プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

STEP AHEAD

STEP AHEAD

FGBG4037AR(MUSEA

ボーナス・トラック5曲。

評価:45 4件のレビュー

キャメルやジェネシス直系のファンタジーとスティックスのような米プログレのハードポップさとが融合したサウンドはメロディの宝庫!

フランス、82年作、ファンタスティックなシンフォ・プログレ

80年にChristian Robinを中心に結成され、YESのJon Andersonを髣髴とさせるハイトーン・ボーカルで明瞭なシンフォニック・ロックを聴かせるフランスのグループの82年唯一作。当時の音楽シーンの流れを汲んだハード・ポップな音楽性でまとめながらも、そのサウンドはポンプ・ロックへと向かっていた当時の潮流に逆行した70年代サウンドで構成されています。メジャーリリースと言うこともあってSTYXのようなアメリカン・プログレハード的な垢抜けたものを目指しつつも、零れ落ちるように、CAMELのマイルドさやSTEVE HACKETTのような叙情的ギターワークなど、70年代のサウンドの名残が感じられる名盤です。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

CODA / SOUNDS OF PASSION の商品詳細へ

CODA/SOUNDS OF PASSION

オランダ産シンフォニック・ロックの大傑作、86年作

2490円(+税)

POLLEN / POLLEN の商品詳細へ

POLLEN/POLLEN

76年リリース、カナダ・ケベックを代表するシンフォニック・ロックの傑作、ジェネシス、イエス、GGを融合させたような作風、とにかく圧倒的な存在感!

1290円(+税)

YES / FRAGILE の商品詳細へ

YES/FRAGILE

代表曲「ラウンドアバウト」「燃える朝焼け」を収録、71年作4th

590円(+税)

NEW TROLLS / ATOMIC SYSTEM の商品詳細へ

NEW TROLLS/ATOMIC SYSTEM

ハードロック寄りの名盤「UT」に続く、重厚なプログレッシヴ・ロック志向の傑作、73年作

1090円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

幻惑のフレンチ・プログレ入門編

まとめて試聴する

  • ATOLL 『L'ARAIGNEE MAL』

    仏プログレを代表するグループ、仄暗くも幻想的なサウンドに惹きこまれる大傑作2nd、75年リリース

  • TAI PHONG 『TAI PHONG』

    ベトナム系フランス人兄弟を中心とするフレンチ・プログレの代表的グループ、75年デビュー作

  • PULSAR 『HALLOWEEN』

    フロイド、クリムゾンからの影響を取り込んだ、アーティスティックなフレンチ・プログレの傑作、77年作

  • ASIA MINOR 『BETWEEN FLESH AND DIVINE』

    トルコ系フランス人のメンバーが結成したシンフォ・グループ、CAMELを想わせるファンタジックかつメランコリックなフレンチ・シンフォの名作、80年作

  • SANDROSE 『SANDROSE』

    フランス、70sユーロ・シンフォニックを代表する傑作、名手J.P.アラルセンのギターが炸裂する73年唯一作

  • MAGMA 『M.D.K』

    唯一無二の「コバイア・サウンド」が確立された73年の大傑作、邦題「呪われし地球人たちへ」

  • ZAO 『KAWANA』

    76年リリース、ヴァイオリンとサックスのスリリングな応酬に息つく暇もないフレンチ・ジャズ・ロック史上の傑作!

  • CARPE DIEM 『CUEILLE LE JOUR』

    フランスらしい耽美な幻想性とクリムゾン的緊張感を融合させた、アーティスティックな76年2nd、名作!

  • ARACHNOID 『ARACHNOID』

    KING CRIMSONフォロワーとして知られるフランスのプログレ・グループ、78年唯一作

  • ALPHA RALPHA 『ALPHA RALPHA』

    タイ・フォンのメンバーがゲスト参加するなど、タイ・フォンの弟分と言えるバンドによる77年作、叙情派シンフォの名作

関連Webマガジン記事

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 再発されてよかった(8 拍手)

0321PROGさん レビューをすべて見る

82年唯一作

しばらく入手困難な状況が続き、プレミアが付いていた
ので、再発してくれてよかったです。
フランスのYES系グループの代表選手の唯一作。
やはりJon Andersonのようなハイトーンボーカルが耳に
残ります。
サウンド的にも明瞭なシンフォニックサウンドで、やはり
YES風ですが、あまりクセがないのはフランスの特徴でしょう。

すでに周りのプログレグループにポンプ系の波が
押し寄せてきていた時期、ここまで70年代的な
プログレ像にこだわった音作りは評価されるべきだと思います。


ナイスレビューですね!

評価:5 心温まる、フレンチ・シンフォ屈指の1枚!!(2 拍手)

MKさん レビューをすべて見る

まるで、セバスチャン・ハーディーのマリオ・ミーロのようなギター、英語で歌われる優美なメロディー、メンバーの演奏力や美しいジャケット・・・。
どれを取っても一流です。

イエスやキャメルのファンには特にオススメ!!

ナイスレビューですね!

評価:4 やっぱり(2 拍手)

普段はメタルさん レビューをすべて見る

YES と誰もが言うとおりの音。が、スクワイヤ的BASSランニングがあまり見受けられず、そこが残念。
テクニカルの嵐では無いが、POMP系感触も相まって、全体に優しさを感じます。
イアンアンダーソンより聞きやすい声だと思いますが、どうですか?

ナイスレビューですね!

評価:5 大昔、国内盤LPが○○で出た時、貪るように聴き入りましたな。(0 拍手)

らざふぉーど博士さん レビューをすべて見る

だいたい、おフランスはどうも苦手です。
シンフォはシアトリカルで何いってんだか判らんし、ジャズはポンティ以外は暗いし。
HELDON、GWENDALなんかは好きになりましたが MAGMA はだめだった・・・。
ピエール・モエランズ・GONG はMIKE OLDFIELD 絡みで別モノだから。(ファンの方、失礼)

コレが出た時「ATOLLより上じゃん!」とホント思いましたね。(ほんとファンのかた失礼)
抜けがイイし、明るいし、たいしたことやってないけどイイ意味で聴きやすい。
売り方考えればASIAと変わらないよ。フランス臭ないところが最大の魅力です。
ALAN LOO も同様。ほんとーにフレンチファンのかた、ごめん。(笑)

ナイスレビューですね!