プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

哀愁の南十字星

セバスチャン・ハーディー

UICY9468

紙ジャケット仕様、04年24bitデジタル・リマスター、定価2141。

評価:40 1件のレビュー

マリオ・ミーロのこのエモーション溢れるギターを聴くと、オーストラリアの雄大な自然風景がイマジネーション豊かに立ち上ってきますね。さらにそれを優しく支える幻想的なメロトロン・ストリングスがまた絶品〜

オーストラリア産プログレの代表格、75年1st、雄大な自然情景を想起させるスケール感溢れる名作!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

OSANNA / PALEPOLI の商品詳細へ

OSANNA/PALEPOLI

伊ヘヴィ・シンフォニック・ロックを代表する傑作、73年リリース

890円(+税)

MAGMA / LIVE の商品詳細へ

MAGMA/LIVE

全プログレファン必聴と言いたい究極のライヴ・アルバム!75年リリース

1690円(+税)

WISHBONE ASH / ARGUS の商品詳細へ

WISHBONE ASH/ARGUS

これぞ英国ロックという叙情性と哀愁が溢れ出す、72年発表の最高傑作!

790円(+税)

DAVID GILMOUR / ON AN ISLAND の商品詳細へ

DAVID GILMOUR/ON AN ISLAND

22年ぶりの06年ソロ作。叙情的な泣きのギターと繊細なボーカル、深みあるサウンドが素晴らしい、円熟の作品。

1090円(+税)

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

1. グローリーズ・シャル・ビー・リリースト
2. 夜明け
3. ジャーニー・スルー・アワ・ドリームス
4. エヴリシング・イズ・リアル
5. ロザンナ
6. 哀愁の南十字星

YouTube動画

試聴 Click!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • 風の唄(ウィンドチェイス)

    セバスチャン・ハーディー

    MICP10116

    デジタル・リマスター、ボーナス・トラック1曲、再発盤のため解説・帯と背ジャケ・CDの規格番号が異なります、定価2300

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    若干タバコ臭あり、帯にケースツメ跡あり

    オーストラリア産プログレの代表格、傑作1stに劣らぬ76年2nd

    な、な、なんという叙情美。これでもかと切々と紡がれるギターは涙なしでは聴けません。メロトロンもたなびくし、ムーグも高らかにリードを奏でるし、優美なヴォーカル&メロディも最高だし、オーストラリアが誇る至福の名曲。

  • ライヴ・イン・LA

    セバスチャン・ハーディー

    MICP10110

    ボーナス・トラック1曲、背ジャケ・解説の規格番号はMICP1110です、定価2600

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    タバコ臭・折れあり

    再結成後の94年ライヴ、全10曲、99年リリース

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 闇なき哀愁(0 拍手)

purebluesさん レビューをすべて見る

オーストラリア出身プログレバンドの1st。1975年作。

初めてこのアルバムを聞いたとき、なんとなく違和感を感じた。それまで聴いていたクリムゾンやフロイドとは違う何か。その正体がずっとわからなかった。

だが、今ならわかる。このバンドには闇がないのだ。
70年代のプログレバンドには何かしら得体のしれない「闇」があり、それが何とも言えない魅力であった。フロイドやVGGなんてもう真っ暗闇であったわけで、そこから出てくる音楽に夢中になったわけである。

しかしこのバンドときたら、やたらポジティヴなのだ。
泣きのギター、哀愁のメロディ、見事なアンサンブル。それらから感じるのは英国ロックにあった深い森ではなく、広大な砂漠に沈む夕日の美しさであったりする。1曲目のイントロなんて「宮殿か?!」と一瞬色めき立つのだが、数秒で全く違うことに気付く。同じメロトロンなのに...
結局はオーストラリアという彼らの出自が要因なのだと思う。慟哭や血涙ではなく、希望と感動の涙。それもまた、いつのまにか大好きになった。

ナイスレビューですね!