プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

NEW ENGLAND and FRONT PAGE NEWS

WISHBONE ASH

BGOCD405(BGO) 【98年発売CD】

2枚組、デジタル・リマスター。

評価:30 1件のレビュー

76/77年作

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

SILVERHEAD / SILVERHEAD の商品詳細へ

SILVERHEAD/SILVERHEAD

カリスマ性みなぎるヴォーカリスト、マイケル・デ・バレスを中心とする英グラム・バンド、72年デビュー作

1890円(+税)

DAVID GILMOUR / LIVE AT POMPEII(CD) の商品詳細へ

DAVID GILMOUR/LIVE AT POMPEII(CD)

16年の伊ポンペイで行われたコンサートを収録。

1590円(+税)

FOCUS / SHIP OF MEMORIES の商品詳細へ

FOCUS/SHIP OF MEMORIES

76年リリース、アウトテイク集ながらオリジナル・アルバム並みのクオリティを持った好盤!

890円(+税)

TRAFFIC / JOHN BARLEYCORN MUST DIE の商品詳細へ

TRAFFIC/JOHN BARLEYCORN MUST DIE

70年発表、TRAFFIC再結集、グルーヴィーで瀟洒な通算4作目

490円(+税)

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • 光なき世界

    ウィッシュボーン・アッシュ

    UICY9078

    紙ジャケット仕様、定価2141

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    70年発表の記念すべきデビュー作、名曲「Phoenix」収録

    ハードロックの魅力の一つがツイン・リード・ギター。その元祖と言えるのがこちらのグループですね。この曲の後半が凄くって、大嵐がやってきたかのように荒れ狂うドラムに乗って、二人のギタリストがせめぎ合う興奮の展開にもう痺れっぱなし!

  • 光なき世界

    ウィッシュボーン・アッシュ

    UICY20113

    SHM-CD、定価1800

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    70年発表の記念すべきデビュー作、名曲「Phoenix」収録

    ハードロックの魅力の一つがツイン・リード・ギター。その元祖と言えるのがこちらのグループですね。この曲の後半が凄くって、大嵐がやってきたかのように荒れ狂うドラムに乗って、二人のギタリストがせめぎ合う興奮の展開にもう痺れっぱなし!

  • WISHBONE ASH

    WISHBONE ASH

    782167(UNIVERSAL

    紙ジャケット仕様、24bitデジタル・リマスター

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯有

    70年発表の記念すべきデビュー作、名曲「Phoenix」収録

    ハードロックの魅力の一つがツイン・リード・ギター。その元祖と言えるのがこちらのグループですね。この曲の後半が凄くって、大嵐がやってきたかのように荒れ狂うドラムに乗って、二人のギタリストがせめぎ合う興奮の展開にもう痺れっぱなし!

  • 巡礼の旅

    ウィッシュボーン・アッシュ

    UICY20114

    SHM-CD、定価1800

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    若干側面部に色褪せあり

    邦題『巡礼の旅』、精緻なインストが織り成す彼らの71年2ndアルバム、名曲「The Pilgrim」収録

    哀愁あふれ、ハードで、ジャジーで、重層的で、アーティステックで……言葉にしきれません。「百眼の巨人」と並び、英国の幻想の森へと誘う彼らの傑作!

  • 百眼の巨人アーガス

    ウィッシュボーン・アッシュ

    UICY9080

    紙ジャケット仕様、ボーナス・トラック1曲、定価2141

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    盤に研磨跡あり、スレ・圧痕あり

    これぞ英国ロックという叙情性と哀愁が溢れ出す、72年発表の最高傑作!

    ツインリードギターの元祖と言えば・・・このグループですよね。2本のギターが紡ぐ英国的な陰影に包まれたリリカルなフレーズが丁寧に折り重なるように交差して美しいハーモニーを奏でる。英国ロック史上最上の瞬間の一つですね。

  • 帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯に小さいカビあり

    これぞ英国ロックという叙情性と哀愁が溢れ出す、72年発表の最高傑作!

    ツインリードギターの元祖と言えば・・・このグループですよね。2本のギターが紡ぐ英国的な陰影に包まれたリリカルなフレーズが丁寧に折り重なるように交差して美しいハーモニーを奏でる。英国ロック史上最上の瞬間の一つですね。

  • 百眼の巨人アーガス

    ウィッシュボーン・アッシュ

    UICY9080

    紙ジャケット仕様、ボーナス・トラック1曲、定価2141

    帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無、小さいカビあり

    これぞ英国ロックという叙情性と哀愁が溢れ出す、72年発表の最高傑作!

    ツインリードギターの元祖と言えば・・・このグループですよね。2本のギターが紡ぐ英国的な陰影に包まれたリリカルなフレーズが丁寧に折り重なるように交差して美しいハーモニーを奏でる。英国ロック史上最上の瞬間の一つですね。

  • 百眼の巨人アーガス

    ウィッシュボーン・アッシュ

    UICY9080

    紙ジャケット仕様、ボーナス・トラック1曲、定価2141

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    これぞ英国ロックという叙情性と哀愁が溢れ出す、72年発表の最高傑作!

    ツインリードギターの元祖と言えば・・・このグループですよね。2本のギターが紡ぐ英国的な陰影に包まれたリリカルなフレーズが丁寧に折り重なるように交差して美しいハーモニーを奏でる。英国ロック史上最上の瞬間の一つですね。

  • ウィッシュボーン・フォー

    ウィッシュボーン・アッシュ

    UICY9081

    紙ジャケット仕様、ポスター付き仕様、定価2141

    帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無、紙ジャケに若干スレあり

    73年作4th、アートワークはヒプノシス

  • ウィッシュボーン・フォー

    ウィッシュボーン・アッシュ

    UICY9081

    紙ジャケット仕様、ポスター付き仕様、定価2141

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    紙ジャケに若干圧痕あり

    73年作4th、アートワークはヒプノシス

もっと見る

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:3 硬派の「ニュー・イングランド」軟派の「フロント・ページ・ニュース」(2 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

活動拠点を米国に移し、米国ポップス寄りの作品づくりに正直失敗したあと、試行錯誤している2作品です。彼らとしたら苦しい時代だったと思います。でも、アッシュの初期の曲づくりに戻った、というわけではありません。米国での経験は、それなりに活かされていて、腰の強いベースを中心とした粘着力あるリズムや、ギターの乾いた音に特徴ある音づくりです。

「ニュー・イングランド」を聴いていると、本当に彼らの音は若者向けでなく、大人向けだなと思います。1. Mother Of Pearlは、ロキシー・ミュージックにも同名曲があり、コンセプトも同じ最高の女性についての曲だと思います。ロキシーに匹敵する完成度です。それと、曲が終わったあとの静寂から予告なしに立ち上がる3. Runawayの激しさを好んで聴いています。

さて「フロント・ページ・ニュース」。音楽、演奏のクオリティは少しも落ちていません。大したものです。…が、70年代のウエストコースト、AOR路線みたいで「場末」感をぬぐえません。フリートウッド・マックのようなアレンジを施しても、正直裏切られた気持ちがします。引っ込んだギターのアレンジがとてもいいだけに、もっと前に出る骨太のロックをやれなかったのか、と悔やまれます。

ナイスレビューですね!