プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

PLEASE DON'T TOUCH

STEVE HACKETT

CDSCD4012(VIRGIN

評価:50 2件のレビュー

英国的気品に満ち満ちたギターワーク+アメリカンな溌剌としたヴォーカル=この曲!→

ポップになった78年2ndソロ、カンサスのスティーヴ・ウォルシュがヴォーカルを取る一曲目「NARNIA」が出色!

言わずと知れたジェネシスの全盛期を支えたギタリスト。ジェネシス脱退後の78年にリリースされた2ndソロ。カンサスのヴォーカル、スティーヴ・ウォルシュが参加した楽曲がとにかく圧巻!英国の叙情と米国の突き抜けるエネルギーとが融合したサウンドは、ドラマティック&ダイナミック!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

STEVE HACKETT / DEFECTOR の商品詳細へ

STEVE HACKETT/DEFECTOR

80年作

990円(+税)

STEVE HACKETT / VOYAGE OF THE ACOLYTE の商品詳細へ

STEVE HACKETT/VOYAGE OF THE ACOLYTE

ジェネシス在籍中にリリースされた75年1stソロ、初期ジェネシスの幻想的なパートだけを抽出したような珠玉のシンフォニック・ロック名作

1190円(+税)

GOBLIN / ZOMBI の商品詳細へ

GOBLIN/ZOMBI

名匠ダリオ・アルジェント監督による同名映画のサントラ盤、78年作

890円(+税)

STEVE HACKETT / DARKTOWN の商品詳細へ

STEVE HACKETT/DARKTOWN

ハケット本来のエモーショナルで叙情的な作風とデジタルかつ硬質なゴシック調が一体となった99年の意欲作

790円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • エリック・サティの風景

    スティーヴ・ハケット

    IECP10111

    廃盤、紙ジャケット仕様、定価2625

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    紙ジャケに小さい圧痕あり

    弟のジョン・ハケット(フルート)との共演、エリック・サティ曲集、00年リリース

  • ライヴ・レコーディングス 70'S 80'S

    スティーヴ・ハケット

    VICP61608/9

    2枚組、ボーナス・トラック3曲、定価3780

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    若干折れあり

    70〜80年代の未発表ライヴ音源、全27曲

  • 盤質: | 未開封

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団と共演した05年作、GENESISナンバー/ソロナンバーのほか、ヴィヴァルディ、サティ、エンニオ・モリコーネなどを演奏

  • ジェネシス・リヴィジテッドII

    スティーヴ・ハケット

    IECP20218/9

    紙ジャケット仕様、2枚組、K2HD HQCDフォーマット採用、デジタル・リマスター、定価4410

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    カビあり

    GENESIS楽曲のリメイク作第2弾、ガブリエル/コリンズのヴォーカルを見事に再現するNAD SYLVANが圧巻!12年リリース

    来日公演での感動をもう一度味わいたい?ならもうこの作品。ヴォーカルまでもオリジナルに忠実なGENESISナンバーの数々に心ふるえること間違いなし!

  • ウルフライト〜月下の群狼

    スティーヴ・ハケット

    VTCD4315

    紙ジャケット仕様、SHM-CD、ボーナストラック3曲、定価2600+税

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    ピック付き、紙ジャケに若干圧痕あり

    15年作

    ご存じ元ジェネシスの名ギタリストによる15年作。円熟のサウンドと思いきや、タイトルナンバーは尖りまくりヘヴィ・プログレで、いつもながら流石です!

  • ヴォヤージ・オブ・ジ・アカライト

    スティーヴ・ハケット

    VJCP68773

    紙ジャケット仕様、05年デジタル・リマスター、ボーナス・トラック2曲、定価2600

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    ジェネシス在籍中にリリースされた75年1stソロ、初期ジェネシスの幻想的なパートだけを抽出したような珠玉のシンフォニック・ロック名作

    あの大作『幻惑のブロードウェイ』と同時期にこんなリリカルすぎる名作ソロを出していたとは。フレーズとメロディが溢れんばかりだったんでしょうね。

  • ヴォヤージ・オブ・ジ・アカライト

    スティーヴ・ハケット

    VJCP68773

    紙ジャケット仕様、05年デジタル・リマスター、ボーナス・トラック2曲、定価2600

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    ジェネシス在籍中にリリースされた75年1stソロ、初期ジェネシスの幻想的なパートだけを抽出したような珠玉のシンフォニック・ロック名作

    あの大作『幻惑のブロードウェイ』と同時期にこんなリリカルすぎる名作ソロを出していたとは。フレーズとメロディが溢れんばかりだったんでしょうね。

  • ディフェクター

    スティーヴ・ハケット

    UICY25540

    評価:50 1件のレビュー

    SHM-CD、ボーナス・トラック5曲、定価1714+税

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯にケースツメ跡あり

    80年作

    元GENESISのギタリスト。80年にCHARISMAレーベルよりリリースされた4thソロ。前作の延長線上にあるメロウでプログレッシヴなサウンドですが、キーボードの比重が増し、プログレッシヴな

  • 盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    ブラジリアン・テイスト香る84年作

    直後のGTRの話題のおかげで影の薄い作品ですが、サウンドの方はラテン音楽のリズムを大胆に取り入れた個性際立つ一枚!ハケットのギターとラテンのリズムって意外とマッチしてるんですよね〜!→

  • FEEDBACK 86

    STEVE HACKETT

    CAMCD21(CAMINO

    スリップケース付き

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    若干経年変化があります、ケースツメ跡あり

    ブライアン・メイとの共演曲を含む、当時お蔵入りとなった86年録音作

もっと見る

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 無邪気で残酷(1 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

「セリング・イングランド・バイ・ザ・パウンド」「トリック・オブ・ザ・テイル」と続いたジェネシスの絶頂期。「静寂の嵐」を最後にそのジェネシスを飛び出したスティーブ・ハケット。脱退後初のソロで、ジェネシスに対する「自分こそジェネシス音世界のオリジン」という気負いが美しい力作です。ハケットの世界は、非常にマザーグースに近いと思います。無邪気でありながら残酷、叙情的ながらヘビー、という相反する要素を内包しています。よく考えると初期ジェネシスの特徴のひとつでもありますね。

彼の人徳で、ゲスト・プレイヤーに恵まれています。特にボーカリストを見つけてくるのがハケットはうまいですね。この作品の半分はアメリカで録音されていたため、カンザスのスティーブ・ウォルシュを電話で勧誘したようです。そりゃ、ウォルシュは断れないでしょう。彼の嬉々とした歌声はカンザス以上に素晴らしいかもしれません。

Narniaから、明るくスピーディでポップな曲が続きます。しかし、この作品の白眉はPlease Dont Touch以降の、ほぼ切れ目ないヘビーな展開でしょう。本家がかすむような不気味で美しい世界は、すでに本家には望めなくなっていたものです。

ナイスレビューですね!

評価:5 後半(B面)の素晴らしさ(0 拍手)

purebluesさん レビューをすべて見る

元ジェネシスのギタリスト、スティーヴ・ハケットのソロ2nd。1978発表。
よくスティーヴ・ウォルシュが参加した1曲目「Narnia」や、ランディ・クロフォード、リッチー・ヘヴンスなどの豪華なゲストヴォーカリスト参加から「歌ものアルバム」として紹介されるが、それだけが魅力ではない。
後半(旧B面)が絶品なのだ。
名曲「Hoping Love Will Last」からフィナーレの「Icarus Ascending」まで切れ目なく展開する、まさに「Please Don’t Touch」組曲ともいえる劇的・感動的な世界であり、これこそがハケットの真骨頂なのだと思う。
ジェネシスでも本当はこういうことがやりたかったんだろうなぁ。

ナイスレビューですね!