プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

フリー

フリー

UICY6223

ボーナス・トラック10曲、定価1680。

評価:50 2件のレビュー

69年発表の2nd

69年発表の2ndアルバム。このアルバムはFREEの全てのアルバムの中でも、独特の質感の違いを感じられます。演奏がかなりハッキリと聞こえてくるのです。特にベースのくっきりとした音像とギターのトーンの違いは一目瞭然。Chris Blackwellのプロデュースの手腕の良さが強く感じられます。FREEはブルース的な要素が強いグループだと思われがちですが、実はもっと砕けた分かりやすい音楽をやっており、このアルバムでも一聴してブルース臭さのようなものは強くは感じられなかったりします。この時点でかなり独自性の強い音楽性を持っており、既に収録曲は全てがオリジナル!次作に比べると有名な曲が少ないため地味な印象はあるものの、カッコ良さという意味ではこちらが一枚上手でしょう。弾力性のあるこの素晴らしい演奏は絶対に聴きドコロ。Paulのヴォーカルも時にメタリックにそして柔らかく豊かに響きます。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

FREE / TONS OF SOBS の商品詳細へ

FREE/TONS OF SOBS

68年リリース、ブリティッシュ・ロック・シーンに衝撃を与えた、FREEのデビュー・アルバム!

1090円(+税)

FREE / HIGHWAY の商品詳細へ

FREE/HIGHWAY

70年作4th

890円(+税)

FREE / FIRE AND WATER の商品詳細へ

FREE/FIRE AND WATER

必殺の名曲「All Right Now」収録、70年リリースの代表作3rd

790円(+税)

FREE / FREE LIVE ! の商品詳細へ

FREE/FREE LIVE !

71年ライヴ作

890円(+税)

テーマでカケハす。

レココレ特集『1969年の音楽地図』連動【イギリスのロック/ポップス Vol.2】

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • トンズ・オブ・ソブズ

    フリー

    UICY6222

    ボーナス・トラック8曲、定価1680

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    圧痕あり

    68年リリース、ブリティッシュ・ロック・シーンに衝撃を与えた、FREEのデビュー・アルバム!

    重く切り込むコゾフのギターに、高らかに響き渡るロジャースのヴォーカル。メンバー全員10代とは思えぬ完成度を誇る、69年の傑作1st。

  • トンズ・オブ・ソブズ

    フリー

    UICY9130

    紙ジャケット仕様、リマスター、ボーナス・トラック8曲、定価2141

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    カビあり、シール貼り付けあり

    68年リリース、ブリティッシュ・ロック・シーンに衝撃を与えた、FREEのデビュー・アルバム!

    重く切り込むコゾフのギターに、高らかに響き渡るロジャースのヴォーカル。メンバー全員10代とは思えぬ完成度を誇る、69年の傑作1st。

  • フリー

    フリー

    UICY9131

    評価:50 1件のレビュー

    紙ジャケット仕様、リマスター、ボーナス・トラック10曲、定価2141

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    69年発表の2nd

  • ファイアー・アンド・ウォーター

    フリー

    UICY9132

    評価:50 1件のレビュー

    紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック6曲、定価2141

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    必殺の名曲「All Right Now」収録、70年リリースの代表作3rd

    ブルース・ロックをハード化させた一つの完成形と言えますよね。いぶし銀のリズム隊、これでもかと泣きを炸裂させるギタリスト、カリスマ性みなぎるソウルフルなシンガー。これで二十歳そこそこって・・・早熟すぎ!

  • ファイアー・アンド・ウォーター

    フリー

    UICY6224

    評価:50 1件のレビュー

    ボーナス・トラック6曲、定価1680

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    必殺の名曲「All Right Now」収録、70年リリースの代表作3rd

    ブルース・ロックをハード化させた一つの完成形と言えますよね。いぶし銀のリズム隊、これでもかと泣きを炸裂させるギタリスト、カリスマ性みなぎるソウルフルなシンガー。これで二十歳そこそこって・・・早熟すぎ!

  • ハイウェイ

    フリー

    UICY20099

    評価:50 1件のレビュー

    SHM-CD、ボーナス・トラック6曲、定価1800

    帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無

    70年作4th

  • フリー・ライヴ

    フリー

    UICY9201

    評価:50 1件のレビュー

    封筒型紙ジャケット仕様、リマスター、ボーナス・トラック7曲、切手型ステッカー封入、定価2141

    帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無、紙ジャケにスレ・若干折れあり

    71年ライヴ作

  • ハートブレイカー

    フリー

    UICY9203

    評価:50 1件のレビュー

    紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック6曲、定価2141

    帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無、紙ジャケに若干圧痕・スレ汚れ・側面部に若干潰れあり

    アンディ・フレイザーに代わりベースに山内テツ、key奏者としてラビットが加入し制作された73年作

  • ハートブレイカー

    フリー

    UICY9203

    評価:50 1件のレビュー

    紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック6曲、定価2141

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    紙ジャケに若干カビあり

    アンディ・フレイザーに代わりベースに山内テツ、key奏者としてラビットが加入し制作された73年作

  • BEST OF FREE

    FREE

    CD3663(A&M

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    若干折れあり

    全12曲

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 個人的には最高傑作!の2nd(1 拍手)

purebluesさん レビューをすべて見る

Freeの2nd。彼らの歴史的には、「自らの音楽性を確立したアルバム」という意義が大きいのだが、個人的にはこれが最高傑作である!
とにかく曲がいい!。いきなり,任笋蕕譴襦F辰縫ターソロはコゾフ一世一代の名演だと思う。
変拍子も飛び出す疾走感満載の◆▲灰哨佞肇蹈献磧璽垢粒櫃厩腓いとにかくかっこいいぁ▲悒凜かつソウルフルなΑ△修靴撞磴のブルースバラードとここまで楽曲が粒ぞろいのアルバムは彼らのカタログの中でも随一と思う。
あんまり話題に上らないのが残念...

ナイスレビューですね!

評価:5 音像の魔術師集団(1 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

プールで1,000m泳いで上がってきてからバンドをやるとこうなる、と申しましたら失礼でしょうか。ギターをためる、というのはよくある表現ですが、全部の楽器、ボーカルが「ため」でできているのがフリーです。ちなみにこのアルバムには「フリー・ミー」という曲があります。自分を置いて出て行った女に向けて、なぜ俺を自由にしてくれなかったんだ、と嘆いています。自分から惚れておいて自由にしてくれ、も自分勝手な話ながら、彼らの言う「フリー」が、紐が切れてふらふらしている状態をさすことが判ります。

ポール・コゾフは、ギター・スタイルについて尋ねられて、速く弾くのは他人がやっているから、自分は逆を行ったのだと答えています。彼のギターはもの悲しさ、狂おしさでシカゴ・ブルーズを越えていったのではないでしょうか。クラプトンが泣きのギターと言われますが、わたしに言わせればまだまだ甘い。弾いているときの顔まで含めて泣いているギターと言えば、コゾフです。

アンディ・フレーザーがまた只者ではありません。リズム・キープのほか、オブリガート、リフ、アルペジオと多様な役割をこなしていたベーシストで、フリーを聴いてフリーだと峻別できるのは、むしろフレーザーがいるおかげです。わたしはタコの吸盤のような音だと思っています。スピーカーに耳が吸い寄せられるからです。

彼らはロック・シーンを前進させようとか、メッセージを広めようとかは、露ほども考えていません。ただユーザーをあっと言わせようとは考えていたはずです。オーバーダブほぼなしで、弾きもせず、これだけの密度をつくってしまう音像デザイン力は、恐るべきものです。

ナイスレビューですね!