プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

LO IMPREDECIBLE

SEMANFORASH

CSM215(ORFEON

紙ジャケット仕様、ボーナス・トラック4曲。

評価:45 2件のレビュー

え?これメキシコ産!?ジミ・ヘンがブルースではなくジャズの方向に進んでいたら? PENTANGLEにジミ・ヘンがゲスト参加したら?そんなことを想起させるジャズ・ロックの名作っ!

メキシコ出身、テクニカルなギタリストをフィーチャーしたプログレッシヴ・ジャズ・ロック、78年作

メキシコ出身、プログレッシヴなジャズ・ロック・グループ。78年作。手数多くシャープでアグレッシヴなドラム、激しく動き回るダブル・ベース、流れるような早弾きをクリーン・トーンで軽やかにきめるテクニック抜群なギターによるトリオ編成。ハードさはないものの、根っこにはロックやブルースのエッセンスが確かに感じられます。ジミ・ヘンがブルースではなくジャズの方向に進んでいたら、PENTANGLEにジミ・ヘンがゲスト参加したら、そんなことを想起させるサウンド。オリジナリティ溢れる好グループ。良いアルバムです。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

MUSICA URBANA / MUSICA URBANA の商品詳細へ

MUSICA URBANA/MUSICA URBANA

現代のスペインを代表する音楽家Joan Albert Amargosが結成したチェンバー・ロック・グループ、76年の名作1st

2190円(+税)

RODOLFO MEDEROS Y GENERACION CERO / DE TODAS MANERAS の商品詳細へ

RODOLFO MEDEROS Y GENERACION CERO/DE TODAS MANERAS

ハットフィールドやソフト・マシーンがタンゴをやったとしたら?バンドネオンをフィーチャーした南米ジャズ・ロックの名作!

2190円(+税)

SOFT MACHINE / SOFTS の商品詳細へ

SOFT MACHINE/SOFTS

ホールズワースに代わり名手ジョン・エサリッジが加入した76年作、ギター入りソフツ第2弾!

590円(+税)

BARCELONA TRACTION / BARCELONA TRACTION の商品詳細へ

BARCELONA TRACTION/BARCELONA TRACTION

[カケレコ国内盤リリース中] バルセロナ出身、エレピが優美なメロディを奏でるジャズ・ロック/クロスオーバーの逸品、75年発表

2990円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 単なる珍盤にとどまらない“プログレッシヴ・ジャズ”の好盤(7 拍手)

kobakunさん レビューをすべて見る

買おうか買うまいかずっと悩んでいましたが、リスナーの方のレビューに背中を押されて購入。正解でした!フォーマットは完全にジャズだと思いますが、オリジナリティ溢れるサウンドはロックを志向したものといえ、ジャズ・ロック期のパット・マルティーノか、「クロッシングス」の頃のスティーヴ・カーンといった感じで、かなりカッコイイです。メキシコ産ながらメンバーはかなりのテクニシャンぞろいで、早弾きできめまくるギターはサスティンのないホールズワースか、歪んでいないコリエルみたいな所もあります。
特筆すべきはドラム。デニス・チェンバースかフリオ・キリコかといった手数の多さで、プログレ・ファンも満足させること間違いなし。惜しむらくは曲調の変化に乏しいため、やや印象が薄い点でしょう。それでもプログレを一通り経験し、ジャズに手を伸ばし始めたような大人のリスナーにはピッタリのプログレッシヴ・ジャズです。ぜひ!

ナイスレビューですね!

評価:5 おい!三人でほんとにやってるんか!うそだろ!と思いました(驚愕)。(2 拍手)

らざふぉーど博士さん レビューをすべて見る

私はジャズ・ロックに精通しとるわけではございませんが、これはスゴイと言い切ります。
70年代でメキシコ産?つい「かねたかかおる、世界の旅」を満喫する(古いなぁ)感覚でオーダーしたんですが。
カリフォルニア・ギター・トリオなんてかすんでしまう傑作です!
アコーステイックってこのヒト達のためにあるんじゃないかな!エレG、B、Drなんだけど音の隙間が無い!Gtr、確かに上手すぎるんだけど、もっとスゴイのは隙間を埋め尽くすB!さらに「飛び跳ねるような」Drなんだな。特にDrは John G. Perryの「 Sunset Wading」の名曲「How Goes The Night」での Michael Giles みたいでカッコよすぎる!
いままで聴いたことがなかった領域で、かなり興奮しました。
メンバーのジャケ写だと、せいぜいカレッジ・フォークの域なんですがね(笑)。外見で判断しちゃだめだな、と唸ってしまいました。
ジャズといった範疇でかたずけちゃダメ、完全なプログレです!Keyで隙間埋め尽くすシンフォに辟易されてるリスナー諸兄、是非ともご賞味ください!プログレ度、保障します(笑)。
おっと、しっとり聴かせる曲もしっかりやってます。トータル70分強の超お買い得です!

それにしてもよくもまあ、こんなすごいの見つけるよな。カケハシ探検隊もスゴイ!

ナイスレビューですね!