プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

バーニング・スカイ

バッド・カンパニー

WPCR12545 【2007年発売CD】

紙ジャケット仕様、94年デジタル・リマスター、定価2,190+税。

評価:40 1件のレビュー

77年作4th

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

BAD COMPANY / RUN WITH THE PACK の商品詳細へ

BAD COMPANY/RUN WITH THE PACK

FREE、MOTT THE HOOPLE、KING CRIMSONの元メンバーらによるスーパーグループ、76年作

890円(税込979円)

BAD COMPANY / DESOLATION ANGELS の商品詳細へ

BAD COMPANY/DESOLATION ANGELS

79年作

1,290円(税込1,419円)

BAD COMPANY / ROUGH DIAMONDS の商品詳細へ

BAD COMPANY/ROUGH DIAMONDS

82年作

1,090円(税込1,199円)

EL&P(EMERSON LAKE & PALMER) / WORKS VOLUME 1 の商品詳細へ

EL&P(EMERSON LAKE & PALMER)/WORKS VOLUME 1

メンバーのソロワークをフィーチャーした77年リリース作

790円(税込869円)

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 わたしは死ぬまでバッド・カンパニーに付き合うだろう(2 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

クイーンがいくら親日家だったと言って、わが国の安手の刑事ドラマの主題歌を作曲演奏したり、日本人妻と結婚したりといったことはありません。真に親日家だったのは、バッド・カンパニーのほうです。わたしはガキでして、まだ「キャント・ゲット・イナフ」も知りませんでした、ヘタな日本語で♪よあけぇぇのぅ…と歌う変なバンドがあるぐらいの認識でした。ところで、このバンド、英語上手いよなあ。バッド・カンパニーっていうのか。…アホ丸出しの中学生です。

表紙でポール・ロジャーズが着ている法被は上野あたりで購入したでしょうか。バッド・カンパニーのアルバム1曲目は、ミック・ラルフスが書くのが決まりでしたのに、この盤ではロジャーズの「バーニング・スカイ」です。ラルフスは、モット・ザ・フープルで書き溜めた曲をバッド・カンパニーで焼き直す、という作業でしたから、早くも曲想が枯渇したようです。よって、キメの一発がない盤でもあり、この盤以降彼らの凋落は始まっています。

わたしは、彼ららしくない「パッシング・タイム」が何よりお気に入りです。バッド・カンパニーより、プリティ・シングズに似合うピアノ・ポップなのです。ただ、豪快なバッド節が聴けないのは寂しい。本当に寂しい。ラルフスの書くルーズで、ずるずるしたリズムのブギが聴きてえ。と悶えていると、そのブギ曲「トゥー・バッド」。この曲が一番いいようです。

ナイスレビューですね!