プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(日曜は翌日)、5,000円(税抜)以上送料無料

CORNONSTIPICUM

MIA

CD50004(CICLO 3

評価:45 4件のレビュー

アルゼンチンが誇る天才ミュージシャンLito Vitale率いるグループ。1stは15歳でしたが、この傑作3rd時でもまだ18歳とは・・・。このクラシカルな幻想美と艶やかなモーグの響き。恐るべき才能を感じさせます。

アルゼンチン出身、天才Lito Vitale率いる南米クラシカル・プログレを代表するグループ、78年発表の名作3rd

LITO VITALEが在籍していたことで知られるアルゼンチンのグループ。78年作の3rd。鍵盤の上を舞うようなリリカルなピアノ、雄大なムーグ・シンセ、室内楽的な繊細さを持つアコースティック・ギター、優しさに満ちたフルート&リコーダー、哀愁溢れるメロディー、ダイナミックなアレンジ、テンション溢れる演奏。すべてが完璧。アルゼンチンのみならず、南米のみならず、70年代を代表すると言っても過言ではない一大傑作。叙情的なプログレッシヴ・ロックが好きな方は迷わず必聴!

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

MIA / TRANSPARENCIAS の商品詳細へ

MIA/TRANSPARENCIAS

アルゼンチン、早熟の天才LITO VITALEが率いる南米シンフォ・グループ、76年1st

2090円(+税)

MIA / MAGICOS JUEGOS DEL TIEMPO の商品詳細へ

MIA/MAGICOS JUEGOS DEL TIEMPO

アルゼンチン出身、天才Lito Vitale率いる南米クラシカル・プログレ・グループ、77年2nd

2190円(+税)

ESPIRITU / ESPIRITU III の商品詳細へ

ESPIRITU/ESPIRITU III

アルゼンチン、攻撃性と歌心を併せ持つ絶品シンフォ

2190円(+税)

PABLO EL ENTERRADOR / PABLO EL ENTERRADOR の商品詳細へ

PABLO EL ENTERRADOR/PABLO EL ENTERRADOR

アルゼンチン出身グループ83年1st、ジェネシス/キャメルのファンには是非ともオススメしたい、南米シンフォニック・ロックの頂点に君臨する大傑作!

2190円(+税)

YouTube動画

試聴 Click!

テーマでカケハす。

アルゼンチン・ロック〜南米の『詩情』、そしてテクニカルでしなやかな演奏

まとめて試聴する

  • SUI GENERIS 『VIDA』

    アルゼンチン、天才チャーリー・ガルシア在籍のグループ、72年デビュー作、HERONファンにもオススメできるリリカルなフォーク・ロック名作

  • SUI GENERIS 『CONFESIONES DE INVIERNO』

    アルゼンチン、天才チャーリー・ガルシア在籍のデュオ・グループ、管弦楽器をフィーチャーした多彩なアレンジが珠玉のメロディを彩る名作2nd

  • SUI GENERIS 『PEQUENAS ANECDOTAS SOBRE LAS INSTITUCIONES』

    アルゼンチン、天才チャーリー・ガルシア在籍のグループ、センチメンタルな歌の魅力とシンセやムーグをフィーチャーしたプログレッシヴな演奏が一体となった最高傑作、74年発表

  • LA MAQUINA DE HACER PAJAROS 『LA MAQUINA DE HACER PAJAROS』

    天才チャーリー・ガルシア率いるグループ、76年1st、アルゼンチン・ロックの重要作!

  • SERU GIRAN 『SERU GIRAN』

    チャーリー・ガルシアが凄腕ミュージシャンたちと組んだアルゼンチンを代表するロック・グループ、78年のデビュー作、南米の「詩情」が溢れ出す大傑作!

  • SERU GIRAN 『GRASA DE LAS CAPITALES』

    アルゼンチンを代表するグループ、クロスオーヴァー色と南米らしい「詩情」が見事に融合した傑作

  • PABLO EL ENTERRADOR 『PABLO EL ENTERRADOR』

    アルゼンチン出身グループ83年1st、ジェネシス/キャメルのファンには是非ともオススメしたい、南米シンフォニック・ロックの頂点に君臨する大傑作!

  • MIA 『MAGICOS JUEGOS DEL TIEMPO』

    アルゼンチン出身、天才Lito Vitale率いる南米クラシカル・プログレ・グループ、77年2nd

  • ESPIRITU 『ESPIRITU III』

    アルゼンチン、攻撃性と歌心を併せ持つ絶品シンフォ

  • BUBU 『ANABELAS』

    南米ヘヴィ・プログレの最高峰!78年リリース

  • SPINETTA 『A 18' DEL SOL』

    アルゼンチンを代表するミュージシャンでありギタリスト、カンタベリー風味の曲から超絶クロスオーヴァーまで見事な77年作

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • MAGICOS JUEGOS DEL TIEMPO

    MIA

    CD50002(CICLO 3

    ボーナス・トラック5曲

    アルゼンチン出身、天才Lito Vitale率いる南米クラシカル・プログレ・グループ、77年2nd

    レーベル管理上、ジャケに若干不良がある場合ございます。ご了承ください。

    純クラシカルなピアノ、南米の「詩情」と賛美歌の「荘厳さ」とが融合したような天上のメロディ・・・。南米クラシカル・ロックを代表する名作。どうぞ、お聴きください!

  • 不思議な時の炎

    ミア

    BELLEANTIQUE9477

    ボーナス・トラック5曲、定価2997

    帯【有】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | | 不良 |

    全体的に黄ばみあり

    アルゼンチン出身、天才Lito Vitale率いる南米クラシカル・プログレ・グループ、77年2nd

    純クラシカルなピアノ、南米の「詩情」と賛美歌の「荘厳さ」とが融合したような天上のメロディ・・・。南米クラシカル・ロックを代表する名作。どうぞ、お聴きください!

  • アルゼンチン、早熟の天才LITO VITALEが率いる南米シンフォ・グループ、76年1st

    レーベルの品質管理上の問題でジャケットや背ジャケットに若干の不良がある場合がございます。ご了承ください。

    録音時まだ15才!? この気品と格調高さ・・・恐るべし天才LITO VITALE。

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 2000円以内で買えるプログレの「至宝」(11 拍手)

kobakunさん レビューをすべて見る

「叙情的でテクニカル」、「繊細にしてダイナミック」、「静と動のコントラスト」。まぁ〜とにかくスゴイです。シンフォニックなんて言葉が吹っ飛ぶぐらいの中身の濃さは、まさに一大絵巻、音の万華鏡です。聴き終えたときの印象は、登場人物がいっぱい出てくる文芸大作映画を見たときの感じで、正直、少し疲れるぐらいです。何かを成し遂げた後の心地よい倦怠感とでもいうのでしょうか。贅沢な時間を過ごせます。

でも、ここまで書いて思ったのですが、この作品って全然南米っぽくないんです。どちらかといえばイタリアに近いかもしれません。同じラテン系でも、南米シンフォにありがちな、陽気な感じが全く感じられません。それどころかダークな雰囲気さえ漂っています。この暗い空気はクリムゾン的な世界に近いかもしれません。そういう意味でも「南米」の枠を超えたワールドワイドな傑作といえるでしょう。

こんなスゴイ作品を作ったLITO VITALEって、現在もソロで活躍していますが、アルゼンチンの「至宝」って呼ばれているそうです。「至宝」ですよ。私の知る限り、頭に「至宝」の言葉がついた人は、サッカースペイン代表の歴代最多得点の記録保持者であるラウル・ゴンザレスしか知りません。(知らない人はゴメンナサイ)スペイン語圏の人たちが「至宝」好きかどうかは別にして、日本の音楽界にはそれに値するような人がいるのか、そもそも世界に通用する日本人って実際いるのかって考えると、少し暗澹たる気持ちになってしまうのでした。(他のレビューでも書きましたが、日本の音楽とサッカーについて考えるとなぜか落ち込む自分がいます)

ナイスレビューですね!

評価:4 LITO VITALE率いるプログレバンドの3rd(5 拍手)

0321PROGさん レビューをすべて見る

78年作

MIAのアルバムの中では最もプログレ的なまとまりのある作品となっ
ている3作目。

LITO VITALEのキーボードワークの彩がどんどん豊かになり派手さが
出たことによって、彼らの持ち味であるアコースティックな部分が相
対的に引き立つという理想的な結果になっています。

クラシカルな女性ボーカル、そしてフルート、リコーダーの導入は非常
に洗練されたピンポイントなものであり、MIAの代表作と評するファン
が多いのは充分に理解できます。
15分超の大曲も収録し、彼らの集大成と言っても過言ではない素晴らし
い出来となっています。
アルバムをトータルで見ても、押し引き、クラシカルとアコースティッ
ク、インストと歌モノのバランスの取れた名盤と言えます。


ナイスレビューですね!

評価:5 ボー・トラまで全部含めて「風の唄」に匹敵します!(0 拍手)

らざふぉーど博士さん レビューをすべて見る

コレもホンとに大昔、西新宿の例のお店でトレイに収まっておりました。
ただジャケがへんてこりんな爺さんだったので全然食指は動かんかったなぁ。
やっぱり、ジャケットの持つイメージは大きいな。

今回例のごとく「ついでに・オーダー」して、聴かずにほったらかしにしてたんですが、ひょいと聴いてみたら「おおおおおぉ!」となりました。
所謂シンフォなんでしょうが、湿り気がイイ意味で無い!
清々しい、といった表現しかできないなぁ。
SEBASTIAN HARDIEに近い?いや、もっと軽やかなんですね。

たかみひろし氏が大昔「音楽の衝撃性」について、いきなりガーンとくる代表が「宮殿」、じわじわとくるモノでは「スノー・グース」と語っておりました。この作品は後者にはいりますか。
それもココロの擦り傷に、そっと、いたわる様にしみ込んでくる真に癒しのプログレです。
個人的には SERU GIRAN / PEPERINA と同等、いやそれ以上、聴いてよかった(嬉)。

ナイスレビューですね!

評価:4 プログレとアコースティック(0 拍手)

Kimitakeさん レビューをすべて見る

リーダーのLito Vitaleは1961年生まれのアルゼンチンの音楽家。ピアノの他、ギター、ドラムスなども演奏する。MIA (Músicos Independientes Asociados)とは、「独立した音楽家の連合」の意味。Cornonstípicumの意味は調べてもわからなかった。

・本作は1978年発表のMIAの3作目。当時Litoは弱冠17歳である。音楽はオルガンなどのキーボード中心のいわゆるプログレッシヴ・ロック。なお、私はアコースティック・ギター伴奏のボーナス・トラックが気に入っている。

ナイスレビューですね!