プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

SPARTACUS

TRIUMVIRAT

724353516321(EMI) 【2002年発売CD】

デジタル・リマスター、ボーナス・トラック2曲。

評価:45 2件のレビュー

ELPさながらのキーボード・ロックにジャーマン・シンフォの煌びやかさを足すと?壮大かつキャッチーなメロディラインは彼らの作品の中でも秀逸!

「ドイツのELP」の異名を取るグループ、75年作

あまたのEmerson Lake & Palmerフォロワーの中でも、Keith Emersonに強く影響を受けたスタイルで有名であるドイツのシンフォニック・ロックグループの75年作。古代ローマの「スパルタカス」をテーマに掲げたコンセプト・アルバムとなっており、冒頭からEmerson Lake & Palmerの名盤である「Trilogy」のようなキーボードで幕を開け、ハモンド・オルガンアナログ・シンセサイザーを中心にしたキーボード・ロックを展開。彼らのディスコグラフィーの中でも最もドイツのシンフォニック・ロックらしいらしい、スペーシーな広がりが非常に個性的であり、キャッチーにまとめられた彼らの代表作と言える1枚です。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

TRIUMVIRAT / MEDITERRANEAN TALES の商品詳細へ

TRIUMVIRAT/MEDITERRANEAN TALES

「ドイツのEL&P」と異名を取るグループ、72年1st

979円(税込890円)

TRIUMVIRAT / ILLUSIONS ON A DOUBLE DIMPLE の商品詳細へ

TRIUMVIRAT/ILLUSIONS ON A DOUBLE DIMPLE

ドイツのELPとも呼ばれるキーボード・プログレ・グループ、74年に英ハーヴェストよりリリースした2ndアルバム

1,089円(税込990円)

JETHRO TULL / AQUALUNG の商品詳細へ

JETHRO TULL/AQUALUNG

次作「ジェラルドの汚れなき世界」とともにバンドの代表作として名高い71年作4th

649円(税込590円)

J.E.T. / FEDE SPERANZA CARITA の商品詳細へ

J.E.T./FEDE SPERANZA CARITA

熱情と哀愁がほとばしる、これぞイタリアン・プログレ!と言える名作、72年作

2,629円(税込2,390円)

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

1. The Capitol Of Power
2. The School Of Instant Pain
3. The Walls Of Doom
4. The Deadly Dream Of Freedom
5. The Hazy Shades Of Dawn
6. The Burning Sword Of Capua
7. The Sweetest Sound Of Liberty
8. The March To The Eternal City
9. Spartacus
10. The Capitol Of Power (Live In Los Angeles)
11. Showstopper

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

EL&Pが好き? 荘厳且つ豪快な70年代キーボード・プログレ傑作選

まとめて試聴する

  • ATOMIC ROOSTER 『ATOMIC ROOSTER』

    Carl Palmer在籍の英オルガン・ハード・グループ、70年1st

  • REFUGEE 『REFUGEE』

    エマーソンが抜けたNICEに、彼に匹敵する実力者パトリック・モラーツが収まる形で結成されたキーボード・トリオ、74年の唯一作

  • QUATERMASS 『QUATERMASS』

    キーボード・トリオ編成のハード・ロック・グループ、70年作、オルガンの響きがこれぞブリティッシュ!

  • MAINHORSE 『MAINHORSE』

    渡英直後のパトリック・モラーツが結成したキーボード・プログレ・バンド、スリリングかつ技巧的な71年唯一作、名作!

  • FIELDS 『FIELDS』

    71年デビュー作、英国らしい叙情性とジャジー&プログレッシヴなアンサンブルが素晴らしいキーボード・ロックの名作

  • EGG 『EGG』

    Dave Stewart率いる英オルガン・ロック・トリオ、サイケデリックな質感を残す70年デビュー作、変拍子満載のアグレッシヴな演奏が魅力

  • LE ORME 『FELONA E SORONA』

    73年5th、イタリアン・シンフォニック・ロック屈指の名盤!

  • TRIADE 『1998 : LA STORIA DI SABAZIO』

    73年唯一作、激しさと格調高さを兼ね備えた、伊プログレ史上の名作

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • MEDITERRANEAN TALES

    TRIUMVIRAT

    724353516123(EMI

    02年デジタル・リマスター、ボーナストラック4曲入り

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    「ドイツのEL&P」と異名を取るグループ、72年1st

  • ILLUSIONS ON A DOUBLE DIMPLE

    TRIUMVIRAT

    724353516222(EMI

    評価:40 1件のレビュー

    デジタル・リマスター、ボーナス・トラック4曲

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    ドイツのELPとも呼ばれるキーボード・プログレ・グループ、74年に英ハーヴェストよりリリースした2ndアルバム

    「ドイツのEL&P」と異名を取るグループ、74年に英ハーヴェストよりリリースした2nd。前作においてすでに完成されていたユルゲン・フリッツによるkeyは、アグレッシヴな超絶プレイからリ

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 ドイツのEL&Pと言われているのは伊達じゃない(1 拍手)

yes_90125さん レビューをすべて見る

ドイツのEL&P TRIUMVIRATの3rdアルバム。
キーボード・トリオを例える時に、必ずと言ってもいいくらいEL&Pが引き合いに出され、それはそれでとてもわかりやすいのだけれど、「全然、違うじゃん!」ってなることも間々ある。
しかし、TRIUMVIRATに関しては、これ程的確な例えはないのではないだろうか。

今でも覚えているが、学生の頃にNHK-FMのプログレ特集番組(っていうのも、振り返ってみると凄い企画だと思うが・・・)から流れて来たのがTRIUMVIRATだった。
それがどの曲だったか忘れてしまったけれど、輸入レコード店や中古レコード店を巡ってこのアルバムを見つけた時には、それこそレコードが擦切れる程繰り返して聴いていた。

組曲形式の曲はもちろん、2〜3分程度の曲でもEL&Pからの影響は色濃く、EL&Pファンやキーボード・ロック・ファンには是非聴いてみて欲しい。
ヴォーカルにグレッグ・レイクのような色気があれば、さらに本家に近づくことが出来たかもしれないが、それが単なる物真似バンドにならなかった要因なのかもしれない。

ナイスレビューですね!

評価:4 ドイツのELPフォロワー代表の3rd。(0 拍手)

0321PROGさん レビューをすべて見る

75年3rd。
ドイツのキーボードトリオの中では最もELPの影響をそのまま出している
グループの1つとして有名です。
のっけから「Trilogy」期のELPがスペーシーになったようなキーボード
サウンドを聴かせています。
Keith Emersonよりは素直なキーボードロック、変に屈折していないのが
物足りなくもあり魅力でもあります。
古代ローマ帝国を扱ったコンセプト作。

ナイスレビューですね!