プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

STILL LIFE

STILL LIFE

REP5100(REPERTOIRE

紙ジャケット仕様。

評価:45 2件のレビュー

お花を全面にあしらった可憐なアートワークかと思いきや・・・ジャケを開くとしゃれこうべが登場してゾクッとする、という趣向。さすがはvertigo、何かと一筋縄ではまいりません。同レーベルのハモンド御三家に数えられる名盤ですね〜

70年発表、クラシカルかつ陰影に富んだ英国オルガン・ロック、名作!

VERTIGOレーベル発のプログレッシブ・ロックを代表するグループの71年唯一作。メンバー編成すらクレジットされていないため長らく謎に包まれていたグループですが、その内容はCRESSIDAなどと並ぶ英国ロックの代表作であり、イギリスらしい重厚な質感を持ったブリティッシュ・ロックという趣です。ブルージーでハードに盛り上げながらもジェントリーな響きを持ったバンド・アンサンブルは英国然とした湿り気と翳りを内包させており、ギターやフルートの彩りを交えながらもそのバンド・アンサンブルを引っ張るのはアグレッシブに弾き倒しを見せつつ懐の深いプレイを聴かせるハモンド・オルガン。英国の芳醇な香りを放つ名盤です。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

CRESSIDA / ASYLUM の商品詳細へ

CRESSIDA/ASYLUM

71年にVertigoレーベルよりリリースされた2nd、英オルガン・プログレの大傑作!

632円(+税)

KHAN / SPACE SHANTY の商品詳細へ

KHAN/SPACE SHANTY

Steve Hillage&Dave Stewartを中心とするグループ、71年唯一作、英国らしい叙情性に富んだカンタベリー・ロック名作

1790円(+税)

CLEAR BLUE SKY / CLEAR BLUE SKY の商品詳細へ

CLEAR BLUE SKY/CLEAR BLUE SKY

ジャケットはロジャー・ディーン、VERTIGOからリリースされた70年作、ユニークな曲進行が耳に残る個性派ブルーズ・ハード

1890円(+税)

GRACIOUS / GRACIOUS の商品詳細へ

GRACIOUS/GRACIOUS

70年にVERTIGOレーベルよりリリースされた1stアルバム、ピアノ/オルガン/メロトロン/ハープシコードを用いた絢爛なキーボードワークが冴えるクラシカル・ロック名盤!

690円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

【レーベル選:VERTIGO】英国ロックの深みにハマってみませんか?

まとめて試聴する

  • AFFINITY 『AFFINITY』

    VERTIGOレーベルよりデビューした英オルガン・ロックを代表するグループ、70年唯一作

  • CRESSIDA 『ASYLUM』

    71年にVertigoレーベルよりリリースされた2nd、英オルガン・プログレの大傑作!

  • PATTO 『HOLD YOUR FIRE』

    71年にVertigoレーベルよりリリースされた2nd、ユーモラスなジャケットはロジャー・ディーン作

  • CLEAR BLUE SKY 『CLEAR BLUE SKY』

    ジャケットはロジャー・ディーン、VERTIGOからリリースされた70年作、ユニークな曲進行が耳に残る個性派ブルーズ・ハード

  • COLOSSEUM 『VALENTYNE SUITE』

    69年発表、英ジャズ・ロックのみならず、60年代英国ロックとしても屈指の傑作!

  • NUCLEUS(IAN CARR NUCLEUS) 『ELASTIC ROCK』

    英ジャズ・ロック屈指の傑作、70年1st

  • GENTLE GIANT 『OCTOPUS』

    5大プログレを凌駕する演奏テクニックと多彩なアイディア・作曲能力で人気を得た英プログレ・バンド、初期の代表作と云われる傑作4th!

  • GRACIOUS 『GRACIOUS』

    70年にVERTIGOレーベルよりリリースされた1stアルバム、ピアノ/オルガン/メロトロン/ハープシコードを用いた絢爛なキーボードワークが冴えるクラシカル・ロック名盤!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • STILL LIFE

    STILL LIFE

    AK237(AKARMA

    評価:50 1件のレビュー

    プラケース仕様

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    70年発表、クラシカルかつ陰影に富んだ英国オルガン・ロック、名作!

    お花を全面にあしらった可憐なアートワークかと思いきや・・・ジャケを開くとしゃれこうべが登場してゾクッとする、という趣向。さすがはvertigo、何かと一筋縄ではまいりません。同レーベルのハモンド御三家に数えられる名盤ですね〜

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 異端のブリティッシュロック(5 拍手)

Durangoさん レビューをすべて見る

ヴォーカルがピーター・ハミルの声質に似ていることからVDGGの変名バンドではないかと噂されたらしい本作。ある程度VDGGを聴いてきた人間からしたら、似てねぇよと突っ込みたくなるところではありますが、こと音楽性に関してはあながちそうとも言えません。
正統ブリティッシュロックの流れを汲んでいるのは確かなのですが、ハモンドが派手に鳴り響くわりに同系他作品に多く見られるような哀愁とかメランコリーとかというよりは、闇の中からギラリと目を光らせてこちらを見据えているかのようなおっかなさが先立っている点が何より異端的だし、VDGGとの共通項とも言えるでしょう。
VDGGは言わずもがな孤高の音楽性を持つバンドですが、ブリティッシュロックの観点からそれを読み解くとすれば、このバンドがその重要な手掛かりとなりうるのではないでしょうか。

ナイスレビューですね!

評価:5 謎だらけだった名盤(0 拍手)

purebluesさん レビューをすべて見る

イギリスのプログレッシヴロックバンドの唯一作。1971年リリース。
英ヴァーティゴレーベルのカタログ中、最も謎の多い1枚とされてきた名盤。なにせメンバーの名前すら記載がないのである。様々な憶測が飛んだが、ヴォーカルの声質から「ヴァン・ダー・グラーフ・ジェネレイターの変名バンドか」とされたのもそのひとつ。
2002年になり、当時のドラマーがネット上でメンバー名を公開したことでようやく素性が明らかになった。
「逸話は有名だが内容は、、、」というのはこの手の作品にありがちなのだが、これは正真正銘の名盤である。
憂いのあるハモンドオルガンが鳴り響き、エモーショナルなヴォーカルがダークな哀愁のメロディを歌い上げる正調ブリティッシュ・ロック。特に1曲目は名曲である。同じハモンドでも同レーベルのアフィニティーのようなジャジーな音とはかなり趣が異なる。ハモンド好きは必聴。

ナイスレビューですね!