プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

HIGHAND MIGHTY

URIAH HEEP

ESMCD468(GAS0000468ESM)(CASTLE

デジタル・リマスター、ボーナス・トラック2曲。

評価:40 2件のレビュー

演奏面/作曲面でジョン・ウェットンが大きくクローズアップされた76年作

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

URIAH HEEP / INNOCENT VICTIM の商品詳細へ

URIAH HEEP/INNOCENT VICTIM

77年発表、通算12作目、レゲエまでを採用したバラエティに富んだ作品、ヴォーカルはジョン・ロートン

490円(+税)

URIAH HEEP / CONQUEST の商品詳細へ

URIAH HEEP/CONQUEST

80年リリースの13th

990円(+税)

URIAH HEEP / SALISBURY の商品詳細へ

URIAH HEEP/SALISBURY

71年作2nd

1390円(+税)

URIAH HEEP / LOOK AT YOURSELF の商品詳細へ

URIAH HEEP/LOOK AT YOURSELF

71年リリース、URIAH HEEPといえば「対自核」と云われる程の代表作3rd!

590円(+税)

テーマでカケハす。

英プログレ界の渡り鳥ジョン・ウェットンの参加バンドにフォーカス!

まとめて試聴する

  • MOGUL THRASH 『MOGUL THRASH』

    元コロシアムのギタリスト、J.リザーランドを中心に結成、ジョン・ウェットン在籍のジャズ・ロック・グループ、71年唯一作

  • FAMILY 『FEARLESS』

    愛すべきダミ声ヴォーカル、ロジャー・チャップマンを擁する英ロック・グループ、ジョン・ウェットンが新加入した71年作

  • KING CRIMSON 『RED』

    フリップ、ウェットン、ブルーフォードの三人が尋常ならざる緊張感の中で生み出したクリムゾンを代表する傑作、74年作7th

  • ROXY MUSIC 『VIVA! ROXY MUSIC』

    エディ・ジョブソン&ジョン・ウェットン在籍期の76年ライヴ作

  • U.K. 『DANGER MONEY』

    BILL BRUFORDとALLAN HOLDSWORTHが抜け、新たにザッパバンド出身のドラマーTERRY BOZZIOが加入した79年2nd、前作よりも緊張感が和らぎ、ウェットンの伸びやかなヴォーカルに主軸を置いたメロディアスな作風で聴かせます

  • ASIA 『ASIA』

    英国プログレのトップミュージシャンが集結したスーパーグループによるドラマティック且つポップな名盤、9週にわたり全米1位をキープした82年作1st!

  • ATOLL 『ROCK PUZZLE』

    名実ともにフレンチ・プログレを代表するグループ、キャッチーかつテクニカルなサウンドが魅力の79年作

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • 盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    ケースツメ跡あり

    74年2月米サンディエゴでのライヴ

  • 盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    ケースツメ跡あり、一部に汚れあり

    00年、ロンドン・マーメイド・シアターでのアコースティック・ライヴを収録、全16曲、イアン・アンダーソンがゲスト参加!

  • OUTSIDER

    URIAH HEEP

    FRCD650(FRONTIERS

    デジパック仕様

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    デジパック一部にキズあり

    初期を思わせる原点回帰的作風の14年作!

  • LOOK AT YOURSELF

    URIAH HEEP

    BMGCAT2CD57(BMG

    デジパック仕様、2枚組

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    1枚は盤に若干傷あり、デジパックに若干スレあり(画像のたて線はスキャナーの光によるものです。)

    71年リリース、URIAH HEEPといえば「対自核」と云われる程の代表作3rd!

    ツェッペリン、パープル、サバスは聴いてても、このバンドは聴いてないという方、少なくないかも。そんなあなたにオススメなのが、代表作と云われるこのアルバム。荘厳さドラマチックさにかけては間違いなく英国ハード・ロック最高峰!

  • LOOK AT YOURSELF

    URIAH HEEP

    ESMCD318(CASTLE

    デジタル・リマスター、ボーナス・トラック2曲

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    盤に研磨跡あり、カビあり

    71年リリース、URIAH HEEPといえば「対自核」と云われる程の代表作3rd!

    ツェッペリン、パープル、サバスは聴いてても、このバンドは聴いてないという方、少なくないかも。そんなあなたにオススメなのが、代表作と云われるこのアルバム。荘厳さドラマチックさにかけては間違いなく英国ハード・ロック最高峰!

  • ソールズベリー

    ユーライア・ヒープ

    UICY60145

    ボーナス・トラック7曲、定価1600

    帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無

    71年作2nd

    元GodsのKen Hensleyを中心に結成されたグループが71年にヴァーティゴよりリリースした2nd。ヘヴィなギター・リフとケンのオルガンによる重厚感溢れるサウンドと、後のヘヴィ・メタルへ

  • ソールズベリー

    ユーライア・ヒープ

    VICP61829

    紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック2曲、定価2520

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    解説にカビあり、帯に一部色褪せあり

    71年作2nd

    元GodsのKen Hensleyを中心に結成されたグループが71年にヴァーティゴよりリリースした2nd。ヘヴィなギター・リフとケンのオルガンによる重厚感溢れるサウンドと、後のヘヴィ・メタルへ

  • 悪魔と魔法使い

    ユーライア・ヒープ

    VICP60818

    紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、定価2520

    帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無

    英国オルガン・ハード・ロックの神髄、ドラマティックな構築美が光る72年作

    「英国ハードロック四天王」の中では影が薄いですが…ディープ・パープルと並ぶオルガン・ハードの二大巨頭です。メロディーの完成度を高めた、前作以上の傑作といえばこちら!

  • 悪魔と魔法使い

    ユーライア・ヒープ

    VICP2082

    デジタル・リマスター、定価2039

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    カビあり、ケースツメ跡あり

    英国オルガン・ハード・ロックの神髄、ドラマティックな構築美が光る72年作

    「英国ハードロック四天王」の中では影が薄いですが…ディープ・パープルと並ぶオルガン・ハードの二大巨頭です。メロディーの完成度を高めた、前作以上の傑作といえばこちら!

  • LIVE

    URIAH HEEP

    8227902(MERCURY

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    小さいカビあり

    73年のツアー音源を収録した初のライヴ作、当時の代表曲満載の名ライヴ!全12曲

    73年のツアー音源を収録した初のライヴ作、当時の代表曲満載の名ライヴ!全12曲

もっと見る

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 ヒープの転機(2 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

タイトルになっている High And Mightyは、5. Can't Keep a Good Band Downの中に出てきます。ヒープのよさは、あくまでマイナーで性急な曲であると思うんです。この作品では3曲めまでがそうです。ところが、この時期のヒープは妙にメジャーな(もしくはコミカルな)曲を演奏したがっているようで…。ケン・ヘンズレーのソロ作をお聞きになった方はわかるように、ヒープの曲づくりはヘンズレーのデモによっています。彼は、キーボード以外の楽器も全部できてしまうせいで、他のメンバーの意見が入らずに曲調が偏ってしまうことがあります。ジョン・ウェットンが加入していたこの時期、前作に比べれば整理できているものの、やはり期待する悲壮なハードネスは十分に聞けません。

とは言え、2. Weep in Silence でのボックスのリードギターは聴きどころです。それにウェットンのベースは、くさびを打つように的確で別格だと思わせます。

ナイスレビューですね!

評価:4 ウェットンのヴォーカルが聴ける唯一作!(0 拍手)

プログレ者さん レビューをすべて見る

元キング・クリムゾンのジョン・ウェットンをベースに迎えての2作目で、オープニング・ナンバーでは彼がリード・ヴォーカルまで披露、これがメチャクチャ恰好よい曲で彼のファンは必聴。続くT2「静かなる涙」はミック・ボックスのギターが泣きまくり、バイロンの唄のうまさにため息がでる。ヒープの凄いところはアルバム毎に必ずこのタイプの日本人好みの深い叙情を感じさせる名曲を収録しているところだ。ただ特に旧LPのB面に当たる楽曲の曲調が大人し目でヒープらしくなく損しているが意外とケン・ヘンズレーの本作に対する評価は高い。

ナイスレビューですね!