プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

TURN OF THE CARDS

RENAISSANCE

REP4491WY(REPERTOIRE) 【94年発売CD】

評価:40 1件のレビュー

前作「燃ゆる灰」で作り上げた優美なシンフォニック・サウンドにさらに磨きをかけた74年作!ロック、フォーク、クラシックがスケールいっぱいに交差する壮大かつ幻想的な音世界!

前作「燃ゆる灰」で作り上げた優美なシンフォニック・サウンドに磨きをかけた、74年作3rd!

YARDBIRDSのKeith Relf、Jim McCartyを中心に結成されるも、2枚のアルバムを残し解散したイギリスのグループ。72年にソプラノ・ボーカルAnnie Haslamを擁し新体制で活動を再開、ロック・フォーク・クラシックが交差する幻想的な楽曲は今なお色褪せることはありません。本作は74年にリリースされた3rd。前作「燃ゆる灰」で作り上げた優美なシンフォニック・サウンドにさらに磨きをかけ、また、バンドのプロダクションに大いに貢献してきたMichael Dunfordがついに正式加入。「アルビノーニのアダージョ」を取り上げた「冷たい世界」や前作には無かったスケール感を持つ「母なるロシア」などを収録し、バンドは一気にその人気を不動のものとします。

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

1. Running Hard
2. I Think Of You
3. Things I Don't Understand
4. Black Flame
5. Cold Is Being
6. Mother Russia

YouTube動画

試聴 Click!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • DAY OF THE DREAMER

    RENAISSANCE

    CRESTCD053ZUK/CRESTCD053EXPORT(MOONCREST

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    70年代中〜後期ライヴ音源集、全9曲

    790円

    632円
    (税込695円)

    174円お得!

    CD詳細ページへ

  • 盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    85年フィラデルフィアでのアンプラグド・ライヴ、全12曲

    890円

    712円
    (税込783円)

    196円お得!

    CD詳細ページへ

  • ミスティック・アンド・ザ・ミューズ

    ルネッサンス

    BELLE101738

    来日記念3曲入りEP、定価1500+税

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    2010年リリースEP

  • PROLOGUE

    RENAISSANCE

    ECLEC2644(ESOTERIC

    デジパック仕様、18年リイシュー、リマスター、ボーナストラック1曲

    72年リリース、第二期ルネッサンスのデビュー作、ロック/フォーク/クラシックが交差する幻想的な名作

    YARD BIRDSのKeith Relf、Jim McCartyを中心に結成されるも、2枚のアルバムを残し解散したイギリスのグループ。72年にソプラノ・ボーカルAnnie Haslamを擁し新体制で活動を再開、ロック ... 続き

  • プロローグ

    ルネッサンス

    TOCP7368

    定価2345

    帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無、若干黄ばみあり

    72年リリース、第二期ルネッサンスのデビュー作、ロック/フォーク/クラシックが交差する幻想的な名作

    YARD BIRDSのKeith Relf、Jim McCartyを中心に結成されるも、2枚のアルバムを残し解散したイギリスのグループ。72年にソプラノ・ボーカルAnnie Haslamを擁し新体制で活動を再開、ロック

  • 盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    72年リリース、第二期ルネッサンスのデビュー作、ロック/フォーク/クラシックが交差する幻想的な名作

    YARD BIRDSのKeith Relf、Jim McCartyを中心に結成されるも、2枚のアルバムを残し解散したイギリスのグループ。72年にソプラノ・ボーカルAnnie Haslamを擁し新体制で活動を再開、ロック

  • ASHES ARE BURNING

    RENAISSANCE

    ECLEC2646(ESOTERIC

    19年リイシュー、デジパック仕様、デジタル・リマスター、ボーナストラック3曲

    73年リリースの2nd、牧歌的な伸びやかさと英国的な麗しき叙情美、そしてロックの躍動感が一体となったシンフォニック・ロックの決定盤!

    YARD BIRDSのKeith Relf、Jim McCartyを中心に結成されるも、2枚のアルバムを残し解散したイギリスのグループ。72年にソプラノ・ボーカルAnnie Haslamを擁し新体制で活動を再開、ロック ... 続き

  • 燃ゆる灰

    ルネッサンス

    TOCP3423

    定価1699+税

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    カビあり

    73年リリースの2nd、牧歌的な伸びやかさと英国的な麗しき叙情美、そしてロックの躍動感が一体となったシンフォニック・ロックの決定盤!

    YARD BIRDSのKeith Relf、Jim McCartyを中心に結成されるも、2枚のアルバムを残し解散したイギリスのグループ。72年にソプラノ・ボーカルAnnie Haslamを擁し新体制で活動を再開、ロック

  • 盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    リーフレットにケースツメ跡あり、トレーに黄ばみあり

    73年リリースの2nd、牧歌的な伸びやかさと英国的な麗しき叙情美、そしてロックの躍動感が一体となったシンフォニック・ロックの決定盤!

    YARD BIRDSのKeith Relf、Jim McCartyを中心に結成されるも、2枚のアルバムを残し解散したイギリスのグループ。72年にソプラノ・ボーカルAnnie Haslamを擁し新体制で活動を再開、ロック

  • TURN OF THE CARDS

    RENAISSANCE

    ECRUS4002(ESOTERIC

    20年リイシュー、オリジナル・アルバムおよび74年ライヴ音源収録の3CD+5.1サラウンド・ステレオ・ミックス収録のDVDからなる4枚組ボックス、各CDはペーパーケース仕様、ボーナス・トラック5曲、リマスター

    前作「燃ゆる灰」で作り上げた優美なシンフォニック・サウンドに磨きをかけた、74年作3rd!

    YARDBIRDSのKeith Relf、Jim McCartyを中心に結成されるも、2枚のアルバムを残し解散したイギリスのグループ。72年にソプラノ・ボーカルAnnie Haslamを擁し新体制で活動を再開、ロック ... 続き

もっと見る

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 電化、弦楽化したトラッド(2 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

ルネサンスがプログレッシブ・ロックという範疇に入れられていることに、いまだに違和感があります。というのは、彼らの狙いがクラシックやトラッドに根差した保守的なものであるから。先代のボーカルがジェーン・レルフ、後継がアニー・ハズラムであるのは、英国トラッドで女性が歌うことが伝統であるからです。ルネサンスは、ロックに先進性を加えた、と考えるより、トラッドをベースやギターで電化した音楽だと考えたほうがしっくり来ます。

「燃ゆる灰」や「シェラザード」が優れたアルバムであるのは判り切っています。その二つに挟まれたこの3作めも捨てがたい魔力を持っています。彼らの音の傾向にはふたつあります。陽光の下にいるかのような牧歌的なフォークと、陰鬱さを前に出した大作傾向の曲です。このアルバムもその傾向が交互に出てくる構成です。大作では4.Black Flame と6.Mother Russia が目玉になります。ちょっと時代劇を見ているようなアナクロなところが玉に瑕なんですが。

作曲やコンセプトの核となっているのは、ギターのマイケル・ダンフォード。しかし、彼は裏方に徹していてあまり演奏で表には出てきません。聞くところによれば、解散したオリジナル・ルネサンスに義理立てしているのだとか。安土桃山時代に武田信玄に義理立てしていた真田昌幸のようであります。考えてみたら、ダンフォードの考えたルネサンスの戦略がアルバム10枚近くも続き、それなりに人気を博したのは見事なものです。2枚で行き詰るバンドが多い中で。

英国フォークの深い闇の入り口に存在するような人たちです。実はわたしは英国フォークの森になかなか踏み込む勇気が出ません。

ナイスレビューですね!