プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

OSIRIS

OSIRIS

FGBG4160AR(MUSEA

廃盤、ボーナス・トラック1曲。

評価:40 1件のレビュー

バーレーンと言ったら石油とサッカーくらいのイメージしかないけど、こんないかにもな名前のシンフォ・バンドがいるとは。しかもGENESISとDEEP PURPLEを混ぜたようなサウンドで、日本人の琴線にビンビン触れてくるって!?

バーレーン産、コテコテの哀愁溢れるシンフォニック・ロック、82年デビュー作

中東はバーレーンのグループ、82年作の1stアルバム。コテコテの哀愁溢れるメロディをこれでもかと奏でるギター、分厚いキーボード、手数多くシャープなドラム、野暮ったさがいかにも辺境的で愛すべきなヴォーカルをフィーチャーしたドラマティックなシンフォニック・ロック。「哀愁」てんこ盛りなアンサンブルはかなり暑っ苦しいですが、これでもかと「哀愁」で畳みかける展開は、分かっていてもグッときてしまいます。GENESISとDEEP PURPLEを混ぜたようなサウンドは、日本人の琴線にはビシビシときます。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

YEZDA URFA / BORIS の商品詳細へ

YEZDA URFA/BORIS

アメリカ出身、YESの構築美とGENTLE GIANTの偏屈精神を併せ持つ高水準なテクニカル・シンフォニック・ロック、75年の名作

1,590円(税込1,749円)

BABYLON / BABYLON の商品詳細へ

BABYLON/BABYLON

アメリカのグループ、78年作、初期GENESISやENGLANDのファンは必聴!

1,390円(税込1,529円)

OSIRIS / MYTHS AND LEGENDS の商品詳細へ

OSIRIS/MYTHS AND LEGENDS

中東バーレーン出身のグループ、84年作2nd、ジェネシスやキャメル直系の哀愁溢れるシンフォニック・ロック

2,190円(税込2,409円)

OSE / ADONIA の商品詳細へ

OSE/ADONIA

EGGレーベル屈指の傑作と言われる78年唯一作、HELDONのRichard Pinhas&Francois Augerが参加したエレクトロ系フレンチ・プログレの逸品

2,290円(税込2,519円)

YouTube動画

試聴 Click!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • MYTHS AND LEGENDS

    OSIRIS

    MALS349(MALS

    評価:40 1件のレビュー

    紙ジャケット仕様

    中東バーレーン出身のグループ、84年作2nd、ジェネシスやキャメル直系の哀愁溢れるシンフォニック・ロック

    バーレーンと言ったら石油とサッカーくらいのイメージしかないけど、こんないかにもな名前のプログレ・バンドがいたとは。しかもジェネシスやキャメル直系のシンフォニック・ロックで、日本人の琴線にビンビン触れてくるって!?

  • 82年デビュー、中東はバーレーン髄一のシンフォ・バンド、20年作!

    70年代末に中東バーレーンで誕生したシンフォ・バンドと言えば…? GENESIS×DEEP PURPLEと言えそうな哀愁と幻想のサウンドは40年前と変わらずでニンマリ!

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:4 次作に比べると荒削りな感じはするが・・・(0 拍手)

yes_90125さん レビューをすべて見る

バーレーンのキャメル系バンドとして知られるOSIRIS。
ジャケ中を見ると、髭を生やした「如何にも中東」なメンバーの写真が並んでいるのだけれど、演奏はプログレ路線なのだ。
このバンドを知るまで、中東とプログレは結びつかなかったなぁ・・・。

私は2ndの後にこのデビュー作を聴いたので、どうしても2ndと比べてしまい、垢抜けない感じを持ってしまった。
そのため、購入後はあまり聴いていなかったのだが、あらためて聴いてみるとその荒削りなところや力強い演奏こそがこのアルバムの魅力なのかもしれない。
ハードなギターがその印象を強くしているのかもしれないが、それがいい方向に作用してバンドの勢いを加速させている。

相変わらず早くテクニカルなドラムとプログレ度の高いキーボード、そして(あまり上手いとは言えないけれど)哀愁感たっぷりなヴォーカルが絶妙のバランス。
2曲目が少し異色で、それ以外にも中東色を感じさせる部分はあるが、もちろんシンフォニックでメロディアスなパートも含まれ、このあたりはキャメル系バンドとしての面目躍如!
2ndを期待し過ぎるとちょっと違うかもしれないけれど、これはこれでアリなんじゃないかな?
ボーナス曲は、メンバーが異なるアルバム未収録曲。

ナイスレビューですね!