プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

L'ARAIGNEE MAL

ATOLL

FGBG4012AR(MUSEA

ボーナス・トラック1曲。

評価:45 4件のレビュー

プログレ最盛〜フュージョン/クロスオーヴァーの隆盛という70年代半ばにおいて、フランスならではの耽美性や色彩感を織り交ぜ、芸術的なプログレへと昇華したフレンチ・ロック屈指の名バンドがアトール。その代表作がこちら!

仏プログレを代表するグループ、仄暗く幻想的な音世界に惹きこまれる大傑作2nd、75年リリース

構築的な楽曲アレンジ、美しいコーラス・ワーク、そして華やかな音像で「フランスのYES」などと評されている、フレンチ・シンフォニック・ロックを代表するグループの75年2nd。前作での構築的なサウンドはさらに磨きをかけながら、ギタリストChristian Beya、ヴァイオリンのRichard Aubertの新加入が大きくバンドに影響を与え、YESの構築美やジャズ・ロックアンサンブルに加えてKING CRIMSONの屈折したヘヴィネスまで織り交ぜて聴かせています。多少荒さのあった前作から比べると、フランス産らしい耽美な質感も現れており、まさしく彼らの代表作とするにふさわしい名盤です。デジタル・リマスター、ボーナス・トラック1曲。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

ATOLL / TERTIO の商品詳細へ

ATOLL/TERTIO

フレンチ・プログレを代表するグループ、前2作に比べキャッチーになった楽曲と緻密なバンド・アンサンブルが一体となった77年作3rd、名盤

890円(税込979円)

BANCO / BANCO DEL MUTUO SOCCORSO の商品詳細へ

BANCO/BANCO DEL MUTUO SOCCORSO

PFMと共にイタリアン・ロックを象徴するグループ、記念すべき72年1st

1,690円(税込1,859円)

OSANNA / PALEPOLI の商品詳細へ

OSANNA/PALEPOLI

伊ヘヴィ・シンフォニック・ロックを代表する傑作、73年リリース

1,190円(税込1,309円)

MAXOPHONE / MAXOPHONE (ITALIAN LYRICS VERSION) の商品詳細へ

MAXOPHONE/MAXOPHONE (ITALIAN LYRICS VERSION)

イタリアン・シンフォニック・ロックの金字塔的名作、75年リリース

2,390円(税込2,629円)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

ヴァイオリン・ロック・セレクション【ユーロ&北南米編】〜気高くも激しい、魅惑の名盤セレクション

まとめて試聴する

  • MAURO PAGANI 『MAURO PAGANI』

    P.F.Mで活躍したヴァイオリニスト、79年作1stソロ、地中海音楽×ロックの大傑作!

  • ZAO 『KAWANA』

    76年リリース、ヴァイオリンとサックスのスリリングな応酬に息つく暇もないフレンチ・ジャズ・ロック史上の傑作!

  • NEW VIOLIN SUMMIT 『LIVE AT THE BERLIN JAZZ FESTIVAL 1971』

    Jean Luc Ponty、Robert Wyatt、Terje Rypdalなど参加のライヴ、超スリリングなジャズ・ロック!

  • KANSAS 『KANSAS』

    スケールの大きなキーボードと奔放に弾き倒すヴァイオリン、溌剌とした勢いに満ちた74年デビュー作!

幻惑のフレンチ・プログレ入門編

まとめて試聴する

  • TAI PHONG 『TAI PHONG』

    ベトナム系フランス人兄弟を中心とするフレンチ・プログレの代表的グループ、75年デビュー作

  • PULSAR 『HALLOWEEN』

    フロイド、クリムゾンからの影響を取り込んだ、アーティスティックなフレンチ・プログレの傑作、77年作

  • ZAO 『KAWANA』

    76年リリース、ヴァイオリンとサックスのスリリングな応酬に息つく暇もないフレンチ・ジャズ・ロック史上の傑作!

  • GONG 『FLYING TEAPOT』

    「Radio Gnome Invisible」第1弾、3部作中最もトリッピーでブッ飛んだサウンドを聴かせる73年作

  • ALPHA RALPHA 『ALPHA RALPHA』

    タイ・フォンのメンバーがゲスト参加するなど、タイ・フォンの弟分と言えるバンドによる77年作、叙情派シンフォの名作

レココレ特集『70年代プログレッシヴ・ロックの叙情性』連動【ユーロ各国編】

まとめて試聴する

  • TAI PHONG 『TAI PHONG』

    ベトナム系フランス人兄弟を中心とするフレンチ・プログレの代表的グループ、75年デビュー作

  • PULSAR 『HALLOWEEN』

    フロイド、クリムゾンからの影響を取り込んだ、アーティスティックなフレンチ・プログレの傑作、77年作

  • LOS CANARIOS 『CICLOS』

    74年リリース、ヴィヴァルディ『四季』をモチーフに制作されたスパニッシュ・シンフォの大傑作、鬼才アルフレド・カリオンによるアレンジも特筆!

  • FOCUS 『AT THE RAINBOW』

    73年作、プログレ史上屈指の傑作ライヴ・アルバム!

  • APHRODITE'S CHILD 『666』

    ギリシャを代表する一枚、72年発表の3rd、プログレ史に残る一大コンセプト作!

  • PEKKA POHJOLA 『KEESOJEN LEHTO』

    フィンランド・プログレの名バンドWIGWAMで活躍したベーシスト/マルチ奏者、サリー&マイクのオールドフィールド姉弟と共演した77年作

  • SEBASTIAN HARDIE 『FOUR MOMENTS』

    オーストラリアを代表するプログレ・グループ、邦題「哀愁の南十字星」という邦題が全てを象徴するメロディアスなシンフォ名作、75年デビュー作

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • 帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無

    仏プログレを代表するグループ、仄暗く幻想的な音世界に惹きこまれる大傑作2nd、75年リリース

    プログレ最盛〜フュージョン/クロスオーヴァーの隆盛という70年代半ばにおいて、フランスならではの耽美性や色彩感を織り交ぜ、芸術的なプログレへと昇華したフレンチ・ロック屈指の名バンドがアトール。その代表作がこちら!

  • 帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無、ケースツメ跡あり、若干年代を感じます

    フレンチ・プログレを代表するグループ、前2作に比べキャッチーになった楽曲と緻密なバンド・アンサンブルが一体となった77年作3rd、名盤

    緊張感に満ちた曲進行と耽美なメロディライン、音数多く縦横無尽なギター、エモーショナルかつシアトリカル要素を含んだヴォーカル・・・。YESからの影響を独自に昇華させた、これぞ仏プログレという旨味満載の傑作!!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 ウォーキングの御供に!!(3 拍手)

akagiさん レビューをすべて見る

昔、キングの「ユーロ・ロック・シリーズ」では廃盤で、手に入れることができなかったアルバム。紙ジャケで入手できた。これをヘッドホーンで聴きながら歩くとテンポが速くなる。

ナイスレビューですね!

評価:5 緊張感が素晴しい名盤!!(3 拍手)

appo128さん レビューをすべて見る

当時、リアルタイムには入手できなかった。大学入学後、LPを持っていた友人に出会い、これいいよ!って言われ聴いて痺れたね。ゾクゾクする緊張感がたまらない!

フランス語が持つ言葉の雰囲気も大きく影響するだろうが、「悪魔祓いのフォトグラファー」から始まるコード進行と、ベースのリズム、徐々に高揚していくヴォーカル、ヴァイオリン・・・。最初は少し怖いとさえ思った。曲の構成力も良いが、ギターとヴァイオリンのアンサンブル・センスが絶妙に良い。

ヴォーカルに拘りがある人は、フランス語のロックに無理がある旨、ご了解願いたい。そういう諸々を補って余りあるくらい素晴しいのだから!

ナイスレビューですね!

評価:4 バンドの最高傑作(1 拍手)

じゃ、見ろクワイ(笑)さん レビューをすべて見る

あくのあるヴォーカルとしっかりした各楽器の演奏でかなりの水準にあるシンフォ・ジャズ・ロック。MAHAVISHNU ORCHESTRAの“ONE WORD”からの影響がときおり透けて見えるのが玉に瑕かな。親しみやすいし、プログレッシヴ・ロックファンにとっては王道を行く作品だと思う。

ナイスレビューですね!

評価:5 フランスの傑作アルバム!(0 拍手)

タカオ山田さん レビューをすべて見る

やっぱりMAHAVISHNUとかYESの影響を感じるアルバムですが、フランス人の感性の中で変化させて唯一無二の傑作に仕上がっています。ヴォーカルのフランス語での情熱的な歌唱は好みを分けそうですが、自分にはどストライクでした(笑)

ナイスレビューですね!