定価2141

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    必殺の名曲「All Right Now」収録、70年リリースの代表作3rd

    ブルース・ロックをハード化させた一つの完成形と言えますよね。いぶし銀のリズム隊、これでもかと泣きを炸裂させるギタリスト、カリスマ性みなぎるソウルフルなシンガー。これで二十歳そこそこって・・・早熟すぎ!

  • ハイウェイ

    フリー

    UICY20099

    評価:50 1件のレビュー

    SHM-CD、ボーナス・トラック6曲、定価1800

    帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無

    70年作4th

  • フリー・ライヴ

    フリー

    UICY9201

    評価:50 1件のレビュー

    封筒型紙ジャケット仕様、リマスター、ボーナス・トラック7曲、切手型ステッカー封入、定価2141

    帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無、紙ジャケにスレ・若干折れあり

    71年ライヴ作

  • ハートブレイカー

    フリー

    UICY9203

    評価:50 1件のレビュー

    紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック6曲、定価2141

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    紙ジャケに若干カビあり

    アンディ・フレイザーに代わりベースに山内テツ、key奏者としてラビットが加入し制作された73年作

  • ハートブレイカー

    フリー

    UICY9203

    評価:50 1件のレビュー

    紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック6曲、定価2141

    帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無、紙ジャケに若干圧痕・スレ汚れ・側面部に若干潰れあり

    アンディ・フレイザーに代わりベースに山内テツ、key奏者としてラビットが加入し制作された73年作

  • BEST OF FREE

    FREE

    CD3663(A&M

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    若干折れあり

    全12曲

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 事実上フリーのラスト(5 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

そう多くない彼らの残した作品のうち、活動のピークにあげられるのが「ファイア・アンド・ウォーター」と続く「ハイウェイ」だと思います。事実上ラストアルバム(「ライブ」は解散後の発表、「アット・ラスト」は一時的再結成、「ハートブレーカー」は別バンド)です。

フリーに対する最大の勘違いは、求道的なブルーズ・グループであったとするものです。ポール・ロジャーズとアンディ・フレーザーの音楽的素養は、英米のルーツ音楽全般に及んでいたもっと深いものだと思いますし、彼らの提示した乾いたスタイルは新しいものでありました。この作品にいたってフリーは、ハードロック離れを起こしています。2. The Stealer、6. Ride On A Pony で聞けるのは、最低限のリズムパターンとリフだけで進行させていく曲の流れで、まるでファンクのようです。一方でゴスペル調の曲の比重が増していて、アンディ・フレーザーは、このバンドでの仕事はもう多くないと感じていたでしょうね。…とは言いつつも、「ハイウェイ」までの4作品でフリーが終わったわけではありません。残る三作においてもフリーの進化は続きます。

ナイスレビューですね!

評価:5 円熟の4th(0 拍手)

purebluesさん レビューをすべて見る

タイトルで書いた通り、早くも円熟した4th。まだ20歳そこそこなのに円熟とは...
アコースティック色が強いのが特徴。
ただでさえ「地味」という印象に加えてアコースティックとなると敬遠してしまうかもしれないが、
アルバム全体に漂う哀愁、寂寥感は聞き手の感動を誘い、ロジャースのボーカルもより憂いを帯びて聞こえる。
さらに本作にはフリーを語る上で絶対に落とせない名曲がいくつも入っている。
2、4、6そして9である。
中でも9はあまり語られることがないが、2ndの「Mourning Sad Morning」に並ぶ最高の哀愁バラードである。
ここでもロジャースの歌いまわしが絶品。ぜひ味わってほしい。

ナイスレビューですね!