プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

A SONG FOR ALL SEASONS

RENAISSANCE

WOU6049(WOUNDED BIRD

評価:45 2件のレビュー

ポップかつメロディアスな作風の78年作、名盤

YARD BIRDSのKeith Relf、Jim McCartyを中心に結成されるも、2枚のアルバムを残し解散したイギリスのグループ。72年にソプラノ・ボーカルAnnie Haslamを擁し新体制で活動を再開、ロック・フォーク・クラシックが交差する幻想的な楽曲は今なお色褪せることはありません。本作は78年にリリースされた7thであり、前作同様にオーケストラを取り入れたシンフォニック・ロックを披露。アコースティックな味わいとAnnie Haslamのソプラノボーカルが彩るトラッディーな味わいは相変わらず心地良く響いており、明るくきらびやかな作風となっています。音楽的にはやや意図的なポップ・センスが感じられており、バンドで重要な位置を占めるキーボードはシンセサイザーなどエレクトリックな方向性が見え始めるなど、時代の流れと共に変化する彼らの姿が見受けられます。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

RENAISSANCE / NOVELLA の商品詳細へ

RENAISSANCE/NOVELLA

77年作、邦題「お伽噺」

3190円(+税)

RENAISSANCE / AZURE D'OR の商品詳細へ

RENAISSANCE/AZURE D'OR

黄金期の流麗なクラシカル・タッチはそのままに、よりポップな感性が磨かれた79年作

1290円(+税)

RENAISSANCE / SCHEHERAZADE AND OTHER STORIES の商品詳細へ

RENAISSANCE/SCHEHERAZADE AND OTHER STORIES

フルオーケストラを動員したクラシカル・シンフォニック・ロックの最高峰!75年作4th

1790円(+税)

RENAISSANCE / ASHES ARE BURNING の商品詳細へ

RENAISSANCE/ASHES ARE BURNING

73年リリースの2nd、牧歌的な伸びやかさと英国的な麗しき叙情美、そしてロックの躍動感が一体となったシンフォニック・ロックの決定盤!

1890円(+税)

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

1. Opening Out
2. Day Of The Dreamer
3. Closer Than Yesterday
4. Kindness (At The End)
5. Back Home Once Again
6. She Is Love
7. Northern Lights
8. A Song For All Seasons

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • DAY OF THE DREAMER

    RENAISSANCE

    CRESTCD053ZUK/CRESTCD053EXPORT(MOONCREST

    盤質: | 未開封

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    70年代中〜後期ライヴ音源集、全9曲

  • 帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無、カビ・ケースツメ跡あり

    85年フィラデルフィアでのアンプラグド・ライヴ、全12曲

  • 2011ライヴ・イン・コンサート

    ルネッサンス

    DVW085

    デジパック仕様、2CD+DVDの3枚組、定価7350

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯有

    全盛期の2作品「運命のカード」「シェエラザード夜話」を完全再現した2011年米公演を収録!

  • RENAISSANCE

    RENAISSANCE

    LICD900421O(LINE

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    側面部に若干色褪せあり、トレーに若干黄ばみあり

    元YARDBIRDSのKeith RelfとJim McCartyが結成したオリジナル・ルネッサンスによる69年作1st

    クラシカルで躍動感に溢れたピアノ、荘厳なコーラス・ワークをフィーチャーしたサウンドは大変幻想的。

  • PROLOGUE

    RENAISSANCE

    ECLEC2644(ESOTERIC

    18年リイシュー、デジパック仕様、リマスター、ボーナストラック1曲

    72年リリース、第二期ルネッサンスのデビュー作、ロック/フォーク/クラシックが交差する幻想的な名作

    クラシックとロックが交差した気品溢れるアンサンブルに、Annie Haslamの伸びやかなスキャットが映える…!新生RENAISSANCEの記念すべき第一作目!

  • プロローグ

    ルネッサンス

    TOCP65592

    紙ジャケット仕様、定価2548

    帯【有】 解説【無】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    解説無、紙ジャケ内側に若干カビあり

    72年リリース、第二期ルネッサンスのデビュー作、ロック/フォーク/クラシックが交差する幻想的な名作

    クラシックとロックが交差した気品溢れるアンサンブルに、Annie Haslamの伸びやかなスキャットが映える…!新生RENAISSANCEの記念すべき第一作目!

  • プロローグ

    ルネッサンス

    TOCP65592

    紙ジャケット仕様、定価2548

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    72年リリース、第二期ルネッサンスのデビュー作、ロック/フォーク/クラシックが交差する幻想的な名作

    クラシックとロックが交差した気品溢れるアンサンブルに、Annie Haslamの伸びやかなスキャットが映える…!新生RENAISSANCEの記念すべき第一作目!

  • PROLOGUE

    RENAISSANCE

    ECLEC2644(ESOTERIC

    18年リイシュー、デジパック仕様、リマスター、ボーナストラック1曲

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    72年リリース、第二期ルネッサンスのデビュー作、ロック/フォーク/クラシックが交差する幻想的な名作

    クラシックとロックが交差した気品溢れるアンサンブルに、Annie Haslamの伸びやかなスキャットが映える…!新生RENAISSANCEの記念すべき第一作目!

  • 盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    72年リリース、第二期ルネッサンスのデビュー作、ロック/フォーク/クラシックが交差する幻想的な名作

    クラシックとロックが交差した気品溢れるアンサンブルに、Annie Haslamの伸びやかなスキャットが映える…!新生RENAISSANCEの記念すべき第一作目!

    890円

    712円
    (税込783円)

    196円お得!

    CD詳細ページへ

  • 盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    72年リリース、第二期ルネッサンスのデビュー作、ロック/フォーク/クラシックが交差する幻想的な名作

    クラシックとロックが交差した気品溢れるアンサンブルに、Annie Haslamの伸びやかなスキャットが映える…!新生RENAISSANCEの記念すべき第一作目!

    790円

    632円
    (税込695円)

    174円お得!

    CD詳細ページへ

もっと見る

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 ポップ化の片鱗(のマイナス面)が見え始めるも力作(4 拍手)

あんちょびさん レビューをすべて見る

傑作「お伽噺」発表後の1978年発表作品で、邦題は「四季」。前作までの大作路線から一転して、楽曲のコンパクト化が図られている。今回もオーケストラを用いているが、妙に安っぽい音作りで少し変だ。なんか一昔前の歌謡番組みたいな感じで少し困惑してしまった。(これがアルバム製作当時の”流行りの音”だったのだろうか?)今までのアルバムの音とは明らかに違う。しかし、それでも尚アニーの素晴らしい歌声・楽曲自体の質は健在だから恐れ入る。「シェエラザード夜話や御伽噺は疲れる…」という人にはオススメ。この作品以降はポップ化が進み、ルネッサンスも迷走を始めてしまう。

ナイスレビューですね!

評価:5 最高傑作は本作(2 拍手)

waterbearerさん レビューをすべて見る

ルイス・クラーク指揮のRoyal Philharmonic Orchestraを贅沢にフィーチャーした本作。「四季」をテーマとし、コンパクトかつ分かりやすく練り上げた楽曲群は明るさを伴ってより洗練されたものとなる。「Back Home Once Again」は1977年に英国のTVドラマシリーズ「The Paper Lads」の主題歌。「She Is Love」はJohn CampのVoだが、ボーイソプラノ風の声質。個人的にはモネの睡蓮を観ているかのような夢心地な一曲で気に入っている。元々アニーが歌う予定の楽曲だったが、車の移動に疲れて声が出なくなってしまった彼女の代わりに3オクターブ低くアレンジをし直してJohnに歌わせたそうだ。そして最大の聴き所はオーケストラではなくKeyを大々的にフィーチャーした「Northern Lights」。UKヒットチャート最高10位。1978年7月15日以来11週に渡りチャートイン。メロディメーカーのトップ30シングル1978年9月19日に第7位となる。壮大な雰囲気はそのままで洗練度を増した本作はアニーの美声も脂が乗り切ってまさに最高傑作といえる。

ナイスレビューですね!