プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

ダイアモンド・ヘッド

フィル・マンザネラ

VPJ121 【99年発売CD】

直輸入盤(帯・解説付仕様)、ボーナス・トラック1曲、定価2,700+税。

評価:50 1件のレビュー

「ニューウェイブとか言われてもなぁ、俺らもうやってたよ!」って声が聞こえてくる? 持ち前の捻くれポップ感覚が素晴らしい、センス溢れるブリティッシュ・ロックの名作ですよね!

75年の1stソロ、捻くれたポップ感覚がセンス抜群な傑作、ロキシーのメンバー他、J.ウェットン、E.ジョブソン、R.ワイアットなど多数参加!

75年作の1stソロ。巧みなリズム・ギター、メロディアスなソロともセンス抜群なギターは勿論のこと、どの曲もちょっと捻くれたポップなメロディーが素晴らしく、メロディ・メイカーとしても奇才ぶりを発揮しています。ロバート・ワイアット、イーノ、ジョン・ウェットン、ビル・マコーミックなど、豪華ゲスト陣による演奏も聴き所。名作。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

QUIET SUN / MAINSTREAM の商品詳細へ

QUIET SUN/MAINSTREAM

ロキシー・ミュージックのフィル・マンザネラと、ディス・ヒートを結成するドラマー、チャールズ・ヘイワードを中心とするグループ、75年リリースのカンタベリー・ロック名盤!

1,490円(税込1,639円)

801 / LIVE の商品詳細へ

801/LIVE

マンザネラ、イーノを中心として結成されたプロジェクト、76年リリースの名ライヴ作!

1,090円(税込1,199円)

PHIL MANZANERA 801 / LISTEN NOW の商品詳細へ

PHIL MANZANERA 801/LISTEN NOW

ゴドレイ&クレーム、エディ・ジョブソン、ブライアン・イーノなどが参加、77年作

872円(税込959円)

PHIL MANZANERA / LISTEN NOW の商品詳細へ

PHIL MANZANERA/LISTEN NOW

77年作、ゴドレイ&クレーム/エディ・ジョブソン/メル・コリンズらが参加

1,432円(税込1,575円)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

聴いても聴いてもドンドン増殖する、「カンタベリー・ニッチ底なし沼」への素敵な旅路…。

まとめて試聴する

  • KEVIN AYERS JOHN CALE ENO NICO 『JUNE 1 1974』

    ケヴィン・エアーズの呼びかけに応え、英米ロック界指折りの曲者たちが集結した74年の歴史的コンサートを収録

  • KHAN 『SPACE SHANTY』

    Steve Hillage&Dave Stewartを中心とするグループ、71年唯一作、英国らしい叙情性に富んだカンタベリー・ロック名作

  • SOFT HEAP 『SOFT HEAP』

    Elton Dean、Alan Gowen、Hugh Hopper、Pip Pyleというカンタベリーを代表する4人のミュージシャンが結成したグループ、79年作

  • CAROL GRIMES & DELIVERY 『FOOLS MEETING』

    『英国のジャニス』と評される女性シンガーCarol GrimesとPhil Miller、Steve Miller、Pip Pyle、Roy Babbington、Lol Coxhillらカンタベリー名士たちによる幻のグループ、70年作、Richard Sinclairも1曲で参加

  • BEN WATT 『NORTH MARINE DRIVE』

    EVERYTHING BUT THE GIRL結成前の83年ソロ作、70年代のNick Drakeと90年代のBell & Sebastianをつなぐ80年代屈指の名作

  • NEW VIOLIN SUMMIT 『LIVE AT THE BERLIN JAZZ FESTIVAL 1971』

    Jean Luc Ponty、Robert Wyatt、Terje Rypdalなど参加のライヴ、超スリリングなジャズ・ロック!

  • 801 『LIVE』

    マンザネラ、イーノを中心として結成されたプロジェクト、76年リリースの名ライヴ作!

  • ARZACHEL (URIEL) 『ARZACHEL』

    デイヴ・スチュワートとスティーヴ・ヒレッジが在籍したARZACHEL(URIEL)の唯一作、KHAN/EGGファンは必聴のサイケ/アート・ロック逸品!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

もっと見る

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 クリムゾン派もカンタベリー派も同時に満足させるすごい男(1 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

名前からしてラテン系とわかるフィル・マンザネラ(本当はマンザニーラと発音するらしいです。)には、陰気なブルーズ・フレーズが似合いません。まぶしい太陽の下でのリゾート・ミュージックと言ってしまいます。それが、どうしてこうも名曲だらけになるのか。次から次へと名曲しか出てこないので、あっけにとられるレコードです。ロバート・ワイアット、イーノ、ジョン・ウェットンが交代で歌うレコードなんて考えられますか。

それが、このレコードだけのフロックではないのです。「リスン・ナウ」にしても「801」にしても、「Kスコープ」にしても、この頃のマンザネラには神が宿っていたとしか言いようがありません。ギターはとても多彩です。技巧にとらわれず、デザインされた最適な音色を出しています。左手だけで弾いているのか、と思わせる、うにょうにょしたギターなんて、彼しか考えられません。

冒頭の「フロンテラ」「ダイアモンド・ヘッド」を聴いたとき、わたしは自然に泣けてきました。それぐらい強烈な第一印象でした。マンザネラには不思議な才能があって、共演者の明るいところ、最良のところをフォーカスするのです。多くのゲストが参加していて、みなさん嬉々として演奏しています。

ナイスレビューですね!