プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

神秘

ピンク・フロイド

CP325272 【88年発売CD】

希少88年規格、丸角帯仕様(3%税表記)、解説元々なし(対訳・年表付き)、定価3350。

評価:50 1件のレビュー

楽曲構成へのこだわりに目覚めた2nd、68年作

1968年2nd。Syd Barrett脱退〜David Gilmore加入という状況下で制作された本作は、1stのサイケデリック感覚を残しつつプログレッシヴ・ロックへの目覚めも感じさせる内容です。ハイライトは12分近い大作「A Saucerful Of Secrets」。シンセサイザーを始めとする電子音や様々なSEが絡み合うどんよりとしていながらスペイシーな導入部から期待感を煽ります。複雑なサウンド・コラージュの渦から、肉感的なNickMasonのドラムが浮き上がる混沌の中間部、荘厳なオルガンと重々しいコーラスが鳴り響くクライマックスまでPINK FLOYDならではの構築美を感じさせる楽曲。他にもメロトロンが夢うつつな黄昏感を演出する「See-Saw」、盛り上がっていたジャグ・バンドの演奏がブツ切りされた後、虚ろなヴォーカルが締めるSyd Barrett最後の作品「Jugband Blues」など、聴き所は満載です。初期の音楽性への惜別と、新しい可能性への期待を同時に感じ取れるアルバム。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

PINK FLOYD / MEDDLE の商品詳細へ

PINK FLOYD/MEDDLE

71年作、代表曲「ECHOES」「ONE OF THESE DAYS」収録、A面のメロウな小曲群も魅力的な名盤

990円(+税)

PINK FLOYD / PIPER AT THE GATES OF DAWN の商品詳細へ

PINK FLOYD/PIPER AT THE GATES OF DAWN

67年の記念すべきデビュー・アルバム、シド・バレットの才気ほとばしるブリティッシュ・サイケデリック・ロックの大傑作!

4590円(+税)

PINK FLOYD / DARK SIDE OF THE MOON の商品詳細へ

PINK FLOYD/DARK SIDE OF THE MOON

73年発表、ロックの歴史に燦然と輝く世紀の名盤!

1490円(+税)

PINK FLOYD / UMMAGUMMA の商品詳細へ

PINK FLOYD/UMMAGUMMA

張り詰めたテンションが支配する戦慄のライヴサイド&実験精神に溢れた音作りが興味深いスタジオサイドからなる69年作4th

2090円(+税)

テーマでカケハす。

レココレ特集『1968年の音楽地図』連動【イギリスのロック/ポップスVol.1】

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • LONDON 1966/1967

    PINK FLOYD

    SMADVD049(SNAPPER

    デジパック仕様、DVD、NTSC方式、リージョンフリー

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    若干カビあり

    66/67年のライヴ映像やクリップ、インタビュー映像を収録

    1090円

    872円
    (税込959円)

    240円お得!

    CD詳細ページへ

  • エコーズ〜啓示 ベスト・オブ・ピンク・フロイド

    ピンク・フロイド

    TOCP65910/1

    2枚組、24ビット・デジタル・リマスタリング、スリップケース付き仕様(画像はスリップケースです)、定価3495

    帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無、スリップケースにいたみあり

    01年リリースのベスト、全26曲

  • PULSE: IN CONCERT (DVD)

    PINK FLOYD

    7464541719(COLUMBIA

    DVD、デジパック仕様、2枚組、NTSC方式、リージョンフリー

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    若干圧痕あり

    94年ロンドン・アールズコート公演の映像を収録!

  • 百花繚乱~ベスト・オブ・ピンクフロイド~

    ピンク・フロイド

    TOCP71168

    ペーパーケース仕様、デジタル・リマスター、定価2600

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    2011年編集ベスト、全16曲

  • 1st〜2nd期のピンク・フロイドのBBC音源集、全24曲

  • RADIO SESSIONS 1969

    PINK FLOYD

    TOP8(TOP GEAR

    ボーナス・トラックとして、『UMMAGUMMA』のアウトテイク音源「Interstellar Overdrive(13:29)」を収録。全11曲

    デイヴ・ギルモア加入後の4人編成での69年のラジオ放送音源をまとめた編集盤、全10曲

  • 永遠(TOWA)

    ピンク・フロイド

    SICP4440/1

    CD+DVDの2枚組ボックス、CD・DVDは日本プレス、(ボックスハードカバー・ブックレット・ポストカードは直輸入)、NTSC方式、リージョンフリー、帯・解説付・ブックレット付き仕様、定価5500+税

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    1枚は盤に傷あり

    14年リリース、実に20年ぶりとなったオリジナル・アルバム!フィル・マンザネラがプロデュースに参加

    20年ぶりとなった最新作は、故リック・ライトへの追悼作となりました。全編インストながら、時に優しく語りかけるような時に激しく訴えかけるような、説得力に満ちた演奏は変わらずの素晴らしさですね。

  • 永遠(TOWA)

    ピンク・フロイド

    SICP4440/1

    CD+DVDの2枚組ボックス、CD・DVDは日本プレス、(ボックスハードカバー・ブックレット・ポストカードは直輸入)、NTSC方式、リージョンフリー、帯・解説付・ブックレット付き仕様、定価5500+税

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    14年リリース、実に20年ぶりとなったオリジナル・アルバム!フィル・マンザネラがプロデュースに参加

    20年ぶりとなった最新作は、故リック・ライトへの追悼作となりました。全編インストながら、時に優しく語りかけるような時に激しく訴えかけるような、説得力に満ちた演奏は変わらずの素晴らしさですね。

  • 永遠(TOWA)

    ピンク・フロイド

    SICP4444

    ハードカバーブックレット仕様、パッケージは直輸入・CDは日本プレス、16Pフォトブックレット付仕様、定価2400+税

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯に小さいシミ・若干圧痕あり、その他は状態良好です

    14年リリース、実に20年ぶりとなったオリジナル・アルバム!フィル・マンザネラがプロデュースに参加

    20年ぶりとなった最新作は、故リック・ライトへの追悼作となりました。全編インストながら、時に優しく語りかけるような時に激しく訴えかけるような、説得力に満ちた演奏は変わらずの素晴らしさですね。

  • 永遠(TOWA)

    ピンク・フロイド

    SICP4442/3

    評価:30 1件のレビュー

    CD+ブルーレイディスクの2枚組、帯・解説付仕様、「ポスト・カード+24ページハードカバー・ブックレット」付き仕様、定価7020

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    若干カビあり

    14年リリース、実に20年ぶりとなったオリジナル・アルバム!フィル・マンザネラがプロデュースに参加

    20年ぶりとなった最新作は、故リック・ライトへの追悼作となりました。全編インストながら、時に優しく語りかけるような時に激しく訴えかけるような、説得力に満ちた演奏は変わらずの素晴らしさですね。

もっと見る

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 かつてはインドか瞑想とか、おバカなライナーが名物だった(3 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

ピンク・フロイドで最も怖いアルバム…ではないですか。「ソウサーフル・オブ・シークレッツ」のことです。陰鬱な音の洪水のあと、ニック・メイスンの太鼓が彼方から近寄ってくるくだりでは、逃げたくて泣きそうになります。最初に聴いたのが中学生の頃でしたから、トラウマになっています。

彼らは古いブルーズが好きで好きで、でもメジャーどころのファンではなかったらしく、相当マニアックなブルーズメンが好きだったようです。そのブルーズのだらだらしたところを残したまま、デビューするわけですが、リチャード・ライト、メイスンの現代音楽組に牛耳られてしまっているのがこの曲になります。「去年マリエンバートで」という難解なフランス映画の音楽に似ています。

このアルバムで、後日のフロイドの骨格はほぼ出来上がっています。混沌とさせ、ユーザーを不安に突き落とし、最後の大団円で救うパターンです。日本盤のタイトルは「神秘」。でも彼らは神秘主義を標榜したことがありません。むしろ実存主義グループです。フロイドが活動のテーマから、人間はなんで生きるのか、を外したことはないです。

ナイスレビューですね!