プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

WARHORSE

WARHORSE

SJPCD034(ANGEL AIR

ボーナス・トラック5曲。

評価:40 1件のレビュー

アシュレイ・ホルトのやや安定感に欠けるが勢いあるシャウト・ヴォーカルが好きなんですよね〜。ブルージーでタメのきいたリズム隊&ギターとそこに絡むクラシカルなハモンドは、これぞVertigoサウンド!グッと来るキーフジャケもたまらん…。

激渋キーフジャケも印象深い、叙情的かつ骨太なブリティッシュ・ハードの名作、Vertigoよりリリースの70年作1st

DEEP PURPLEの初代ベーシスト、ニック・シンパーを中心に結成されたグループ。70年にVertigoレーベルよりリリースされた1st。ブルージーかつ骨太な演奏にクラシカルなハモンド・オルガンが被さるサウンドは完成度抜群。短期間で録音されたことが功を奏してか、演奏もダイナミック。1stアルバムならではの勢いと緊張感がうまく音に表れています。メロディもまた素晴らしく、英国らしい叙情的なメロディーが印象的。ハードに歌い上げるヴォーカルにも胸が熱くなります。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

J.E.T. / FEDE SPERANZA CARITA の商品詳細へ

J.E.T./FEDE SPERANZA CARITA

熱情と哀愁がほとばしる、これぞイタリアン・プログレ!と言える名作、72年作

2390円(+税)

ISOTOPE / ISOTOPE の商品詳細へ

ISOTOPE/ISOTOPE

BRAND XやMAHAVISHNU ORCHESTRAと並びイギリスを代表するジャズ・ロック・グループと評される技巧派バンド、74年デビュー作!

1290円(+税)

YES / TALES FROM TOPOGRAPHIC OCEANS の商品詳細へ

YES/TALES FROM TOPOGRAPHIC OCEANS

通算7作目、スタジオアルバムとしては6作目、壮大なスケールの大作4曲で構成された73年作

1090円(+税)

LE ORME / UOMO DI PEZZA の商品詳細へ

LE ORME/UOMO DI PEZZA

イタリアのELPとも形容されるキーボード・プログレ・トリオ、72年作4th

1290円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

レココレ特集『ブリティッシュ・ハード・ロックの誕生』連動【ビート系】

まとめて試聴する

このアーティストのその他タイトルのCD

  • WARHORSE

    WARHORSE

    REP5195(REPERTOIRE

    紙ジャケット仕様、ボーナス・トラック5曲

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    激渋キーフジャケも印象深い、叙情的かつ骨太なブリティッシュ・ハードの名作、Vertigoよりリリースの70年作1st

    アシュレイ・ホルトのやや安定感に欠けるが勢いあるシャウト・ヴォーカルが好きなんですよね〜。ブルージーでタメのきいたリズム隊&ギターとそこに絡むクラシカルなハモンドは、これぞVertigoサウンド!グッと来るキーフジャケもたまらん…。

  • 盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    ケースツメ跡あり

    激渋キーフジャケも印象深い、叙情的かつ骨太なブリティッシュ・ハードの名作、Vertigoよりリリースの70年作1st

    アシュレイ・ホルトのやや安定感に欠けるが勢いあるシャウト・ヴォーカルが好きなんですよね〜。ブルージーでタメのきいたリズム隊&ギターとそこに絡むクラシカルなハモンドは、これぞVertigoサウンド!グッと来るキーフジャケもたまらん…。

    1090円

    872円
    (税込959円)

    240円お得!

    CD詳細ページへ

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 流麗なハモンドのあるハードロック(0 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

町はずれから響いてくるような教会オルガンに導かれた1. Vulture Blood のイントロからぐぐっと引き込まれ、ボーカルが歌いだした途端、あっ、やっちまったなと思います。典型的なB級の味と言いましょうか。でもここで腰砕けにならず、ぜひ2. No Chance へと進んでください。リー・バン・クリーフの出ている(クリント・イーストウッドと言わないところが意地悪な…)マカロニ・ウエスタンのような、めろめろに劇的な演歌ボーカルに、見るのを忘れていた映画を急に思い出したような切なさにとらわれます。何で出しているのかわからない馬のいななきのような音も効果的です。

ユーライア・ヒープの盛り上げ方にも似ています。同じレーベルでしたんで。その、マカロニ・ウエスタン的と言うか、太陽にほえろ的な展開は、今では誰もやらなくなったもので、逆に新鮮に感じませんか。弘田三枝子の「人形の家」がいまだに愛聴歌であるように。(ん、オレだけか…)そんな爺さん臭い喜び方をせずとも、いなたい新鮮さを感じてくださったらそれでよいです。

A面が終わった5.. Ritual も、ハモンドがジャズっぽく弾き飛ばすカッコいい曲です。このバンドのボーカルは本当に上手いのか下手なのかわかりません。シャウトするとデイビッド・バイロンみたいなんですけどね。

わたしは仕方なくこのCDをディープ・パープルの棚に入れてるんですけど、聴けば聞くほどパープルとは関係なくって、じゃあどこの棚にしまおうかと考えて、結局ディープ・パープル棚に戻す生活を繰り返しています。

ナイスレビューですね!