プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

KAWANA

ZAO

FGBG4039AR(MUSEA) 【2001年発売CD】

評価:50 2件のレビュー

マグマの傑作ライヴで最高にスリリングなプレイを聴かせていたVln奏者ディディエ・ロックウッド参加の4作目。セファーのエネルギッシュなサックスに鋭く絡むエレキ・ヴァイオリンがカッコいい!この強度、ブランドXやアレアにも匹敵しますね。

76年リリース、ヴァイオリンとサックスのスリリングな応酬に息つく暇もないフレンチ・ジャズ・ロック史上の傑作!

MAGMAのメンバーであったYochk'o SefferとFrancois Cahenが73年に結成したジャズ・ロックグループの76年4th。前作でバンドとしての個性を手に入れることに成功した彼らですが、本作では超絶ヴァイオリニストDedier Lockwoodが参加し、Yochk'o Sefferとの凄まじいインタープレイを聴かせています。楽曲自体も前作の構築性は影を潜めており、よりメンバーの力量に頼った即興色とソロパート押し出しており、彼らの超絶技巧を余すところなく収録したテクニカル・ジャズ・ロック最高峰の1枚と言えるでしょう。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

FESTA MOBILE / DIARIO DI VIAGGIO DELLA FESTA MOBILE の商品詳細へ

FESTA MOBILE/DIARIO DI VIAGGIO DELLA FESTA MOBILE

IL BARICENTROの前身バンドによる73年唯一作、ピアノをフィーチャーしたイタリアン・ロックとして最高峰の逸品!

990円(税込1,089円)

MEZQUITA / RECUERDOS DE MI TIERRA の商品詳細へ

MEZQUITA/RECUERDOS DE MI TIERRA

79年作、終始畳み掛けるテンション溢れるテクニカル・スパニッシュ・プログレ

2,290円(税込2,519円)

METAMORFOSI / INFERNO の商品詳細へ

METAMORFOSI/INFERNO

イタリアン・キーボード・ロックを代表する名作、72年リリース

2,390円(税込2,629円)

LATTE E MIELE / PAPILLON の商品詳細へ

LATTE E MIELE/PAPILLON

初めてローマ法王の御前で演奏したロック・バンドと言われる、ジェノヴァ出身のキーボード・プログレ・バンド、73年作2nd

2,390円(税込2,629円)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

ヴァイオリン・ロック・セレクション【ユーロ&北南米編】〜気高くも激しい、魅惑の名盤セレクション

まとめて試聴する

幻惑のフレンチ・プログレ入門編

まとめて試聴する

  • ATOLL 『L'ARAIGNEE MAL』

    仏プログレを代表するグループ、仄暗く幻想的な音世界に惹きこまれる大傑作2nd、75年リリース

  • PULSAR 『HALLOWEEN』

    フロイド、クリムゾンからの影響を取り込んだ、アーティスティックなフレンチ・プログレの傑作、77年作

  • GONG 『FLYING TEAPOT』

    「Radio Gnome Invisible」第1弾、3部作中最もトリッピーでブッ飛んだサウンドを聴かせる73年作

  • ALPHA RALPHA 『ALPHA RALPHA』

    タイ・フォンのメンバーがゲスト参加するなど、タイ・フォンの弟分と言えるバンドによる77年作、叙情派シンフォの名作

関連Webマガジン記事

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 うわぁ!(3 拍手)

じゃ、見ろクワイ(笑)さん レビューをすべて見る

MAGMAの歴史的傑作“HAAI LIVE”での勢いそのままのディディエ・ロックウッドのしなやかで艶があり、かつ切り裂くようなヴァイオリンとそれに負けじと古参のメンバーであるヨシコ・セフェルのサックスがインタープレイの応酬に火花を散らすフレンチ・ジャズ・ロックの最高峰であります。

ナイスレビューですね!

評価:5 良子さん、これ買わな…(0 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

なぜか以前ヨシコ・セファーを女性だと思い込んでいたわたしです。マグマの脅迫感はあまりなく、ずっと流れるように進んでいくフュージョン音楽。ところどころで、火を噴くようなソロの応酬やマグマのような暗黒フレーズもあり、手に汗握るとはこのことです。フリーさでは、最終曲「サルート・ロベール!」で、セファーのサクソフォン、フランソワ・カーンのピアノ、ベース、ドラムズが中国の獅子舞のような激しいやり取りを繰り広げます。

しかし、聴きやすいし、退屈しない。ソリストのティディエ・ロックウッドやセファーについて書いてあるレビューが多いですが、カーンのピアノとリズム・セクションががしっと土台を支えているのでダレません。特にベースが好きです、わたしは。ボヨンボヨ〜ンと空気感のあるベースです。

曲では「フリー・フォーク」。ロックウッドの弦が焦げるようなすさまじいソロを聴くことができます。タイトルのKAWANAは、確信的意図という意味だそうな(ライナーによれば)。フレンチ最高峰のインスト・バンドとわたしは思っています。

ナイスレビューですね!