プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

ウォーク・オン

ボストン

MVCM427 【94年発売CD】

定価2427+税。

評価:40 1件のレビュー

前作『Third Stage』から8年を経てリリースされた94年4th

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

EL&P(EMERSON LAKE & PALMER) / BRAIN SALAD SURGERY の商品詳細へ

EL&P(EMERSON LAKE & PALMER)/BRAIN SALAD SURGERY

73年5th、70年代英国ロック屈指の名盤であり、それまでの彼らの集大成を最高の形で結実させた一枚!

2,790円(税込3,069円)

THE BAND / MUSIC FROM BIG PINK の商品詳細へ

THE BAND/MUSIC FROM BIG PINK

クラプトンやジョージを虜にしたアメリカン・ロック史上に輝く金字塔、68年1st

990円(税込1,089円)

PINK FLOYD / ECHOES: THE BEST OF の商品詳細へ

PINK FLOYD/ECHOES: THE BEST OF

01年リリースのベスト、全26曲

990円(税込1,089円)

BOSTON / DON'T LOOK BACK の商品詳細へ

BOSTON/DON'T LOOK BACK

前作とともにアメリカン・プログレ・ハードを代表する傑作、78年2nd

590円(税込649円)

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

1. アイ・ニード・ユア・ラヴ
2. サレンダー・トゥ・ミー
3. リヴィン・フォー・ユー
4. ウォーキン・アット・ナイト
5. ウォーク・オン
6. ゲット・オーガナイズド
7. ウォーク・オン(サム・モア)
8. ホワッツ・ユア・ネーム
9. マグダリン
10. ウィ・キャン・メイク・イット

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • コーポレイト・アメリカ

    ボストン

    EICP171

    廃盤希少!定価2520

    帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無

    前作より8年ぶりにリリースされた02年作

    前作より8年ぶりにリリースされた02年作

  • DON'T LOOK BACK

    BOSTON

    EK35050(EPIC

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    ケースツメ跡あり、若干側面部に色褪せあり

    前作とともにアメリカン・プログレ・ハードを代表する傑作、78年2nd

  • WALK ON

    BOSTON

    MCAD10973(MCA

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    前作『Third Stage』から8年を経てリリースされた94年4th

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 惑星着陸事故(1 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

ふだん輸入盤しか買わないことに決めているわたしが、この盤だけは発売当時の日本盤です。ライナーに「94年は、ボストンが最大の事件になるだろう」という趣旨が書いてありまして…正直全く話題にならなかった盤です。巻き返しどころか、ボストンの凋落はここから始まったわけです。評判の良かったボーカリスト、ブラッド・デルプが脱退し、創立メンバーはトム・ショルツ氏ただひとり。しかし、わたしが最も良く聞くボストンがこれです。

宇宙船ボストン号は、スペース・コロニーなのです。おそらく人口100万人をかかえるぐらいの。彼らが出発した理由は、地球の環境汚染が進み居住に耐えなくなったから。次なる移住地を求めて宇宙をさまよっているのがボストン号であります。「ドント・ルック・バック」で一度惑星に着陸したのですが、結局だめだったのでしょうね。「ウォーク・オン」では、小惑星にハードランディングしています。これが、ボストンのカバーから読み取れる情報です。

珍しくブルーズ・ギターから始まる「ウォーク・オン」メドレーの部分…大好きです。ボストン史上で最も手に汗握る展開です。「ゴナ・ヒッチ・ア・ライド」がLP片面続くようなものです。ボーカルが3人いるのも全然気になりません。そして。ショルツ氏がジミ・ヘンドリックスの音楽を目指してバンドを始めたことが、この盤から判明する仕掛けになっています。

ナイスレビューですね!