プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

PIECES OF ME

LINDA HOYLE

SJPCD117(ANGEL AIR) 【2002年発売CD】

評価:50 1件のレビュー

アフィニティーのヴォーカリストによる71年唯一作なんですが、アフィニティーでのジャジーな魅力とは異なる切々とドラマティックな歌唱が胸を打つ名品なんです。NUCLEUSの面々による演奏もさすがの隙の無さ。

AFFINITYのヴォーカリスト、NUCLEUSのメンバーがバックを務めた71年作、AFFINITYでのジャジーでクールな魅力とは異なる切々とドラマティックな歌唱が胸を打つ名品

AFFINITYのヴォーカリスト、リンダ・ホイルが71年に発表した唯一のソロ・アルバム。バックはNUCLEUS。アフィニティでの名唄に勝るとも劣らない出色の出来です。CHRIS SPEDDINGのつぼをおさえたギターも最高。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

AFFINITY / AFFINITY の商品詳細へ

AFFINITY/AFFINITY

VERTIGOレーベルよりデビューした英オルガン・ロックを代表するグループ、70年唯一作

1,490円(税込1,639円)

CRESSIDA / ASYLUM の商品詳細へ

CRESSIDA/ASYLUM

71年にVertigoレーベルよりリリースされた2nd、英オルガン・プログレの大傑作!

1,390円(税込1,529円)

BLACK SABBATH / VOL.4 の商品詳細へ

BLACK SABBATH/VOL.4

メロトロンの導入などドラマティックな深化を示す72年作4th

790円(税込869円)

LED ZEPPELIN / BBC SESSIONS の商品詳細へ

LED ZEPPELIN/BBC SESSIONS

69年と71年のBBCライヴ音源、24曲収録

490円(税込539円)

YouTube動画

試聴 Click!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

  • PIECES OF ME and THE FETCH

    LINDA HOYLE

    ECLEC22736(ESOTERIC

    2枚組ボックス、各CDはペーパーケース仕様、デジタル・リマスター、ボーナス・トラック1曲

    英バンドAFFINITYで活躍した女性ヴォーカリスト、71年1stソロと2015年2ndソロを収録!

    ブルージーなコクと英国然としたリリシズムが共存する傑作1st、AFFINITYの盟友Mo Fosterらと再び組んだ感動の15年2nd。英国ロック・ファンなら必聴と言える2作品をセットにした堪らんボックスがリリース♪

  • ピーセズ・オブ・ミー

    リンダ・ホイル

    MSIF3951

    直輸入盤(帯・解説付仕様)、ボーナス・トラック1曲、定価2,835

    帯【無】 解説【有】

    盤質: | 無傷/小傷 | 傷あり | 全面に多数傷

    状態: | 良好 | 並(経年) | 並(一部不備) | 不良 |

    帯無

    AFFINITYのヴォーカリスト、NUCLEUSのメンバーがバックを務めた71年作、AFFINITYでのジャジーでクールな魅力とは異なる切々とドラマティックな歌唱が胸を打つ名品

    アフィニティーのヴォーカリストによる71年唯一作なんですが、アフィニティーでのジャジーな魅力とは異なる切々とドラマティックな歌唱が胸を打つ名品なんです。NUCLEUSの面々による演奏もさすがの隙の無さ。

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 所持しているだけで豊かな気分になれる(1 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

英国ジャズなんか知らなくたって、アフィニティだって知らなくたって、楽しめるのがこの盤のえらいところです。アフィニティを抜けてぶらぶらしていたリンダ・ホイルを、ロニー・スコットがくどき落として制作が始まったのが裏話。曲はカバーを除いて、リンダがカール・ジェンキンズのアパートに通い、ピアノを弾いてもらっては歌詞を書き、という作り方だったとあります。リンダは職業シンガーではありません。この作のあと、あっさり芸能界を退いて、たしかアート・セラピーの教師になったはずです。

リンダは、シンガーとしてオールラウンダーだったわけではありません。ドスのきいた低音に魅力がある一方で、高音が出にくく声が裏返ってしまいます。ところが、ギターのクリス・スぺディング、カール・ジェンキンズの演奏たるや手を抜いてなくて、ボーカリストのリーダー・アルバムであることを忘れる白熱した展開なのです。リンダの力量では、この演奏に対抗するには力業しかなくて、彼女の声を楽しむというより、彼女の奮闘ぶりを応援したくなる曲ばかりです。

ピアノだけをバックにして、彼女が奔放に歌う曲には惚れ惚れします。小さい時からR&Bを聴かされて育ったらしいですから。この作のファンは多いらしく、何度も何度も再発されて出てきます。アナログはとんでもない値段であることと、カバーの彼女が可愛らしいことも一因なのでしょう。70年代はじめの英国ジャズ・シーンの豊かさを真空パックにしたような傑作に違いありません。

リンダ・ホイルは、2015年に2作めのソロを出しています。こちらは、特におすすめしようとは思いませんが。

ナイスレビューですね!