プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

SURPRISE SURPRISE

TRUCK

GUESS002CD/GUPEN001CD(GUERSSEN

デジタル・リマスター。

評価:30 3件のレビュー

マレーシアのビートルズ!ジャケのレスラーのようなメンバー写真からは想像できない美しく繊細なメロディとハーモニーにびっくり!

マレーシアのビートルズ、スウィートなメロディーの洪水!74年作

マレーシアのグループ、74年リリースの唯一作。ライナーには、ペルーのWe All Togetherに似ていると書いてありますが、確かにその通り。ビートリッシュな美しくリリカルなメロディー、甘美なヴォーカル&ハーモニー、ストリングスが彩るドラマティックなアレンジは、その手のサウンドが好きな方は卒倒ものでしょう。全曲英語。ビートルズの遺伝子を受け継いだ偉大な一枚。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

HUDSON-FORD / NICKELODEON の商品詳細へ

HUDSON-FORD/NICKELODEON

キャッチーなメロディと豊かなアレンジが冴え渡るブリティッシュ・ポップの名作、73年作

2190円(+税)

HUDSON-FORD / WORLDS COLLIDE の商品詳細へ

HUDSON-FORD/WORLDS COLLIDE

75年作3rd、ポップ・ファンの心を鷲づかみにするスウィートでヌケの良い佳曲揃い!

2190円(+税)

RIPAILLE / LA VIEILLE QUE L'ON BRULA の商品詳細へ

RIPAILLE/LA VIEILLE QUE L'ON BRULA

フレンチ・プログレ、古楽からアヴァンギャルドまでを取り入れたオリジナリティ溢れる78年の名作

1290円(+税)

QWAARN / ABERRATIONS の商品詳細へ

QWAARN/ABERRATIONS

ケベック産シンフォ、07年作、泣きのメロディの洪水、これでもかとドラマティックな傑作

2190円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

ビートルズ・スタイルの愛すべきニッチ・ポッパー達!

まとめて試聴する

  • EDWARDS HAND 『EDWARDS HAND』

    George Martinプロデュース、70年作、ドリーミーなメロディと枯れた哀愁溢れるアンサンブルがグッとくる名作

  • HUDSON-FORD 『NICKELODEON』

    キャッチーなメロディと豊かなアレンジが冴え渡るブリティッシュ・ポップの名作、73年作

  • WE ALL TOGETHER 『WE ALL TOGETHER』

    ペルーのビートルズ、英ポップ・ファン/ソフトロック・ファン必聴の72年デビュー作、名作!

  • IRONBRIDGE 『IRONBRIDGE』

    イギリスのビートリッシュなグループ、仏のみで73年にリリースされた幻の唯一作、ジョージやバッドフィンガーのファンは是非

Twitterフォロワーの皆さまと選んだビートルズ・スタイルのグループたち

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:3 ちょっと大人しすぎるかな・・(3 拍手)

Durangoさん レビューをすべて見る

なかなかポップで素敵なメロディを持つ曲が揃っているとは思いますが、最後まで空気感が変わらないせいか一曲一曲の印象はびっくりするほど残りません。こちらとしては単にビートルズっぽい音楽ではなく、民族性を反映した独自のビートルズが聴きたいので、そういう方向を目指してくれたほうがうれしかったわけですが。母国語の曲を何曲か入れて、地元の楽器なんかもあれば使って、もっと猥雑にやってもよろしかった気がします。それでいてメロディはビートルズという。けっこうおもしろくなると思うんですがいかがでしょう。あの辺って案外まじめな人が多いんでしょうか・・? いや、まじめなのは一向に構わないんですが、それで面白みがなくなってしまうのはちょっともったいないなという話です。色々書きましたが、でもまあ悪くはないかなとは思います。

ナイスレビューですね!

評価:3 出だしがゲット・バックみたいだけど、収録時間は「赤の時代」です・・・。(0 拍手)

らざふぉーど博士さん レビューをすべて見る

確かにメロはビートル小僧です。パイロット、コーギスなんかにも近いと思います。でもね、全編に割り込んでくる「ぴよ〜ん」のチープなシンセが曲をブチ壊し(泣)。ピアノだけで十分なのに。
74年作といったって、サイケ風味出すためにこんなプロデュース必要だったの?ストリングスだって明らかに付けたしって感じ。
ニッチとよばれてる大英帝国作品はあくまでも「偉大な先輩への憧れ」があっての結果論的疑似Beatlesだったと信じてます。
コレは違うと思う。

ナイスレビューですね!

評価:3 いい(0 拍手)

2さん レビューをすべて見る

ジャケットと曲のギャップにはかなり笑いました。どの曲もやや粘着質なビートルズという感じでけっこう良いのですが、どこの国の音楽だか全然分からないのと、通して聴くと、表題曲がいちばん面白みに欠けるように感じました。

ナイスレビューですね!