プログレッシヴ・ロックの中古CD豊富!プログレ、世界のニッチ&ディープな60s/70sロック専門ネットCDショップ!

13時まで当日発送(土・日・祝は翌日)、6,000円(税抜)以上送料無料

LED ZEPPELIN III

LED ZEPPELIN

7567826782(ATLANTIC

デジタル・リマスター。

評価:50 1件のレビュー

「移民の歌」を筆頭とする破壊力あるハード・ロックを配しつつも、ジミー・ペイジが敬愛するCSNの影響を反映したフォーキーなタッチも魅力的な3rd。「フレンズ」「セレブレーション・デイ」が好きだなぁ。

70年発表の3rd、従来の延長にあるハード・ロック・ナンバーとアコースティックな楽曲とが巧みに配された、バンドの持つ豊かな音楽的素地を示す名作

70年3rd。オープニングを飾る代表曲「移民の歌」から圧倒的なテンション。うねりを挙げるリズムとスリリングなギター・リフが互いのエネルギーをぶつけ合いながら強靱な渦を巻き起こし、聴き手を飲み込むサウンドの強度は圧巻の一言。シャウトだけで、その演奏に対抗するロバート・プラントのヴォーカルも凄みを増しています。対照的にアコースティックな旧B面も本作の魅力。フォーク、トラッドの要素を大胆に取り入れ、ペイジの幻想的なアコギが冴える美しい楽曲を多数収録しています。「混沌、まどろみ」という英国的な風情を醸し出すペダル・スティールの浮遊感も特筆。従来のブルースに根ざしたヘヴィ・ロックを土台に、メンバーの持つ幅広い素養が発揮されはじめた音楽性豊かな名作です。

他のお客様はこんな商品も一緒に買っています

LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN II の商品詳細へ

LED ZEPPELIN/LED ZEPPELIN II

「胸いっぱいの愛を」「ハートブレイカー」を含む69年2ndアルバム、英米チャート1位を獲得、彼らの名を世界に知らしめた超傑作!

490円(税込539円)

LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN IV の商品詳細へ

LED ZEPPELIN/LED ZEPPELIN IV

71年リリース、不朽の名曲「天国への階段」他、代表曲を多数収録した歴史的大名盤4th!

1,390円(税込1,529円)

LED ZEPPELIN / LED ZEPPELIN の商品詳細へ

LED ZEPPELIN/LED ZEPPELIN

ハードロック時代の到来を告げた69年デビュー作!

1,090円(税込1,199円)

LED ZEPPELIN / HOUSES OF THE HOLY の商品詳細へ

LED ZEPPELIN/HOUSES OF THE HOLY

シンセ、メロトロン、ダブルネックの12弦などを駆使し、レゲエやファンクにも挑戦するなどサウンドの幅が更に広がった73年作5th、ジョンジーのカラーを反映した深遠な「No Quarter」も印象的

590円(税込649円)

曲目リスト

アーティスト名と曲名を元に、CDデータベースから曲目を自動取得しています。ボーナス・トラックなどが反映されず、実際のCDとは曲目が異なる場合がございます。ご了承ください。

1. Immigrant song
2. Friends
3. Celebration day
4. Since I've been loving you
5. Out on the tiles
6. Gallows pole
7. Tangerine
8. That's the way
9. Bron Y Aur stomp
10. Hats off to (Roy) Harper

YouTube動画

試聴 Click!

試聴 Click!

関連Webマガジン記事

このアーティストのその他タイトルのCD

もっと見る

レビューの投稿

レビューは登録ユーザーのみ記入できます。

新規登録 ログイン

レビュー一覧

評価:5 この盤があることで、西海岸やトラッドを無理して聴いた(2 拍手)

たすけさん レビューをすべて見る

ブルーザー・ブロディが現れるまで、わが国でずっとマイナーな扱いを受けていたのがこの盤です。ジミー・ペイジの商魂が見事なのは、「ザ・ソング・リメインズ・ザ・セイム」とか「セレブレーション・デイ」とかを、別のアルバム名称に用いて、チャート・アクションの悪かった作を常に売ろうと考えているところです。何かの資料で読みましたが、ツェッペリンの全部のCDが一年に売れる枚数は全盛期の頃と変わらないそうで、毎年新作を出し続けている収益を彼らは稼いでいるわけです。旧作を粗雑に扱わないで常にリニューアルする。見習うべきでしょう。(そうかな…)

彼らにしたらウェットなブルーズ曲「シンス・アイブ・ビーン・ラビン・ユー」のせいで、わたしはよく聴く盤です。というよりこの曲だけ聴いています。この曲、ライブ一発録音ではないでしょうか。ジョン・ポールがベースを弾かずに、ずっとオルガンのペダルを踏んでいるからそう考えています。こういうスロー曲でもしっかり叩くボーナムには尊敬です。

そしてスティブン・スティルスからいただいたアイデアを、高音のアルペジオを加えることで、しっかり自分流にしてしまうペイジ。そう書くと失礼か。この盤があることで、ペンタングルやロイ・ハーパーまで遡ったツェッペリン・ユーザーが多いはずです。そして、それらを判らずに撃沈した人も多かったでしょう。罪作りな盤です。

ナイスレビューですね!