プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

すべての若き野郎ども

モット・ザ・フープル

MHCP1062 【2006年発売CD】

紙ジャケット仕様、ボーナス・トラック7曲、デジタル・リマスター、定価1890。

評価:40 1件のレビュー

デヴィッド・ボウイ提供の代表曲「All The Young Dude(すべての若き野郎ども)」収録の72年作

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

FREE / FREE の商品詳細へ

FREE/FREE

69年発表の2nd

690円(+税)

SOFT MACHINE / THIRD の商品詳細へ

SOFT MACHINE/THIRD

英国ジャズ・ロックの代表作であるとともに、「カンタベリー・ロック」の最重要作とも言える70年作3rd!

290円(+税)

SOFT MACHINE / SEVEN の商品詳細へ

SOFT MACHINE/SEVEN

洗練されたフュージョン的色合いが明確に現れた傑作7th、74年リリース

590円(+税)

SOFT MACHINE / SIX の商品詳細へ

SOFT MACHINE/SIX

元ニュークリアスのカール・ジェンキンスを迎えて制作された73年作、オリジナルは2枚組の大作で、『3rd』にも負けないイマジネーション溢れる傑作

590円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 グラムというよりやさぐれたロックンロール(2 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

わたしはミック・ラルフスが他人と思えないぐらい大好きで、イアン・ハンターが苦手というフープルの聴き手です。ですから、フープルの中でもこの盤に関しては、痛みが伴うという聴き方しかできません。多くのかたがご承知のとおり、フープルはこの盤直前まで空中分裂寸前の状態で、オバランド・ワッツがデイビッド・ボウイに話をつけて曲の提供と制作をお願いしたという経緯があります。わたしには、ハンターがフロントとしての力量不足だったのではないかと思えるんです。

というのは、6.One of the Boys は、「キャント・ゲット・イナフ」の原曲なわけですよ。同じ曲をポール・ロジャーズが歌うと全世界制覇を成し遂げたという事実があるわけですから。ラルフスは、結成時に落下傘のようにして決まったハンターとずっと折り合いが悪くて、自作曲では自分で歌うことが多かったのでした。けして上手い歌い手ではないのに。もしかするとハンターの側が歌いたくなかった事情もあるかも知れません。

彼らのプロフィールを見ていて、ラルフスとハンターは年が9歳も離れていたことに気づきました。ほかのメンバーはラルフスと同世代です。19歳と28歳でしたら、そりゃ感覚が合わないでしょう。ハンターからすれば、ほかのメンバーが子どもに見えていたのでしょうし。ラルフスが歌う8.Ready for Love を聴くと、なにやら可哀そうになってきます。

彼らの代表作であることは確かです。ですが、この盤を彼らの全てと思わないでください。フープルは、ファーストから4作めまでロックンロール・バンドとして優れたものを残していますから。ラルフスのどこが好きなのか、書くスペースがなくなってしまいました。ごめんなさい。

ナイスレビューですね!