プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

パレポリ

オザンナ

ARC7061(

紙ジャケット仕様、04年デジタル・リマスター、定価2800+税。

評価:50 1件のレビュー

まるで邪教の儀式を覗き見てしまったかのような戦慄が走る、これぞ怪作。狂気と暴力性と崇高さが渦巻く音像には思わず鳥肌が立ってきます。それでもまた、夜な夜な聴きたくなるのは何故なのか...。

イタリアン・ヘヴィ・シンフォニック・ロックを代表する傑作、73年リリース

CITTA FRONTALEを母体に、Danilo RusiciとElio D'annaを中心に結成され、呪術的なサウンドとほの暗い叙情でトップバンドへと登りつめたイタリアのへヴィー・プログレッシブ・ロックグループの73年3rd。彼らの最高傑作として名高い本作は、彼らの個性である呪術的な暗鬱とした音楽性、圧倒的なサイケデリアを描く音像、そして過剰なへヴィネスを内包したギター、サックスが先導するフリー・ジャズ路線のアプローチが高次元で融合したイタリアン・プログレッシブ・ロックを代表する名作であり、おどろおどろしいながらも神秘を感じさせる傑作です。

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

飛び散れ、俺の情熱!唾吐きフルート・ベスト・パフォーマンス選

まとめて試聴する

  • FOCUS 『MOVING WAVES』

    バカテクギター&変てこヨーデル風スキャットが炸裂する怪曲「HOCUS POCUS」収録、71年2nd!

  • GNIDROLOG 『LADY LAKE』

    72年作2nd、VDGGファンなら必聴と言えるダークかつドラマティックな英プログレ名盤

  • DALTON 『RIFLESSIONI: IDEA D'INFINITO』

    最初期にマウロ・パガーニが在籍したことで知られる伊プログレ・バンド、73年デビュー作

  • NU 『CUENTOS DE AYER Y DE HOY』

    ヴァイオリンやフルートをフィーチャーした「スペインのクリムゾン」とも云われるヘヴィ・プログレ・グループ、78年リリースの1st

イタリアらしいダイナミックな名盤が目白押し、FONIT CETRAレーベル!

まとめて試聴する

  • UNO 『UNO』

    オザンナの中心メンバーDanilo RusticiとElio DAnnaがオザンナ分裂期に結成したグループ、74年作

  • CITTA FRONTALE 『EL TOR』

    元OSANNAのメンバーによるグループ、75年作、アコースティックでリリカルな伊プログレの傑作

  • I CALIFFI 『FIORE DI METALLO』

    謎めいたジャケットのイメージとは裏腹にメロディアスなサウンドを聴かせるイタリアン・プログレ逸品、73年作2nd

  • PROCESSION 『FIABA』

    「静」と「動」の対比鮮やかな伊プログレ、74年2nd

【ナポリ出身グループ】太陽が輝く情熱と喧噪の都市ナポリが産んだ熱きグループ達

まとめて試聴する

  • CITTA FRONTALE 『EL TOR』

    元OSANNAのメンバーによるグループ、75年作、アコースティックでリリカルな伊プログレの傑作

  • UNO 『UNO』

    オザンナの中心メンバーDanilo RusticiとElio DAnnaがオザンナ分裂期に結成したグループ、74年作

  • CERVELLO 『MELOS』

    イタリアン・プログレッシヴ・ロックを代表すると言っても過言ではない一枚、妖艶さと退廃感が同居する傑作ヘヴィ・シンフォ

レココレ特集『70年代プログレッシヴ・ロックの叙情性』連動【イタリア編】

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • 50: IL DIETRO DEL MEDITERRANEO

    OSANNA

    DDM2021(MARACASH

    紙ジャケット仕様、CD+DVDの2枚組、DVDには50周年記念のドキュメンタリー映画を収録(PAL方式)

    言わずと知れたイタリアン・ロックを象徴するバンドによる、デビュー50周年記念となる21年作、David Jackson参加

    物悲しいギターのリフレインとリリカルなフルートが紡ぐメランコリックな演奏に、Linoのエモーションを内に秘めたイタリア語ヴォーカルが歌う「静」の展開から一転、ギターがハードに唸りを上げヴォーカルもエネルギッシュに歌い上げる「動」の展開へ。これこれ、これぞOSANNA!

  • 帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    トレーに若干黄ばみあり

    イタリアン・ヘヴィ・シンフォニック・ロックを代表する傑作、73年リリース

    まるで邪教の儀式を覗き見てしまったかのような戦慄が走る、これぞ怪作。狂気と暴力性と崇高さが渦巻く音像には思わず鳥肌が立ってきます。それでもまた、夜な夜な聴きたくなるのは何故なのか...。

  • 人生の風景

    オザンナ

    ARC7062

    紙ジャケット仕様、04年デジタル・リマスター、定価2800+税

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    若干帯中央部分に色褪せあり

    イタリアン・ロック史上の名グループ、英国ロック・ファンにもオススメの74年4thアルバム

    英国ロックからの影響が強く感じられる74年4thアルバム。英語ヴォーカルであるのは勿論、ハード・ロック曲にも歌ものバラードにもブリティッシュナイズな陰影と叙情性が漂います。

  • 盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    UNOとCITTA FRONTALEに分裂したOSANNNAが再結成し、78年にリリースした5th、エモーションと哀愁に満ちたユーロ・ジャズ・ロックの逸品

    問答無用のエネルギーで突き進んだ初期に比べ、より叙情的で深みあるジャズ・ロック・サウンドを聴かせるようになった再結成後の5th。緊張感とロマンティックさのバランスがとにかく絶妙!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 演奏のアヴァンギャル度、カオス度では宮殿を上回るか(7 拍手)

KCさん レビューをすべて見る

クリムゾンの宮殿に通ずる部分もあるイタリアン・ヘヴィ・プログレの代表作です。
オザンナの代表作ともいえる今作は、数多くあるイタリアン・ヘヴィ・プログレの中でも、演奏・完成度・プログレッシブ度・そしてイタリアらしさ、どこをとっても頭一つ抜けていると思います。
この独特のイタリア臭さ・土着的な雰囲気は慣れてくると癖になっちゃいます。

クリムゾンにあるような哀愁はあまり感じられませんが、アヴァンギャルド・エネルギッシュな演奏はクリムゾンにも負けていません。

ヘヴィプログレファンは必聴!

ナイスレビューですね!