プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

夢のまた夢

フォルムラ・トレ

K32Y2058

EUROPEAN ROCK COLLECTION、定価3360。

評価:50 1件のレビュー

いつかのラジオ「プログレ三昧」ではジャケットがひどい言われようでしたね。イタリアン・ロック屈指の名作なのに・・・。是非このジャケに戸惑わずに中身を堪能してほしい!

イタリアン・プログレを代表するバンドの一つ、プログレ然とした内容を持つ名作コンセプト・アルバム、72年作

現行イタリアン・ポップスの礎を築いたLucio Battistiのバック・バンドとしてその歩みを始め、彼のプロデュースでデビュー。サイケデリックな質感を残したへヴィー・ロック・サウンドを放ち、シンフォニック・ロック、メロディアスなボーカルを中心にした普遍的ロックの境地へとシフトして行ったグループの72年3rd。Lucio BattistiとMogolからの親離れが伺える本作は楽曲の半分をグループが作曲しており、前作までのサイケデリック・へヴィー・ロックから路線を変え、熱情だけに頼らないキャッチーで精密な音作りを提示しています。インストゥルメンタル・セクションの充実などプログレッシブ・ロック的な旨みにも溢れていますが、元々ポップな感性を持ったバンドであったことを物語るように、普遍的なロックの魅力が引き出された名盤となっています。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

IL VOLO / IL VOLO の商品詳細へ

IL VOLO/IL VOLO

イタリアン・ロック界きってのスーパーグループ、74年1st、歌心溢れるジャズ・ロックの傑作!

1390円(+税)

IL BALLETTO DI BRONZO / YS の商品詳細へ

IL BALLETTO DI BRONZO/YS

アーティスティックかつ緊張感みなぎる72年作2nd、伊へヴィ・シンフォ屈指の名盤!

890円(+税)

IL VOLO / ESSERE O NON ESSERE ? の商品詳細へ

IL VOLO/ESSERE O NON ESSERE ?

元FORMULA TREのメンバーが腕利きセッションマンらと結成したイタリアの名グループ、75年2nd

2390円(+税)

QUELLA VECCHIA LOCANDA / IL TEMPO DELLA GIOIA の商品詳細へ

QUELLA VECCHIA LOCANDA/IL TEMPO DELLA GIOIA

74年作、クラシックの豊かな素養を発揮する美麗ヴァイオリンをフィーチャーした、イタリアン・クラシカル・ロックを代表する傑作!

1490円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

レココレ特集『70年代プログレッシヴ・ロックの叙情性』連動【イタリア編】

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • フォルムラ・トレ

    フォルムラ・トレ

    BVCM37587

    評価:30 1件のレビュー

    廃盤、紙ジャケット仕様、K2 24bitマスタリング、定価2100

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    イタリアン・ロック代表格、メロディアスなボーカルを中心にした普遍的ロックの境地へとシフトして行った71年2nd

    英Vertigo勢に対するイタリアからの回答!?オルガンとファズ・ギターには、ヘヴィさの中にも、西洋音楽史の中心地イタリアならではの気品がありますね。

  • SOGNANDO E RISOGNANDO

    FORMULA 3

    82876544052(BMG

    紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯有

    イタリアン・プログレを代表するバンドの一つ、プログレ然とした内容を持つ名作コンセプト・アルバム、72年作

    いつかのラジオ「プログレ三昧」ではジャケットがひどい言われようでしたね。イタリアン・ロック屈指の名作なのに・・・。是非このジャケに戸惑わずに中身を堪能してほしい!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 ものすごく抽象度合いが高いのに、感じ取れる哀感(0 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

ソロらしいソロを弾くわけでもなく、ひたすら地面をひっかくようなガリガリしたノイズを発していたのが、この時期のアルベルト・ラディウス。彼はジミ・ヘンドリックスの血しぶきをまともに浴びてしまったらしいです。もともとトレは、ヘビーなサイケ路線でしたが、それを洗練させるでもなく、土俗的風土と教会音楽のような神性を力技で合体してしまったのがこの3作めです。

冒頭「ソグナンド・エ・リゾグナンド」の立ち上がりの見事さはオザンナ「パレポリ」と双璧だと思います。そして恐ろしいことにベーシストがいません。誰もベースのパートをカバーしようとしていません。ドラムズだけ、という信じられないパートさえあり、隙間だらけの虚空に響くのがトニー・チッコのはかない声であったりします。この思い切り…これは、勇気がいるでしょう。

この盤のテーマは、空間の支配なんではないでしょうか。クリームが三人でひたすら空間を埋めようとしていたことと対照的に、トレの三人は、音のないところに音像を結ばせようとしているかのようです。ユーザーは、音のないパートの「音」を、深読みさせられるわけです。歌ものにこだわっていないのも、この盤の特徴です。ヘビーなのはバティスティ譲りとしても、これだけ静と動を支配する作は唯一無二です。

ナイスレビューですね!