プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

熱情(アーダー)

イーソス

TOCP7700

93年規格、伊藤政則コレクション、定価2345。

評価:40 1件のレビュー

KANSASなどのプログレ・ハードとは毛色が異なり、YESやGENESISなどからの影響を下地に湿り気と気品高さを帯びたファンタジックなサウンドを聴かせます。ジャケのイメージ通りの音が広がる米プログレの名作。

アメリカン・シンフォの名盤、76年デビュー作

KANSASに代表される抜けの良いキャッチーなアメリカン・プログレ・ハードとは全く違い、YESやGENESISなどからの影響をベースにし、英国然とした湿り気と気品を持ったファンタジックなサウンドを聴かせるアメリカを代表するシンフォニック・ロックグループの75年デビュー作。どこをとっても英国的なサウンドで統一された作風であり、メロトロンやチェンバリンを駆使した儚げなサウンドとアコースティック・ギターによるGENESISのような御伽噺の世界、そしてバタバタと展開するKING CRIMSONのようなアプローチなど、こだわり抜かれた名盤でしょう。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

CAMEL / NUDE の商品詳細へ

CAMEL/NUDE

81年リリース、小野田少尉の実話を基にしたコンセプト・アルバム

490円(+税)

EAST OF EDEN / MERCATOR PROJECTED の商品詳細へ

EAST OF EDEN/MERCATOR PROJECTED

ヴァイオリニストのデイヴ・アーバス率いる英国ロックの個性派グループ、オリエンタルで怪しげなエッセンスが匂い立つ69年デビュー作!

890円(+税)

IL VOLO / IL VOLO の商品詳細へ

IL VOLO/IL VOLO

イタリアン・ロック界きってのスーパーグループ、74年1st、歌心溢れるジャズ・ロックの傑作!

1790円(+税)

CELESTE / CELESTE の商品詳細へ

CELESTE/CELESTE

76年発表、イタリアン・ロック随一のメロトロン名盤にして素朴な歌心にも溢れる珠玉のイタリアン・シンフォ

2390円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

アメリカン・プログレ名作選

まとめて試聴する

  • KANSAS 『LEFTOVERTURE』

    彼らの出世作と言える76年リリース3rd、キャッチーでスリリングでスケール感溢れるサウンドはこれぞアメリカン・プログレ!

  • HAPPY THE MAN 『CRAFTY HANDS』

    のちにキャメルに参加するkey奏者キット・ワトキンスが在籍した米テクニカル・シンフォ・グループ、78年作2nd

  • YEZDA URFA 『BORIS』

    アメリカ出身、YESの構築美とGENTLE GIANTの偏屈精神を併せ持つ高水準なテクニカル・シンフォニック・ロック、75年の名作

  • CATHEDRAL 『STAINED GLASS STORIES』

    英プログレからの影響を見事に昇華した北米シンフォ・プログレの逸品、78年唯一作

  • FIREBALLETT 『NIGHT ON BALD MOUNTAIN』

    元クリムゾンのイアン・マクドナルドによるプロデュース、メロディアスな米プログレ、75年作

関連Webマガジン記事

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 アメリカのプログレ・バンドのイメージとは異なるサウンド(0 拍手)

yes_90125さん レビューをすべて見る

アメリカのシンフォ・バンドEthosの75年作デビュー・アルバム。
今ではIZZやGLASS HAMMERは好きなバンドだし、そのイメージは薄れつつあるけれど、それまでは「アメリカのプログレ・バンドはテクニカルだけど、力で押し切るタイプのサウンド」というイメージ−簡単に言ってしまえば「プログレ・ハード」ってことなのかな?−があって、あまり聴くことはなかった。
それでも、このアルバムを手に取ったのはきっとジャケット・イメージ。
プログレ・ファンにとっては、ジャケットも含めてトータル・アートだから・・・。

肝心の音については、アコースティック・ギターに導かれて始まる1曲目が、キーボードが入るなりプログレ・モードに突入するので、このバンドもキーボードの人が主導しているようだ。
弾き倒す感じではないけれど、メロトロン、オルガン、ピアノなど音色の異なるキーボードを屈指してバンドの音色を支えている。
4分から8分くらいの曲が並んでおり、ヴォーカルも聴き手を選ばない声質。
とても聴きやすくて、1曲の中で曲調も変わっていくので、もっと長尺でも飽きさせることなく聴かせることが出来たのではないだろうかと思う。
2ndアルバムを聴いていないので何とも言えないが、2枚のアルバムで解散してしまったことは、とても残念な気がする。

ナイスレビューですね!