プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

THREE'S A CROWD

TARNEY SPENCER BAND

TA0007(TONE ARM

ボーナス・トラック2曲収録、デジパック仕様。

評価:50 1件のレビュー

ジョージ・ハリスンとクリス・レインボウがデュオを組んだとしたら?クールさといなたさが滲むセンスは、これぞ英国ニッチ・ポップだなぁ。

78年リリース、都会的なクールさと英国的ないなたさが滲むセンスは、これぞ英国ニッチ・ポップ!

バック・コーラスやプロデュースとしても活躍した英国人デュオ。前作に比べてより洗練度を増した78年作。都会的なクールさの中に滲む英国的な憂いが印象的。流麗なメロディとハーモニーがスッと体全体に心地良く広がります。クールさといなたさが滲むセンスは、これぞ英国ニッチ・ポップ!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

TARNEY & SPENCER / TARNEY AND SPENCER の商品詳細へ

TARNEY & SPENCER/TARNEY AND SPENCER

76年作、英国的なハートウォーミングさと都会的なセンスとが絶妙にバランスした英ポップの名作

2090円(+税)

HUDSON-FORD / NICKELODEON の商品詳細へ

HUDSON-FORD/NICKELODEON

キャッチーなメロディと豊かなアレンジが冴え渡るブリティッシュ・ポップの名作、73年作

2190円(+税)

HUDSON-FORD / FREE SPIRIT の商品詳細へ

HUDSON-FORD/FREE SPIRIT

74年2nd、キャッチーなメロディと豊かなアレンジが冴え渡るブリティッシュ・ポップの名作

2290円(+税)

NUTZ / NUTZ の商品詳細へ

NUTZ/NUTZ

突き抜けるような英ハード・ポップ!74年作1st

2290円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

ELOやQUEENになれなかった愛すべきB級グループたち

まとめて試聴する

  • CAPABILITY BROWN 『VOICE』

    英ロック/プログレ/ポップの魅力がギュウギュウに詰まった美味しすぎる名作!ヒプノシスによるアートワークも印象的な73年作2nd

  • KRAZY KAT 『TROUBLED AIR and CHINA SEAS』

    元CAPABILITY BROWNの主力メンバーによるグループ、ブリティッシュ・ポップの逸品!

  • HUDSON-FORD 『NICKELODEON』

    キャッチーなメロディと豊かなアレンジが冴え渡るブリティッシュ・ポップの名作、73年作

  • TARNEY & SPENCER 『TARNEY AND SPENCER』

    76年作、英国的なハートウォーミングさと都会的なセンスとが絶妙にバランスした英ポップの名作

  • GENTLE GIANT 『FREE HAND』

    クリサリス移籍後の第1弾アルバムで、アメリカでもヒットした75年の代表作7th、複雑怪奇さとキャッチーさを奇跡的なバランスで両立させた大名盤!

  • NUTZ 『NUTZ』

    突き抜けるような英ハード・ポップ!74年作1st

  • QUANTUM JUMP 『QUANTUM JUMP』

    後にプロデューサーとして名を馳せるルパート・ハインがジョン・G・ペリーらと結成したブリティッシュ・ロック・グループ、76年デビュー作

  • NO DICE 『NO DICE』

    ポール・マッカートニー〜ピート・ハムの系譜にあるヴォーカルが素晴らしい英パワー・ポップの好バンド、77年デビュー作

関連Webマガジン記事

  • 大英帝国ニッチ・ポップ特集!

    大英帝国ニッチ・ポップ特集!

    キャッチーなメロディが詰っているのに、レコード屋では長らく床置きの100円コーナーで憂き目に会い続けた愛すべき作品達をピックアップ!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 前作の答えがインナーにあります(笑)。(4 拍手)

らざふぉーど博士さん レビューをすべて見る

このデュオ、オーストラリア出身だったんですな。
前作では知ってるヒト、ほとんどいなかったんですがコッチには随分と多くのヒト達が参加してます。
ストリング・アレンジに Lynton Naiff 、 スペシャル・サンクスには John Perry(同姓異人かもしれませんが)。
バンドの経歴には SHADOWS、 Olivia Newton John、 Chris Squire とかいっぱい。
どおりでリトル・リバー・バンドとは違うし ビー・ジー・ズとも違う。
EAGLES の「オン・ザ・ボーダー」からカントリー色を消してスティリー・ダンのひんやり感をまぶした・・・とでも言うのかなぁ?
AMERICA の傑作「ALIBI」とは正反対のアプローチ、かな?似てると思います。
大英帝国のひねくれ・ポップとは距離感ありそうで、なさそうな真にニッチの絶品。
こういう発掘もできるカケハシ・レコードもホントニッチです(失礼、笑)

ナイスレビューですね!