プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

THE BAND

THE BAND

724352538928(CAPITOL

デジタル・リマスター、ボーナス・トラック7曲。

評価:50 1件のレビュー

69年2nd、完璧なグルーヴ、芳醇すぎるメロディ、旨み溢れるアンサンブル・・・ロック史上に輝くTHE BAND渾身の傑作!

アメリカン・ロックを代表する名グループ。傑作デビュー作に続き、69年にリリースされた2nd。「地下室のような」音をめざした1stに対し、本作のサウンド・コンセプトは、「木の温もりのある、ズシンとくる音」。まさに言い得て妙。数十年という時を刻んだ木だけが出せる芳醇な温もりを見事に感じさせてくれます。相変わらずの深みのあるアンサンブル、完璧なグルーヴ、奇跡的なメロディ。THE BAND渾身の傑作。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

THE BAND / NORTHERN LIGHTS - SOUTHERN CROSS の商品詳細へ

THE BAND/NORTHERN LIGHTS - SOUTHERN CROSS

後期ザ・バンドを代表する75年作、名盤

590円(+税)

THE BAND / STAGE FRIGHT の商品詳細へ

THE BAND/STAGE FRIGHT

トッド・ラングレンがレコーディングとミックスを担当した70年作

590円(+税)

CREAM / DISRAELI GEARS の商品詳細へ

CREAM/DISRAELI GEARS

ブリティッシュ・ハード・ロックの原型を築いた歴史的名盤、代表曲「SUNSHINE OF YOUR LOVE」収録、67年作2nd

590円(+税)

CDビニールカバー / 紙ジャケット用(シングルジャケットサイズ) 100枚 の商品詳細へ

CDビニールカバー/紙ジャケット用(シングルジャケットサイズ) 100枚

シングル仕様の紙ジャケットにピッタリサイズ

750円(+税)

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

1. Across The Great Divide
2. Rag Mama Rag
3. The Night They Drove Old Dixie Down
4. When You Awake
5. Up On Cripple Creek
6. Whispering Pines
7. Jemima Surrender
8. Rockin' Chair
9. Look Out Cleveland
10. Jawbone
11. The Unfaithful Servant
12. King Harvest (Has Surely Come)
13. Get Up Jake (Outtake-Stereo Remix)
14. Rag Mama Rag (Alternate Vocal Take-Rough Mix)
15. The Night They Drove Old Dixie Down (Alternate Mix)
16. Up On Cripple Creek (Alternate Take)
17. Whispering Pines (Alternate Take)
18. Jemima Surrender (Alternate Take)
19. King Harvest (Has Surely Come) (Alternate Performance)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

ウッドストック人脈〜米グッド・ミュージックを愛する男たち

まとめて試聴する

  • HAPPY & ARTIE TRAUM 『DOUBLE BACK』

    60年代にはディランと活動を共にしたこともあった兄弟フォーキー・デュオ、71年作2nd

  • JOHN SIMON 『JOHN SIMON'S ALBUM』

    ザ・バンドの1stと2ndを手がけた名プロデューサーによる70年ソロ作、レオン・ラッセル、リック・ダンコ、ジム・ゴードンらLAやウッドストックの名うてのセッションマンがサポート。

  • MUD ACRES 『MUSIC AMONG FRIENDS』

    72年リリース、ハッピー&アーティ/マリア・マルダー/エリック・カズ/キース&ルーニー/ジョン・ヘラルドらウッドストック人脈による気ままなセッション作、バーズ『ロデオの恋人』や細野晴臣『HOSONO HOUSE』のファンは是非!

  • JOHN HERALD 『JOHN HERALD』

    ブラックホーク99選、ウッドストック系SSW不朽の名作、73年リリース

  • GEOFF MULDAUR & AMOS GARRETT 『GEOFF MULDAUR AND AMOS GARRETT』

    グッド・タイム・アメリカン・ルーツの先駆者コンビによる、78年リリース必聴盤!

レココレ特集『1969年の音楽地図』連動【アメリカのロック/ポップス Vol.2】

まとめて試聴する

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • THE BAND

    THE BAND

    AFZ032(EMI

    廃盤、ゴールドCD、HDCD、デジタル・リマスター、スリップケース付き

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    スリップケースに圧痕あり

    69年2nd、完璧なグルーヴ、芳醇すぎるメロディ、旨み溢れるアンサンブル・・・ロック史上に輝くTHE BAND渾身の傑作!

    アメリカン・ロックを代表する名グループ。傑作デビュー作に続き、69年にリリースされた2nd。「地下室のような」音をめざした1stに対し、本作のサウンド・コンセプトは、「木の温もりの

    2590円

    2072円
    (税込2279円)

    570円お得!

    CD詳細ページへ

  • STAGE FRIGHT

    THE BAND

    724352539529(CAPITOL

    評価:50 1件のレビュー

    デジタル・リマスター、ボーナス・トラック4曲

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    トッド・ラングレンがレコーディングとミックスを担当した70年作

  • 南十字星

    ザ・バンド

    TOCP65583

    デジタル・リマスター、ボーナス・トラック2曲、定価2548

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    タバコ臭あり

    後期ザ・バンドを代表する75年作、名盤

  • 南十字星

    ザ・バンド

    TOCP50844

    紙ジャケット仕様、デジタル・リマスター、定価2548

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    一部に若干カビあり

    後期ザ・バンドを代表する75年作、名盤

  • 南十字星

    ザ・バンド

    TOCP67398

    紙ジャケット仕様、24ビットデジタル・リマスター、ボーナス・トラック2曲、定価2600

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    若干帯中央部分に色褪せあり

    後期ザ・バンドを代表する75年作、名盤

  • ラスト・ワルツ(CD)

    ザ・バンド

    55XD930/1

    希少88年規格、セパレート2枚組、定価5500

    帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無、小さな破れあり

    76年11月25日、THE BAND最後の舞踏会…

    990円

    792円
    (税込871円)

    218円お得!

    CD詳細ページへ

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 ブラスもバイオリンもメンバーが弾いています(0 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

わたしは農家ではなく、仕事の合間に農作業をしています。5月と言えば一年で最も畑仕事をする時期で、先日10時まで仕事をして、土曜日の朝7時には畑に出ているという暮らしを続けていると、おのずと聴く音楽が絞られてきます。まず西海岸やブリティッシュ・ハードには手が伸びません。この盤の疲労感は疲れた体に染み入ってくるようです。常温のいい地酒をやりながら聴きたい音楽です。(わたしはふだん飲みませんけれど。)

「アポン・ザ・クリプル・クリーク」のヘルムの刻み方を聴いていて、サイモン・カークとそっくりなタイム感であることに気づきました。道理で疲れるわけだ。少しニュー・オリンズのリズムに近い叩き方に感じます。60年代の流行り音楽に耳もくれず、ルーツ音楽を手本に彼らは独自の音を編み出しました。セカンド作の頃の公演ポスターには「カントリー・ロック」と書かれています。しかし、スコティッシュ・アイリッシュのカントリーではなく、アフリカ系の40年代フォークの音なのだろうと思います。ボブ・ディランがそうですから。

ザ・バンドで唯一のフリー・ハンド演奏家であるのがガース・ハドスン。彼だけはどんな旋律を弾いたってかまいません。メンバーの音楽師範なのですから。ハドスンの鍵盤オブリガードは、ボーカルを追う聴き方をしていると、ほとんど気づきません。バンドがルーツ音楽をやっているのに、ハドスンだけは未来から来たような旋律を弾いていて、それでいてバンドの方向を決めているのです。ぜひ一度ハドスンのオルガンだけを追う聴き方をしてみてください。

ナイスレビューですね!